ガイド日誌 - 北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、北国の生活
私自身の長距離自転車旅
冬は山岳ガイドの現場をお伝えします。

きょうの美馬牛(美瑛町)

2017年09月29日 | 美瑛・富良野
雨上がりの美馬牛小学校

ガイドの山小屋の裏からiphoneでパチリ

きょうの十勝連峰

初冠雪。
美馬牛小学校の裏からiphoneでパチリ

ますます秋深まる美馬牛です。


チャリ旅の後始末。=準備?

2017年09月07日 | 自転車の旅 海外
なんだかもう、秋を迎えてレンタサイクル屋はめっぽうヒマになりまして、手持ち無沙汰なことも多くなってくるのであります。

そんなときワタクシは、夏の間に出来なかった作業各種をいそいそと始めるのでありますが、畑作りには遅すぎるし、草刈りも時期を終えているし、花を植えようにも苗はもうないのであります。

まあそんなときにも仕事はいろいろあるもので、きょうはチャリ倉庫の片隅にずっと置いてある埃を被った輪行袋が気になった。気になりだしたらもう中身を確かめたくてたまらなくなるわけで、とうとう鍵を開いて中身を取り出したのであります。

中身は旅用の自転車。これ。分解して梱包してあります。

昨年末にニュージーランドから持って帰ったままずっと置いてあったから、袋を開けたらバババーッと、現地の空気やら何やら得体の知れないモノがどーんと飛び出してきあがった。

旅の埃ってヤツですよ。
そいつを頭から被っちゃった。

したらね、あなた。当然もうひたすら我武者羅に、
「うわー!旅、行きてー!」
となるわけですよ。押忍。

ウイルスかよ。

冬はですね、私ことガイドの山小屋は、本業の冬山山岳ガイドに戻らなきゃいけない。夏のレンタサイクル屋だけで食っていけるはずもないから女房子供を食わせるために働かなきゃいけないのであります。
今年も働きますよ、たぶん。

だからナマっちゃった身体をなんとかせんといかん。
チャリで走るけん!
なんちゃあせんままやいかんけん!
わしはたらくけん!
エーゴもっとがんばるけん!
チャリ旅してきたえてくるけん!

ワタクシはますます決心を固めるわけです。

しかしまあ、世間はひたすらキナ臭いじゃあないですか。
先日は早朝から70年ぶりに空襲警報が鳴り響いた北海道。ああ、やはり報道されてることは現実なんだと改めて思い知らされました。

これから2カ月も旅に出て、ほんまにええんか?
帰られんようになるんと違うか?
いったん開戦したら最後、紛争に巻き込まれること必至、危険な日本に国際線が乗り入れるわけがないですよね。

さすがのカンタス航空も、固唾を飲んで見守るしか出来ないんじゃないか?

そんなことを考えたらもう、今は旅どころじゃない気がしてきました。
例年ならもうチケット確保してる頃なんですが、そんな理由で今年は行き先すら決まっておりません。

奥にある青いのはマウンテンバイクをベースに改良した旅自転車。3年前まで使用してました。

しかしまあ、こうして梱包を解くと、
仕方ないなあ。ダラダラしててもしゃーないけん、とりあえず旅支度でも始めるとするか。
なんて気になってきます。

こうしている間にも、冬は近づいてきますからね。いつまでもダラダラしてばかりじゃあいられない。
別に、海外じゃなきゃいけないというワケじゃないですし。
なんとなく格好がつくけん、と、つい、海外志向になってしまいますけど、日本縦断もなかなかエエもんですよ。食い物はうまいし。

それにしても、
ついこの間まで夕方いつまでも暑くて昼間みたいに太陽ギラギラしてたのに、いつの間にか6時でもヤバイくらい暗い。レンタサイクルのお客さんが真っ暗ななか必死の形相で帰ってきます。

もうすっかり、秋ですねえ。