ガイド日誌 - 北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、北国の生活
私自身の長距離自転車旅
冬は山岳ガイドの現場をお伝えします。

レンタサイクル屋、土佐の高知のはりまや橋で。

2019年05月30日 | その他未分類
1、レンタサイクル屋は副業する

今朝のレンタサイクル屋は、ジャケットを着る。

本来は作業着なのだが、
きょうは例外。

レンタサイクル屋。
まあ、普通に考えたら
「食っていけない仕事」だ。
まして北海道の美瑛だから
実際に稼げる期間は一年のうち3〜4ヶ月しかない。
当たり前だが、
これでは家族を養うなど、到底無理なのだ。

ボク以外の美瑛の他のレンタサイクル屋さんには「本業」がある。
貸自転車は、ほんの副業。
ブレーキが効かないなど、ひどい評判が散見されるが、そういう背景がある。整備しようにも機械いじりとは無縁なのだから無理もない。

一方で、僕の「ガイドの山小屋」は、ほぼ専業だ。本業は「山岳ガイド」だったが、いまは違う。
山岳ガイドもレンタサイクルも、それだけでは食えない仕事だ。
だから、ガムシャラにいろんなことをして足りない分は稼がなくてはならない。
食っていく、ということは、
大変なことなのだ。

だから、
北海道に「移住」を考えている人は、
その辺のこと、よくよく考えなければならないだろう。

食えなくては、移住はどうにもならない。

さて。
レンタサイクル屋はいま、四国高知にいる。
レンタサイクル以外の仕事で来ている。副業といっていい。

今朝は大切な契約があるのに、
服がなくて、レンタサイクル屋は戸惑っている。

適当に持ってきた服は、
ラガーシャツ、
ラガーシャツみたいなポロシャツ、
ラガーシャツみたいな入れ墨シャツ、

どれもこれも!
ジャケットに合わない!
ちんちくりんじゃないか!

駄目駄目やん!

ワイシャツを忘れたのだ。

朝っぱらから涙目でいたら、
意外にも、
高知は暑いかもと思い、念のため持ってきた速乾素材のポロシャツがしっくりきた。
ジャケットを着たら胸のデザインは隠れるから、これでいいだろうということにした。

やれやれ。
慌てたじゃないか。


2、土佐でうがいする

仕事は午前中に終わり、
午後からは暇になった。

まずは、うがい。

土佐ではこれを「うがい」という。
外から帰ったらまず、うがいなのだ。

郷に居れば郷に従え

うむ。
従わなければならない。

土地のものを食う。

やっぱり土佐はコレぜよ!

お腹も落ち着いたので、散歩する。
美瑛にいるときは、「旭川って都会〜」ってなるけど、さすがに高知市は県庁所在地だけあって
旭川とは比較にならない都市だ。

土佐の高知の、はりまや橋。
昔は小さな橋だったらしいが、
今は複線の路面電車+6車線道路になっている。

観光用の復元橋もある。

しかし、趣はイマイチ。
橋なのに、川はない。

川?ではなく、遊水池遊歩道になっている。
しかし、パッとしない。
ものの3分も歩かないうちに終わる。

はっきりとしたことは言えないけれど、
僕が幼い頃、ここはドブ川だった。

まもなく埋め立てられて、ただの路地になり、長らく、はりまや橋の下も通路だったように思う。
高知に住んでいたわけではないから、何ともはっきりしないが、パッとしない場所だった。

あらためて今、この場所を見たら、
ここはお城の「お堀」の一部じゃないだろうか?
という気がしてきた。

地形と立地が、ここが「堀」であることを指している。
高知城の、外堀の役目を担うものではないだろうか。

「うがい」の効果も手伝って、
僕は、歩いてみることにした。


3、城下町の痕跡

はりまや橋からの遊水池遊歩道が途絶えた先は、公園になっていた。

そのまま公園内を歩いていく。

また、別の遊水がある。

ときどき後ろを振り向いて、はりまや橋からの方向、角度を確認しながらすすむ。

それらしい地形はその先で90度曲がり、さらに続く。

まだ見えないが、左側には高知城がある。
お堀の痕跡を示すものはどこにも見当たらない。

うーむ、車道と車道の間、
この、中央分離帯にしては不自然な広さの緑地、
まさにこの区切りが「堀」ではないのか?

