HTCハルチタン

健やかな体 晴れやかな心
体の痛みと心の痛みを取る「ハルチタン」

ハルチタンの情報公開と取扱説明をします

エアコンの冷えによる体の痛みにもハルチタンチップ

2018年08月15日 | ハルチタンチップ
今年の酷暑で、エアコンの使用が推奨されていますが、体が痛くなるなどの理由から、高齢者は特に使いたがらない場合がありますね。
しかし、熱中症で倒れては、元も子もありませんからエアコンの使用もやむなしです。

  

先日は、連日の猛暑で、終日エアコンの中にいて冷えたせいか、妻が突然腰痛になり、痛みで日常の動作も、大変になってしまいました。

痛み止めや湿布薬は却って体の冷えを招きます


使用例 ダイソーの張替え用シール(8mm用 36枚付)

軽い腰の違和感なら、一人整体で治ってしまうことも多いのですが、今回は一人整体でも改善しなかったようです。
うつ伏せに寝た状態で、腰の圧痛点の真上に、1枚ばりのハルチタンチップを貼っていきました。
押して痛いところに、順次貼ってゆきます。
圧痛点のある腰の中心から、右へ。
押して「痛いっ!」と言った箇所、全てに貼ると計14枚になりました。

その瞬間から、立ち上がることも楽になり、痛みが緩和したため、かがんだりする日常の動作も楽になったと言います。
とはいえ、痛みはまだ残っていました。
しかし、一晩寝ると、腰に違和感があるものの、痛いという感覚は、消えてしまったと言っていました。
さらに翌日には、完全にもとに戻り、日常の動作も、今まで通りに普通にできるようになっていました。

その日以来、ハルチタンチップは貼ったままですが、腰痛の再発は全くありません。
むしろ貼っていない左側よりも今は、軽く感じるくらいだと申しております。

 
------

このように、我が家では、痛みはその日のうちに取ることが習慣になっているため、常にチップはスタンバイしています。
特に急性の痛みは、はった直後から、すぐに消えてしまいますので、早く貼ることが一番のコツです。


長引くと脳は痛みを記憶してしまいます

痛みによるストレスの持続が、日常の血圧や血糖値の上昇を招く場合もあります。
ひいては内臓の疾患に繋がってしまい、後戻りできない病気になることも多いのです。

少しでも早い時期から痛みを軽減させる対応が求められています。
痛みは放っておかないで、その日の痛みはその日のうちに、ハルチタンチップで解消してしまいましょう。



コメント

ハルチタンチップを使いこなす2

2018年05月31日 | ハルチタンチップ
便利な使い方

いつも手元に置いて、いつでも貼れるようにすると便利です。

 
携帯用ケース(ダイソー)            キネシオテープと1枚貼りシール

キネシオテープを使って広い面に、1枚貼りのシールでピンポイントに
キネシオテープは(ピップの5cm幅 裏紙付き)と1枚貼りシール(ダイソーで8mm用)が使い勝手が良いと思います。


圧痛点の真上に貼る

肩や背中、膝や腰、その他打ち身や捻挫など、押して痛みの強い場所(圧痛点)の真上が「ハルチタンチップ」を貼るポイントです。


ゴルフ肘やテニス膝などにも


圧痛点の真上にずれないように、貼ってください。ピンポイントでうまく貼れた場合は、貼った「ハルチタンチップ」の上から押しても、圧痛はなくなるか、またはわずかになります。
圧痛点にうまく貼れたときには、緊張が解けるので、少し脱力した感覚になります。



圧痛点が広い場合

  

捻挫や打ち身、肉ばなれなどで、圧痛点が広い場合には、押して痛みがある範囲に必要な枚数を貼ることができれば、早く治癒反応が始まりますので、痛みは早く緩和さます。


貼るタイミングは?

できるだけ早いに越したことはありませんが、痛みが発生した12時間以内に。



貼り替えるタイミングは?

痛みが出てきたら貼り替えます。
(初期に限って、すぐに貼り替えたほうが、痛みが緩和するケースもあります)



睡眠中に治癒反応が促進される

できるだけその日のうちに、手当ができていれば、睡眠中に治癒反応が促進されます



時間がたってしまったら?

