ガイド日誌 - 北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、北国の生活
私自身の長距離自転車旅
冬は山岳ガイドの現場をお伝えします。

忙しくなる前に

2023年05月25日 | 北海道の暮らし・生活
例年、5月は閑散期なのですが、
今年はなんとなく、
いつもと違う雰囲気の5月です。

GWはものすごく忙しかったし、
GWを過ぎても例年のように開店休業状態にはならず、毎日ポツポツと来店があり、
たまに混雑する時間が出現したり、

まさかの定休日にも来店があって、Googleのクチコミに『1』をつけられたり。

休めないよ。

つい2週間前まで、
最低気温がマイナスになる日があったりしましたが、
毎朝の十勝岳ダウンヒルの送迎にも凍結の心配はなくなりましたし、

さすがにもう氷点下はないやろ。

ということで、本日ついに冬タイヤから夏タイヤに交換。
でもタイヤ交換作業している最中に外人さんグループ来店したり、

落ち着かなーい!

やっと2台交換。

奥さんはせっせと
電動自転車をキレイに拭き上げていきます。
70台くらい終了。

自給自足を目指す、オーガニック山小屋農園も
急ピッチで仕上げ中
あとはお日様が育ててくれるのです。

来週からは、ぐっと忙しくなりそうなので、
準備は怠りなく進めていこうと思います。

残雪の十勝岳連峰がきれいです。
この季節は、ほんとキレイですね。


時をこえて縁は繋がる

2023年05月12日 | 北海道
 
 
旅立つカヌー
時が流れて時代が変わったけれど、
令和のいまにそっと繋がっていく
 
昭和の終わり前後だったと思う。
当時大学生だったボクは、
富良野で行われていた大規模アウトドアイベントで
会場のアルバイトをしていた。
 
そのイベントで使われていたカヌーが
ずっと札幌市内の財団の倉庫に眠ったままだったのだけど、
このたび、財団の解散に伴い、処分に困っているという話をきいた。
 
その友人はGW前にぶらりと現れた。
25年前、生まれたばかりのガイドの山小屋を一緒に駆け抜けた友人ノリスケ(古いあだ名)
語学堪能で穏やかな性格、いつもニコニコしていて皆に愛される親しみやすさ
そして1999年、
美瑛で最初に(もしかしたら北海道初)ガイド付サイクリングをやった男、
ファーストペンギンだ。
 
彼はその後、知床でアウトドアガイドとして働き、縁あって財団に就職した。
ノリスケは言うのだ。
 
山小屋さん、もらってもらえないかと。
 
ボクも20年前にカヌーツアーをやめていたので、頂くわけにはいかない。

〈写真〉美瑛川にて2000年6月頃
 
でも、あそこならどうか?
当時のイベントの精神を正当に引き継いでいる、あの男なら。
 
あれよあれよと話は進む。
過ぎ去ってきた青春の日々に、俄かに光が差す。
かつての若者たち、今はいい歳のオジサンたち動く。
さくさく動く。
 
赤いカヌーが屈斜路湖に浮かぶ姿を想像して
オジサンたちのわくわくは止まらない。
 
そして、その日。
カヌーが再び日差しを浴びた。
 
屈斜路湖のカヌーガイド・ツッチーの運転するハイエースが
赤いカナディアンカヌーをのせて、
東へと旅立っていく。
 
縁は繋がる。
 
 

電動自転車(e-bike)レンタサイクル 営業は4月中旬から

2023年03月21日 | サイクリング
3月、
美瑛の丘にも春の日差しが降り注ぎ、
雪どけが始まりました。
3月1日
3月18日

ガイドの山小屋や、四季彩の丘、新栄の丘などがあるJR美馬牛(びばうし)は
美瑛の丘のうえにありますから、
JR美瑛のある市街地よりもまだまだ雪がたくさん残っています。
 
美瑛の丘の雪どけは、ゆっくり進みます。
 
昼間にとけて、
夜間早朝は凍結して、
たまに積雪があり、
またとけて、
3月はそんな日々を繰り返しながら
春が確実にやってきます。
ガイドの山小屋の2023レンタサイクル営業開始は
安全にサイクリングが楽しめるようになった頃、
道路の雪が消えて日陰の凍結が解消された頃、
美瑛の丘にあらたな緑が芽吹く頃、
4月中旬を予定しています。
 
早春の時期は「ご予約のみ」
GW以降は「8AM-6PM」
下記で営業日をチェックしてくださいね。
 
営業日をチェックする
 
予約受付が始まりました。
 
美瑛へのご旅行がお決まりになりましたら
ご予約はお早めに。
 
当たり外れ、という程ではありませんが、
電動自転車にも多少の状態の差があります。
ご予約は、特に良好なものから順にキープしていきますから、
(特にバッテリーは、新しければ新しいほど強いのはiphoneと同じです)
 
やはり、
ご予約がおすすめです。
間違いありません。
 
 

十勝岳連峰に春がきた!冬プログラム最終日

2023年03月20日 | バックカントリーとパウダースノー
冬ツアーも最終日となりました。
 
夜明け頃には雪がしんしんと降っていましたが、
出発の頃には快晴に


稜線は、やや風強し


すっかり春!


雪、さらさら。


小鳥のさえずり、賑やか!


空、青い!


山、綺麗!


春!


笑いがとまらん

 

2023シーズンの冬ツアーが終了しました。

3年ぶりの通常営業の再開でしたが、
いったん始まってみると次々と古いお客さんが戻ってきてくださり
あのひとも、あのひとも。
10年ぶり、20年ぶりのひと、再開を待ちわびてくださったあの人この人。
毎回がもう、
 
同窓会のような懐かしさ。
 
さらには、初めてのお客さんも何組も来ていただき
気が付けば1月ー3月のツアー日程のほとんどがキッチリ埋まって賑やかに終えることができました。
 
いやあ!今年の冬は楽しかった!
みなさん、ありがとうございました。

 


きょうの十勝岳連峰は春の嵐

2023年03月16日 | バックカントリーとパウダースノー
きょうの十勝岳連峰は
お天気が目まぐるしく変わっていく
気難しい天気。

晴れ→くもり→暴風→猛吹雪

なんか嫌な予感がします。



とりあえず入山しましたが、
こうなりました。

なんだか魅力的な地形が見つかったので
掘り掘り。


お客さんが「城壁」を作ってくれたので
なかなか堅牢です。


暖かくて楽しいランチタイムに
なりました。

ガイドの山小屋の雪洞避難ビバークツアー
冬山の山中で嵐に遭遇したアナタはもう
アドレナリン出まくり間違いなし。

嵐の日
気が向けば開催します。
お楽しみに!