は行の日記

ははは、ふふふ、ほっほっほと笑って暮らせたら人生幸せです!

山形一人旅 鶴岡編

2013-04-30 20:25:36 | 

26日、お天気が午後から大きく崩れると言う天気予報

朝方(ホテルより)はまだおひさまも出ています

サービスの簡単な朝食が付くプランだったのですが、それをキャンセルして

早めの出発に変更です

お土産やら何やらで、荷物が増えた (;一_一)

2重のボストンバッグ 赤いボストンがいっぱいになってしまったので

黒いバッグの底につぶれてもいいモノを入れ、その上に赤いボストンを乗せています

こうしても、持ち手を4本一緒にまとめるベルトが付いていますので、Okっすよ~

と、元気よくホテルを後にして、酒田、鶴岡行きの高速バスに乗りました

朝飯の代りに、またもや ↑ だだちゃ豆どら焼き(笑)

今回の旅、電車も、バスも、どこへ行っても人が少なく、2つのシートを占領してゆっくり座っていられました

なんたって、欲張りな貧乏旅ですから、移動手段=睡眠時間です(笑)

車窓からは雪も見えます

山形市から鶴岡へ向かう道は、夏に来たいと思っている月山や湯殿山の登り口もあります

月山は真夏でもスキーが出来るそうですので、この時期に雪があるのも当然のことですね

2時間ほどの高速バスの中で、爆睡をし(笑)

着いた鶴岡は予報通りに雨でした

駅前のバスの時刻表を見ると、行きたかった羽黒山行きのバスは出たばかりで

次は2時間後です

お天気は雨ですし、羽黒山は山寺の2倍くらい階段を登るようなので

今回は中止にして、またのお楽しみにすることに

そこで、たまたま目に入った、★スタードーナッツで、コーヒーとドーナツで朝飯です

どこに行こうかなぁ?と思ったのですが、なにせお天気がお天気なので

先ほど駅前の観光案内場でもらって来たマップを見ながら

歩いて鶴岡城の満開の桜を見に行くことに

行く道の沿道も桜だらけです

藤沢周平さんの作品のゆかりの地がいくつかマップに紹介されていました

この五間川は「蝉しぐれ」に出て来るのですね

「蝉しぐれ」と言えば、ドラマでも映画でも見ました

本も買って読みました

覚えている方がいらっしゃいますでしょうか?

「あぁ、この本を買わなくちゃ」と思って、蝉しぐれの文庫本を3冊も買ったkiki (;一_一)

勘違いで2冊買うってことは、時にあるでしょうが、、、、、さすが3冊は、自分でも大丈夫かいな (-_-;)と

桜は満開だし、道は風情があるし、、、、、、とってもいいんだけど

なにせ雨が・・・・

おまけに旅行中だから、傘が折畳用の小ぶりの傘なので、濡れて寒い

鶴岡城に着いたところで、せっかくの桜もそこそこに

おばさんのご一行様が降りたタクシーに乗って駅へと引き返しました

この後、電車で酒田へ向かいます

酒田では、どうしても行きたかったところが

映画おくり人にも出て来た、山居倉庫です

そこへ行く道すがら、ガイドブックに載っていたお寿司屋さんがありましたので

少し早目のお昼を

こい勢さん お昼にはランチに並ぶと書いてありましたが

まだ12時前ですし、お天気は雨ですし、、、、、ここでもkikiさん一人でした(笑)

1050円のランチちらしです

海の無い信州から来ると、↑ こんなモノが美味しいんです

お魚の出汁がよ~く出た温かいお味噌汁は旨かったなぁ~

この後、15分ほど歩いて、お目当ての山居倉庫へ 

 

今日は、卯辰ちゃんからのお誘いで、植木屋さんのお手伝いに

慣れないお仕事に疲れました~

明日も一日行きます

そんな訳で、まだまだ続く山形一人旅の続きは、また明日ってことに!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形一人旅 霞城の桜と三三さんの落語編

2013-04-30 18:03:19 | 

山寺から帰って、ホテルで一休みしてから三三さんの落語を聴きに行こうと予定していたのですが

なんたって、電車の中から見た霞城公園の桜が素敵過ぎて・・・・・見逃すことが出来ない(笑)

ホテルの温泉にしばし浸かって・・・・・・体に喝を入れて再度お出かけ

満開なんです~

どこもかしこも、桜、桜、桜

あまりに素敵過ぎて、言葉が出ない代わりに、何故か涙が出て来ました

こんな素晴らしい時間が持てたことに感謝です

本当に、いい旅をしているなぁ・・・と他人事のように、自分を羨んでいます(笑)

城跡のお堀端を、ゆ~っくり1周したら、、、、、、2時間近く時間が過ぎていました

後から、三三さんの落語のまくらで、ここの桜をこの日に見に来ていたことを知り

またまた感激!