慢性の肩こりや腰痛、膝痛などにも。
痛めてから時間がたってしまっても、継続的に貼り続けていたら、やがて治癒していきます。
個人差がありますが、3ヶ月以上経過しても、貼り替えながら10日以上貼っていると、痛みが弱くなり、やがて、ほとんど消えていきます。
(時折、チップはきれいなものと貼り替えてください。使用したあとは必ず、きれいに洗ってください。)



予防と治療、どちらにも使える

痛めた場所をまた痛めることは多いのですが、きざしを感じた時にも予防的に使えるので、いつでも「ハルチタンチップ」をスタンバイしておくことをおすすめします。



使用したあとは必ず、きれいに洗ってください

ハルチタンチップの表面が皮脂で汚れてくると反応が悪くなります。
マグカップにポットのお湯(80~70℃程度、お風呂の温度では低すぎる)を入れ、衣料用洗剤(約茶さじ一杯)を溶かします。その中に、ハルチタンチップを入れ、汚れが落ちるまで漬け置き洗いします。(傷付けないように割り箸などでソフトに撹拌します)
良く水ですすいだらキッチンペーパーなどに並べて、乾かします。
なくさない限り半永久的です。

ハルチタンチップを使いこなす1
コメント

ハルチタンチップを使いこなす1

2018年04月29日 | ハルチタンチップ
痛みは常に個人的に体感されるものです

  

膝や腰、肩などの痛みを感じた時、一番わかるのは自分自身です。
痛みを感じた時、又は、できるだけその日のうちに「ハルチタンチップ」を貼ることをお勧めします。
「ハルチタンチップ」を貼るタイミングは、早ければ早いほど、痛みは早く緩和されるからです。



今まであきらめていた場所にも

 指に豆ができても、「豆の真上」に、その日の内に「ハルチタンチップ」を貼ると、ほぼ24時間で、体内に水疱が吸収されたかのように消えてしまいます。
   クリックすると大きくなります

 → 目で見るハルチタンチップの癒やし・指のマメの水ぶくれが消えた



 打ち身でできた青アザも、見つけた時に、「ハルチタンチップ」を「青アザの範囲」に貼ると、やがて、チップを貼った形に消えてゆき、その後残った部分もすぐに消えていきます。
    クリックすると大きくなります
   
→ 目で見るハルチタンチップの癒やし・青アザの消え方



 顎関節症は、押して痛みがある「顎の骨際の圧痛点」に睡眠中だけでも「ハルチタンチップ」を貼っておくと、短時間で痛みが緩和されます。
  クリックすると大きくなります

→ 顎関節症(がくかんせつしょう)を癒やす



 胃の疲れがあるときには「みぞおち周辺」に圧痛があります。そんな時にも「ハルチタンチップ」を、押して痛みのある圧痛点の範囲に、必要な枚数を貼れば胃の疲れも圧痛も緩和されます。
  クリックすると大きくなります
 
→ 季節の変わり目を癒やす・夏から秋へ その1 胃腸の疲れと夏の冷えを癒やす



注意
爪の下にできた血豆に「ハルチタンチップ」は残念ながら、効果を発揮することができませんでした。神経の通った皮膚に直接貼ることで治癒反応が活性化します。


続き
→ ハルチタンチップを使いこなす2
コメント

すぐに痛みの取れるハルチタンチップの奇跡

2018年02月04日 | ハルチタンチップ
ハルチタンチップは、筋肉の凝りの先にある「心の凝り」もほぐしてくれます。




 開発直後から想像を超える奇跡が始まりました。

・転んだりぶつけたりした後、すぐにハルチタンチップを貼ると痛みが瞬間強く出て、その後すぐに痛みが引いていきます、そのまま貼り続けていると、やがてあっけないほど痛みもなく治癒しました。

・青アザが出かかっても、ハルチタンチップを貼ると、数日で消えてゆきました。

・血豆ができるほど工具で挟んでもハルチタンチップをすぐ貼ると、血が中で固まらず吸収してしまいました
爪の下にできた血豆には、反応しませんでした神経が通っている皮膚に直接貼ることで治癒反応が活性化することがわかりました。

・捻挫や骨折も、比較的軽いものでしたらその日のうちに、睡眠前圧痛のある範囲必要な枚数を貼ると、腫れと痛みは、あくる朝には殆ど引いてしまいます。
このことから、睡眠中に治癒反応が促進されることがわかりました。

・痛みの原因が起こったときに、あまり間をおかず、「その日のうち」に貼ってしまうことが、より治癒反応を活性化することがわかりました。

・長時間歩いたときの筋肉の凝りも、打撲の腫れや痛みも、同じように間を置かず「その日のうち」にということです。
翌日には、腫れも痛みも消えているか、想像している以上に軽くなります。