城下町に因む案内板があるが、ここが堀だとはどこにも書いていない。

勘違いか?

そのうち、行き止まりになった。

しかし、何かある。行ってみる。

川??

お世辞にも綺麗とは言えないが、川に接続していた。

やはり!

しかし、証拠はないぞ。

少し戻って、

お城の方向を目指す。

武家屋敷だったこのあたりは空襲で焼け野原になったので、名残はない。
しかし、

この、間口の狭さが、かつて武家屋敷だったことを物語る。
与力というから、さほど高い身分ではないから、家老屋敷のようなわけにはいかない。
町屋によくある区割りがそのまま世襲されている。

途中から「追手筋」を歩く。

このまま進めば追手門。お城の正面玄関に当たる。
途中にあった高校は立派な建物だった。
きっと伝統校だろう。

だいたい県庁所在地のこの立地にある高校は偏差値が高い。
調べてみたら65だった。まずまずだ。

お城が見えてきた。

本丸は標高44mの大高坂山に築かれている。
天守は、静岡の掛川城に瓜二つだ。

それもそのはず。
高知城も掛川城も山内一豊によって築城されたのだ。
山内一豊はよほど掛川に思いを残しての「転勤」だったに違いない。
だから、新しい赴任地の高知に新たな「掛川城」を築いたのではないだろうか。(憶測)

あ!この案内看板は!

古地図!
かつての城下町の地図!
僕が歩いた経路は堀になっていて、その堀が武家屋敷と町人町の境界線になっている。

白の矢印がボクが歩いた経路。
ここはやはり間違いなく「堀」だったのだ。
「掛川町」なんてのもあったんだなあ。

うれしいなあ。


4、兵隊さんと高知城

やっぱりここは、堀のままのほうがいいんじゃないかと妄想する。
堀端には桜が咲いて、
屋形船が往来して、
お酒もすすんで、はりまや橋。

そりゃあ、
土佐の酒呑みには、たまらんぜよ!

終戦後の逸話。

僕の母(高知出身)は
終戦時、小学生だった。
歳のせいか、最近は小中学生だった頃の話をよくする。

B29の音の話。絶対に忘れない不気味な音なのだという。

それから、
祖父の仲良しで、東京から疎開してきたシュモンさんという大好きな叔父さんのこと、通っていた女子校と同級生のこと、
それから、
母が高知のお城のことを話すとき何度も何度もこの話をするので僕はタコ耳なのだが。

以下。

土佐は明治維新のとき官軍側だったおかげでお城の破却を免れ、昭和に至ってなお健在だった。
太平洋戦争では高知の町は空襲にあい、焼け野原だったが、
大高坂山の山頂付近、高知城の本丸は空襲の被害を免れた。

高知城は落ちなかった。

だから高知城本丸は天守を含めてほぼ完全な形のまま維新前の姿を今に残している。

戦地から帰ってきた兵隊さんたちは、高知が空襲でやられたことは知っていた。

復員列車から降り立ったとき、
まず、
予想通りの焼け野原。

見慣れた高知の町は、もうそこにはなかった。

しかし、その先、
大高坂山に凛と立つ、
高知城を見たという。


兵隊さんたちはみな、
泣いたという。

それが、
高知城なのだ。










レンタサイクル屋の安全対策

2019年05月28日 | その他未分類
ガイドの山小屋を利用するお客さんは、
自由に、この「荷物室」を利用することが出来る。

ちょっと広めの物置といったところ。もちろん無料。
広いから、でっかいスーツケースもどかどか入る。
コインロッカーもある。

無料で利用できることをいいことに、
お客さんの中に紛れて、
勝手に入ってくる無関係な人もいるから、

ちょっと貼り紙が派手。

棚で、頭を打つ人がいるから、

これを取り付けた。

「安全第一」のアレ。

内側にも取り付けた。

荷物をガサゴソして、頭を上げたときに
ゴツン!!
する人が多かったから。

ついでに、照明を増設した。

大きいのを取り付けたから、明るくなる。

お客さん少ない季節だから、
作業がいろいろ捗る。

さいきん、パソコンあるある。
突然、飛び出してくる。

もっともらしいメッセージだ。

そして、怖い怖い。

ちなみに、放っておいて、
タイマーがゼロになっても何も起こらない。笑

よく見たら、

「そうしてください」って、日本語が微妙に変。笑

困るのは、インターネット・エクスプローラがフリーズしてしまうことくらい。
エッジとか、他のことは出来るが、まずは落ち着いてwifiを切断してインターネットと物理的に切り離した。

