GENさんのスポビズ日記

柳原 元の公式ブログ。IAAF国際陸連公認代理人。陸上選手の海外サポート業務を中心に日々の活動状況などを綴ります。

2019 豪・ゴールドコーストマラソン その1

2019-07-06 20:22:50 | 海外サポート
明日7日(日)開催のオーストラリア・ゴールドコーストマラソン。
今年も多くの日本人選手を現地サポートさせて頂きます。

↓まずはHonda陸上部の皆さん、フルマラソンに出場の設楽悠太(右から3番目)、木村慎(左から2番目)両選手。
 そしてハーフの部に出場の田口雅也選手(左から3番目)。3日に小川監督、弊社のサポートスタッフと共に現地入り。
 毎年良くしてもらっている大会ディレクターのRマクドナルド氏(左端)自らが空港で出迎えてくれました。


↓設楽選手は先週末日本選手権5000mに続いてのレース。9月のMGCに向けて順調に練習をこなす中での
 今回参加。エリート選手の公式会見時にはオーストラリア往年の名ランナー・R・ド・キャステラ氏からビブスを
 受け取る設楽選手。この他にも実業団勢ではハーフの部に参加の藤本拓、服部勇馬(共にトヨタ自動車陸上長距離部
 両選手もサポートさせて頂きます。


↓また学生勢では中央大学から6名の選手がハーフの部に出場。向って左から畝拓夢(うね たくむ)、岩佐快斗(いわさ
 かいと)、森凪也(もり なぎや)、助川拓海(すけがわ たくみ)、大森太楽(おおもり たいら)、矢野郁人
 (やの ふみと)の各選手。箱根駅伝をチームの年間最重要試合に位置付ける一方、早い時期から多くの学生選手を
 海外の大会や合宿に送り出すことにより、各選手の競技感・視野を広げ、世界で活躍する選手、人材に育ってほしい
 というチームスタッフの思いもあり、今回ゴールドコーストにやってきた6選手。ほとんどの選手が海外レースは
 初めて。今遠征をきっかけにアスリートとして一回りも二回りも成長してほしいと思います。


↓現地サポートスタッフによると今年はゴールドコースト特有の強い陽射しが影をひそめ風が強く雨や曇りがちな日が
 多いとのこと。南半球で今は冬のオーストラリア。明日朝のレース時の気温は16℃位の模様。
 レースはハーフの部が現地時間AM6:00、フルの部が同7:20スタート(時差は日本が一時間遅れ)です。


弊社インプレスランニング・公式ウェブ・サイト

コメント   この記事についてブログを書く
« 2019 日本陸上競技選手権... | トップ | 2019 豪・ゴールドコース... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

海外サポート」カテゴリの最新記事