・ハルチタンチップで手当すると脳のセロトニン神経が活性化され、痛みを抑えてくれるものと思われます。

その証拠に、治癒反応が起きている途中でハルチタンチップが剥がれてしまうとすぐに痛みが起こって来ることからもわかります。
このことを、ハルチタンチップの愛用者の方たちたちは、今までに度々経験されていることと思います。

・痛みが出たときに、我慢することもなく自分ですぐに手当できると言うことを度々経験することで、長引く痛みというストレスからすぐに解放されて心も軽くなりました。

(痛みが取れたあとで、その痛みが他の部分に移動すると感じることがありますが、一番痛みの強い部分の治癒が終わると、隠れていた部分の痛みを強く感じてしまいます。そこにも同じように貼るとやがて治癒していきます。)


 ハルチタンチップの秘密

よく、「ハルチタンはチタンなんでしょう」と言われるのですが、純粋に言えば、ハルチタンは普通のチタンとはまったく別のものです。
よくある普通のチタンのネックレスなどに、ハルチタンと同じ反応を期待しても、それは無理です。(下記注1)

 ハルチタンチップには、純チタンのチップを初期化した後に、特別に選んだ「海水のイオン情報」をある特殊な方法で書き込んでいます。
この特殊な方法でチタンチップ内に「海」の情報を半永久的に留めることに成功しました。




地球の生命は、陸に上がる約4億年前まで、約34億年にわたって海で生まれ海で進化してきました。
地球の海は生命エネルギーそのものです。


ハルチタンチップに書き込まれた情報と、細胞に必要な情報が一致して、共鳴することにより細胞が活性化すると思われます。

例外として、1200℃以上に加熱すると、チタンチップに書き込まれた情報は消えてしまいます。


 モニタリングによるフィードバック効果

ハルチタンチップを圧痛がある範囲に必要な枚数を貼ると、脳が痛みを認知します。すると同時に、ハルチタンチップと細胞が共鳴し、脳からフィードバックされた自己治癒力をより高めてくれるものと思われます。

筋肉の凝りや、打撲の腫れや痛みに未加工の純チタンのチップを貼っても同じように奇跡的な治癒反応が起こらずに、痛みも腫れも取れることはありませんでした。


注1 ハルチタンチップとリチウム電池を使ったハツカダイコンの発芽実験

<参考記事>
痛みと腫れを素早く癒やすハルチタンチップ
ハルチタンチップとハルチタンチップの不思議な力・お手入れの仕方 
顎関節症(がくかんせつしょう)を癒やす
軽い不整脈を癒やす
スマートフォンサムをハルチタンチップで癒やす
目で見るハルチタンチップの癒やし・青アザの消え方
目で見るハルチタンチップの癒やし・指のマメの水ぶくれが消えた
骨折を癒やす その1
骨折を癒やす その2
こむら返りを癒やす
コメント

痛みと腫れを素早く癒やすハルチタンチップ

2017年03月03日 | ハルチタンチップ
 こじれる前にハルチタンチップ


 はり方の例 (携帯には大小 キネシオテープを切って、用意しておくと便利です)

打ち身などで痛みや腫れがでてから、あまり時間を置かず(12時間以内)に使うと、何故か痛みと腫れはすぐ治まります。


 その日のうちにハルチタンチップ

睡眠中が一番、ハルチタンチップの治癒反応が発揮できる時
一晩たってから、ハルチタンチップを使うと治癒反応が少し弱くなり、痛みや腫れが取れるのに少し時間を要します。

あまり、間を置かずに、その日のうちにハルチタンチップを貼るのがコツです。

その日のうちに使い始めると、痛みと腫れは早く収まり、翌日になってから使い始めると、それなりの治癒期間を要するということです。


※ 遠方への外出時や、旅行の時、携帯しておくと安心です。

愛用者の声   

Yさんの体験談
京都旅行に80代の父を連れて行った時のことです。
一日中あちこち歩いて、宿で夜になってから、父が、足が痛くて明日は歩けないと言い出しました。
それで、携帯していたハルチタンチップを、押して痛いところ全部に貼りました。
明くる日の朝のことです。「なんで足がどこも痛くないんだ」と言ってびっくりしていました。
もちろんその日も何事もなく旅行を楽しめました。


  

Sさんの体験談
新幹線で旅行の時のこと、ホームに上る階段でつまずいて膝を打ってしまいました。
あまり痛いので旅行を断念しよう思いましたが、携帯していたハルチタンチップを貼ると、腫れと痛みが
すぐ引いて、何事も無く旅行を続けられました。


※結果には個人差があります
コメント