再起動で対処。
電源操作も普通にできる。
動かなくされるのはインターネット・エクスプローラだけのようだ。

いかがわしいウェブサイト閲覧中ならば、いかにもありそうだが、
MSNニュースを読んでいるときに起こった。

ぽん、と画面が遮られた。✖️をポチッても消えない。いやらしいポップアップだ。

MSNだよ?

先月は新聞読んでたら、これが来た。
真面目な人なら騙されちゃいそうだ。

安全対策は万全に。

荷物室も、インターネットも、
気をつけるに越したことはないのだ。



超・初心者で行こう!

2015年08月27日 | その他未分類
苦節10年。
ついに!

Here you go.

を、自然に使えるようになったー!


主に、
さあ、どうぞ という場面などで使いますが、いろんなニュアンスがあり用途があり、日常生活の、至るところで使われていますが、
ネイティブが言うと、なんだか

カッコイイ…。

いつか、ああいうふうに
使えるようになったらいいなー

と思っていたんですが、
なんと
10年かかりました。

気がついたら使ってました。
自然に口にするようになっていて、
はっと気付いて、


Here you goooo↑

おおおおーー!
カッコイイよ俺!(笑)


くだらない話でスミマセン。(駄)








とある台湾人

2015年08月09日 | その他未分類
8月9日 午前11時2分。
今年の夏も美瑛町全域に鎮魂のサイレンが響きました。

このサイレンは1分間続きます。

そのとき、
ガイドの山小屋を訪れていた外国からのお客様のなかには、
何が起こったのか意味がわからず、
不安そうな表情を浮かべる方もいらっしゃいました。

そのとき、
私たちスタッフは、仕事の手を止めて、
長崎のある南に向かい、
黙祷しました。

そのとき、
ちょうど受付にいた、台湾人のお客様。

これは何ですか?と聞くので
「長崎、原子爆弾、」
とだけ、簡潔にお伝えしましたら、

私たちと一緒に、
手を合わせて下さいました。

…。


本当に、
ありがとう。




旭川ナンバー、四国を走る!

2015年01月30日 | その他未分類

ガイドの山小屋の営業車。
北海道はおろか、道北地方から出たことはありませんでしたが、


阪神高速北神戸線に旭川ナンバーが出没。


旭川ナンバー、大きな橋を渡って四国に向かいます。


旭川ナンバーと、羊蹄山!
(讃岐富士 香川県)


うどん県にて、駆けつけ一杯。
(香川県)


かつを県にて、お約束の。
(高知県)


でも、かつを県の本丸は、コレなんだ。
(焼き鯖寿司 土佐料理 司)


高知県をあとにして、僕の故郷に立ち寄りました。
(香川県高松市)


うどん県民の、朝食。
(JR高松駅 立食いうどん)


少年の頃、さんざん遊びまくった海岸にて。


赤灯台。
もう涙目。(笑)


ニュージーランドの、ネルソン。(笑)


子供の頃の、遊び場。


ニュージーランドの、ネルソン。(笑)


部活。


ネルソンで部活。(笑)


ふるさとの海。


ふるさとに似ていたネルソンの海。


ここでアイナメが釣れるよ。泳いでも楽しい。


泳いでもいいかな?
ネルソンの海。(しつこい!笑)



思い描いていたはずの、老後。
どこでどう変わったのやら。(笑)


うどん県民の、昼メシ。
(さぬき麺業 松並店)


大きな橋を渡って、戻ってきました。


実家と、旭川ナンバー。
たぶん本邦初公開(笑)
(兵庫県神戸市)


20年の節目の年なので、お参り。
僕が住んでいた神戸市東灘区深江北町一丁目町内会の慰霊碑。


人を探して神戸市東部中央卸売市場へ。
尋ね人は、見つからなかった。


そして、謎の飛行物体とともに。


旭川に帰ってきました。

あ、営業車忘れた⁉︎