三三さんは城好きなんだそうです

彼曰く、ここのお堀の石垣はほぼ垂直に石が積み上げられ、それが水に浸かって何百年もたっているのに・・・・・・・

崩れていないところがすごい!!と力を入れておしゃべりしていました(笑)

お城はなくてもいいのだそうですよ

そういえば、前に城跡好きな山仲間が同じことを言っていましたね

何百年も前に、ここにお城が建っていて・・・・・昔の人はこのお堀端を眺めて何を思っていたのでしょう・・・・・と思いを馳せるのがいい時間なのだと

kikiさんも、しばしそんな古に思いを馳せてみました’笑)

たくさんの桜の写真をフォトチャンネルにしました ↓

山形霞城公園の桜

 

さあ、あまりに時間を忘れて桜にうっとりし過ぎまして、夕飯を食べている時間がありません

落語会場の市民会館へ向かう道沿いに、★スバーガーがありましたので、がぶついて、

でも、デザートもちゃんといただいて(笑)

いざ、落語!

47の都道府県を全部まわっています

ここ山形の次が青森で、その翌日が北海道で最終ですと

小ホールにこじんまりと椅子が並べられていました

kikiさんの席は、前から3列目の端から2番目の席です

三三さんのお顔も、しぐさも、しっかり見えましたよ~

お疲れのピークだと冗談を言っていられましたが、、、、、kikiさんの疲れのピークもここでやって来た (;一_一)

これが一番の目的で、遠く山形までやって来たのに・・・・・・ どうしましょう、眠くてやっと目を開けていました(笑)

ホテルに帰って、この日の歩数を見ると ↑  すんごいでしょ! 24410歩

良く歩きました ◎ ですね~

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山形一人旅 山寺編

2013-04-30 17:33:48 | 

中身の詰まった旅故、すべてを絵日記風に残そうと思うと・・・・・大変(笑)

と、言うことで、昨日の続きの蔵王から山形駅へ一旦戻った後を

調度いい電車がありまして、飛び乗りました

ゆっくり走る電車の案内で「只今、霞城公園の桜が満開ですので、電車をゆっくり走らせておりますの」と

粋なアナウンスが流れます

線路のすぐ横のお堀の水に着かんばかりに垂れ下がって咲いている、満開の桜

山形の桜は、もう遅いかも?と思って来たkikiは感激です

山形駅から山寺駅へは、15分ほどで着きます

山寺は50年に一度の御開帳だそうですが、開催は27日から

↑ ポチっと押してど~ぞ

駅から正面の山に山寺が

朝はだだちゃまめどら焼きで、お昼も食べ損ねているkikiは、駅前の食堂へ寄って

↑ 芋煮と山形の在の野菜(名前は忘れた)のおやきと、こんにゃくを

お腹もいっぱいになって、さてこれから登りますぞ!

山寺の正式名称は「宝珠山立石寺」という天台宗のお寺です

松尾芭蕉ら文人が数多く訪れた名刹で、芭蕉が「閑かさや、石にしみ入る蝉の声」と詠んだ場所として有名です(ガイドブックより抜粋)

登山口から頂上の奥ノ院まで、1000を超える階段がると

kikiさん、登る気満々で、トレッキングのパンツとウェアーで来ています(笑)

人はボチボチ、これが連休に入って、御開帳になるといっぱいになるのでしょう

登りの道と下りの道と、ところどころ簡易の迂回路を作っているようでした

↑ 「昔から石段を一段一段登ることにより、私たちの煩悩が消滅すると信仰されている、修行の霊山です」と書いてあります

1000段登ったら、kikiの余りある煩悩も消えるだろうと・・・・・

 写真で撮ると、登りだか下りかわからないですね

せみ塚  ここで芭蕉が句を詠んだようです

誰も居ず、この日もしみ入るように静かでした

仁王門

階段を登っているのですから、当たり前ですが目下に見事な景色が・・・

納経堂・開山堂

天空の城みたいですね~

五大堂からの景色

とにかく写真を撮りまくりましたので、選ぶのも面倒になり、全てフォトチャンネルにしました(笑)

お時間のある方は見てくださいまし ↓

 

