ガイド日誌 - 北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、北国の生活
私自身の長距離自転車旅
冬は山岳ガイドの現場をお伝えします。

The day 十勝岳. お客さん興奮、俺悶絶。

2016年02月28日 | バックカントリーとパウダースノー
歩き出したら雲はどんどん晴れていくのだ。

どこまでも、ノートラック。

広い空を見上げて登る。

お客さん興奮。

俺悶絶。

またまたノートラック。

ただ白い世界に落ちていく。

音もなく、板は滑る。
板と雪が擦れる、シューという感触だけが、
世界を支配する無の境地。

滑り跡は、遠くからも良く見えた。

いい仕事したな俺。
という勘違い。(笑)

お天気と十勝岳に、
ありがとう。





きょうの三段山

2016年02月25日 | バックカントリーとパウダースノー
きょうは旭川空港から。
天候は上々。


山はもちろん。

上々。

もちろん!

激パウだあ!




悩む~

2016年02月20日 | バックカントリーとパウダースノー
明日のツアーの可否を、悩む~!

アカンような気がするけど、午後からの天候は回復しそうな気がします。

行って行けないことはないけど、
雪は詰まってて、
楽しくないパターン?

大した荒れ方ではないと思います。

それでも山岳はそこそこ荒れます。
強い風と雪があるでしょう。吹雪です。
ツアー中も平均風速10mは覚悟しなきゃです。
雪崩リスクも高めです。

山岳の天候回復は平野よりはずっと遅いので、
入山したものの樹林帯から出られず、標高上げれず(←滑降エリアに達しない)
悶々とするパターン?

悶々ツアー終わって温泉入ってたら、
午後遅くになって急速に天気が回復してくるパターン?

「なんでやねーん!」と青空に向かって叫ぶぜ。

ああ、いやだいやだ。

僕としては、実施すればギャラが入るので、
是非とも!

お金カモーン!
な、気分(苦しい本音 笑)

でも、お客さんは、
楽しくないかもしれない。

それでいくらか売り上げがあっても
僕も全然嬉しくない。

しかも!
明日のお客さんは皆さま「自家用車アリ」なので、
中止したら突然に、1日がポカーンと空白になっちゃうわけではないのです。
「今日1日どーするのよ?」にはならないのです。

中止したところで、
カムイスキーリンクスに行ったり、
幌加内蕎麦を食べに行ったり、
有意義に変更できるわけです。

どーする??

もうこれは、悩みすぎて
今夜は眠れないのであります。

意外とプロガイドというのは
そういう諸々で判断を悩むことが多いのです。

そして、
こういう、アウトドアじゃない判断は、
とても難しいです。

本当は当日現場に行かないと正確な判断はできないものですが、
お客さんがやっと実現した北海道旅行の、
明日はその貴重な1日を預かるわけなので
その貴重な1日を無駄に捨てることにならないように

事前に、(前日である今夜のうちに)

今夜8時までには判断しようと思います。

こーゆーときに限って
予想が外れたりするんだなーコレが!

厳冬期の珍事

2016年02月13日 | バックカントリーとパウダースノー
2月だというのに、まさかの…

雨が降っております。

標高1000m 吹上温泉白銀荘にて



南の風が吹いている。

2016年02月09日 | バックカントリーとパウダースノー
暖気が入り、2日連続でプラス気温になった。

屋根雪どかどか落ちる。

真っ白だった道路も、

アスファルトが顔を出す。

早すぎる春の訪れは不吉で、むしろ気持ち悪い。
あまり嬉しくはないのだ。