山寺

山寺の桜は五分咲きくらいでした

駅まで来ましたが、1時間に1本くらいしか電車が出ていませんので

駅前の喫茶店で ↑ 紅花寒天のあんみつでおやつです

駅のホームから山寺を眺めながら、さようなら 

山形駅へ戻って来たのが3時過ぎ

一旦、今晩のお宿のホテルに行き、温泉に浸かって・・・・・・・この後、またまたお出かけです

長くなりましたので、この続きはまた

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山形一人旅 蔵王編

2013-04-29 20:03:33 | 

山形一人旅、2日目

新宿を23時過ぎに出発した高速バスは、翌朝、6時前に山形駅前に着きました

早朝からでもおまわりさんは親切です

↑ ここで、この日泊まるホテルの場所と、蔵王行のバスの発着所を聞きました

山形駅の表玄関 ここから地下道を通って反対の出口に行くと

おまわりさんが教えてくれた通り、今晩のお宿がど~んと見えてきます

ここに、荷物を預けて、リュックだけ背負ってそのままお出かけです

なんたって、まだ朝早い・・・・・どこに行こう?と考えた結果

朝の6時からやっているという蔵王の大露天風呂に行くことに

駅前から蔵王温泉行のバスに乗り

蔵王温泉の終着所から歩いて20分   蔵王温泉大露天風呂にやって来ました

「本来ならば6時からなんですが・・・・」と言いながら

おじさんとおねえさんが開店の準備をしています・・・・・ナンデカナ?

「準備をしている間、中に入っていていいですよ」と

いつもならば撮影禁止場所なのですが、なんたって開店準備中

客はkiki一人だけ「誰も居ないので写真を撮っていいです」とおじさんが (*^。^*)

山の中の温泉

温泉の源泉と川の水とが混ざって流れている、そんな景色を独り占めです

どうしてもここに来たかったのは・・・・ ↑ この温泉の泉質

強酸性硫黄泉    今までに強酸性の温泉なんて入ったことないですから、是非体験したかったのです

だあれもいない早朝の温泉に一番乗り

夜勤から始まって、昨日一日の疲れをここで癒します

そして、気持ちも新たに、今日一日を過ごそうと・・・・・・・お風呂でのんびりしていると

生きてて良かったなぁと心の底からしみじみと湧き上ってくる思いが(笑)

気持ちのいい温泉なのですが、あまりに長風呂をしてのぼせてはいけません

今日一日も、またハードなスケジュールですから

30分ほどで温泉を出て、登って来た道を下ります

今度はロープウェイに乗って、↑ 雪の景色を見ながら

展望台へ

本当はこの辺一帯を散策したかったのですが、今の時期はまだスキー場になっていて雪がいっぱいでダメですと

展望台の山の案内板を見ると・・・

 とか 

が見えるらしいんですが・・・

手前の山の上の方に、薄ら白く見えているのが、遠く望む、月山とか鳥海山らしいです

が、霞んでいて薄らとしか見えません

 

天気予報に反してお天気は上々なんですが、残念ですね

ロープウェイの往復チケットについていた券で

スノボーやスキーをする人を眺めながら、下りのロープウェイの時間まで一人飲むコーヒー

ロープウェイで下っては来ましたが、帰りのバスまでまだかなり時間があります

そう言えば、朝食がまだだわと ↑ だだちゃ豆どら焼きとコーヒーをいただき、その辺の散策に

 

共同浴場の横に足湯がありました   近くに居たおばさんに聞くと、無料だと

ここで足湯を独り占めして 

蔵王を後にしました

この後、山形駅まで一旦帰って、今度は山寺に向かうのですが・・・・・・

昨日の夜勤明けの身、もう眠くて・・・・・・

この続きは明日に!

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

山形一人旅 東京編

2013-04-28 11:24:09 | 

23日、夜勤に出かける前に、帰って来たらすぐ出かけられるように用意をした

できあがったこのバッグに

 

↑ 先生からもらった、シャンプーや化粧水など   ↑ 卯辰ちゃんからもらった、歌舞伎座土産の手ぬぐい等

夜勤のお供に、卯辰ちゃんから借りた東京のガイドブック&MAPを持ってお仕事に

新宿に着いた後、ライスさんとの待ち合わせ時間までどこに行こうかなぁと

夜勤時、おばあちゃんが眠ってから一人眺めたガイドブックです

「今日の夜勤は、超ラッキーよ」と職場の先輩が

どこがって・・・・・本当に見守りだけで、お一人でなんでも出来るおばあちゃんです

一緒に、TVの歌番組で氷川きよしを見たり、戦争時の話しをお聞きしたりして・・・・

その上、夜勤明けの時間を1時間早めてもらって(無理を聞いてもらえるのがこの職場のいいところです)

家に帰ったのが8時半

急いでシャワーを浴び、着替えて、高速バス乗り場の寄って亭松川へ

時間があるので、ベンチに座ってまったりしていると、後ろに ↓

いつもここでご商売をしている、ドライフーズをいっぱい売っています

1袋500円ですが、2袋買うと1袋おまけでついて来ます(いつもここはそうなんです)

そこで、この日のライスさんへのお土産に(芋干し1袋+信州産のアンズ1袋+信州産のリンゴ1袋)をゲット

材料は国産品が多く、モノによっては信州産を使っているとのこと

ご自分で干しているそうです

林檎は乾いたチップ状のものと、柔らかな半干し状のもの、一度煮て乾かした煮リンゴがあると

あんずなど、柔らかいですねと言うと「硬いのは嫌だというから柔らかめに干している」と

おじさんが説明してくださいました(ちなみに、煮リンゴが人気だと)

写真をとお願いしましたら、HPがあるとのことで

安曇野フルーツ ← ぽちっとどうぞ!

「今日はこんなお天気で(雨)今日初めてお客さんだから、もう1袋おまけ~」と

1袋500円が4袋いただいて1000円でした(笑)

幸先よく出発 

車中で ↑ 卯辰ちゃんかのもらい物の、歌舞伎座限定のランチパック(大福入りパン)と

職場の所長さんに「これ、旅のお供に」ともらったコーヒー味のどら焼き

「お煎餅持ってって」と、職場のリーダーさんから

こうして、車中で朝飯を食べ、後は爆睡をして、アッと言う間に新宿着

夜行バスの乗り場まで、地図を見ながら移動して、大きな荷物をコインロッカーに

段々旅慣れて来ましたので、自分の不得手な部分は予習をすることでカバーしています

極度の方向音痴のkikiですが、ネットでバス乗り場までの写真入りの地図をゲットすることで、迷わず行かれます

1度通った道でも、夜になって暗くなると必ずまた迷う経験も幾度か・・・・・・

だから、こうして昼間確認して、荷物も預けておけば大丈夫です (*^。^*)

外は雨なので、なるべく外を歩かないで行かれるところにと

卯辰ちゃんから教わっていた(先日、卯辰ちゃんも一人旅=怪しいで来た)駅からそのまま歌舞伎座

中で歌舞伎を見ることはできませんけれど、お土産を買ったり雰囲気だけ楽しみましょう

階段を上がって外へ出ると ↑ 歌舞伎座です

お隣にあった蕎麦屋さんで ↑ かき揚げ蕎麦(390円)で遅めのお昼を

この後、ライスさんと上野で待ち合わせをし

アメ横を通り抜け

本当に美味しいモノを知っているライスさん

ここ、みはしさんで、あんみつをゲット(落語を聴きながら食べるのです=笑)

鈴本演芸場(kikiはここに来るのは初めてです)

本日、夜の部の出演者 ↑  

開場時間まで待っている間に、昼の部の落語家さんが出て来ました

失礼ながらお名前を知らないのですが、洋服に着替えた粋なオジサマでした~

開場時間まで時間があったので、ライスさんに連れられてきた 末広亭

鈴本から歩いて5分位です  いつかここでも落語を聴きたいですね

鈴本に戻ると ↑ 受付の上で前座さんかな? 太鼓をたたいています

こういうのも初めてです  竹の長い撥というより、棒でなかなか雰囲気がありますね

始まる前に会場内をパチリ  200人くらい入るホールでしょうか

前から3列目のド真ん前に陣取り

さっき買って来た、白玉あんみつとぜんざいを食べる二人

本当はお弁当を食べるはずだったのですが、お昼の部で売り切れてしまったようで残念です

kikiのぜんざいとライスさんのこしあんを混ぜて、、、、、、、美味しくいただきました~

今回の落語、お目当ての古今亭菊乃丞さん(アナウンサーの方とご結婚されたばかり)はもちろん良かったのですが

紙切りや曲芸や、女性のかわいい落語家さんや三味線の粋曲、新作落語(kikiは本来あまり好きではない)もとっても面白くって

後ろの席に、お酒を飲みながら聴いているオジサマ方がいらしたせいか(笑)

会場からの笑い声も大きく響き、つられて良く笑いました

会場がそんなですから、落語家さんも乗って、中々にいい落語会でした

いや~、落語って大きなホールで聴くより、なんたってこういう寄席が一番ですね!

高速バスの時間まで、新宿でライスさんにお付き合いしてもらって

グレープフルーツサワーを飲みながら美味しいモノを

ライスさんにはいつもいつもお世話になります 

夜の新宿で、こんな田舎者が怖くなく過ごせるのは、一重にライスさんのお蔭です

ありがとうね

って、ことで、ライスさんと別れて、無事車中の人となりました

この日一日の歩数  12327歩  良く歩きましたね

車中ではもちろん爆睡 

2500円の格安バスチケットでしたが、リクライニングのバスの中ではゆっくり眠れましたよ

6時間半後には山形へ!   この続きはまた(これから今晩も夜勤です) 遊んだ分だけ稼がないとね 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加