ガイド日誌 - 北海道美瑛町「ガイドの山小屋」

北海道美瑛町美馬牛から、美瑛の四季、自転車、北国の生活
私自身の長距離自転車旅
冬は山岳ガイドの現場をお伝えします。

DAY40 九州 /宮崎県延岡市 人力で旅がしたい。遠くへ行きたい。『日本列島縦断 自転車の旅 2018』

2018年12月11日 | 自転車の旅 国内

宮崎県延岡市は冷たい雨なのだ。

こんな日は、チャリダーは身体を休める。

ボクは、しょっちゅう旅をしているように見えるけど、
実際には、
旅は1年に1回だけだ。

11月前後の7〜8週間くらい、
長めの旅をする。自転車旅だ。

自分の足で旅する、というところがたまらなくいい。
足跡を地球儀で確認できる(めちゃ小さいが)のもいい。

海外へ行くことが多い。

北半球は冬になってしまうから、
南半球に行く。
英語が通じて、治安もそこそこ。
物価も、そこそこ。

こうなれば、
ニュージーランドかオーストラリアになるのが必然だ。

ボクはちゃんと英語を勉強していないから、
自然と「旅」が学校になった。
パブ(田舎では食事はパブでする。パブは安い食堂であり酒場であり売店なのだ)やキャンプ場のキッチンなどで英語を学んだから、
ボクの英語には強いオセアニア訛りがあるけど仕方ない。
自分では割と気に入っている。

関西訛りのガイジン、
みたいなものだ。
悪くないだろ?

自転車で訪れた町は、
自転車目線ですべてが見えてくる。

町の空気感が、
息遣いのように、
スッと入ってくる。

いいこともあるし、
ヤな感じも、まぁ、ある。

また、
場所によっては、

ボクの今のビジネスの、
商売のヒントもたくさん転がっている。

これはいいな!

と思うものを記録して持ち帰り、
自分のビジネスに反映させると
数年後に当たる!
ということを繰り返してきた。

金の鉱脈を見つけるようなものだ。

ボクの奥さんも同じようなことをしている。
夫婦は似るのだ。

さすがに自転車じゃないけど、ふたりでシンガポールへ行ったとき
(NHK英会話の舞台がシンガポールだったらしく、彼女がしきりに行きたがっていたのだ)

これは!
と言う「言い回し」に出会って、
それを持ち帰って接客に活用している。
これが、めっちゃ当たって、サクサクこなしている。

さすが。

同業者たちがみんなチャリ旅でオーストラリアを走り出したら、ボクの「企業秘密」はダダ漏れになり、
考えがバレ、
次の手がお見通しになり、
ボクはきっと窮地に立たされるだろう。

まあ、たぶんそんなことはない。

業態をそっくり真似されてる間は、安全だ。
気がつけば、地域の同業者はみんなボクと同じ料金設定になり、
ボクと同じ車種を取り揃えて、
すごいところになると、車種の呼び名まで同じだ。
まあ、本物と紛らわらしくするのは昔からある商売の常套なので、むしろ「認められた」ことに感謝したい。

こそばゆいではないか。

しかし、
努力なくして、果実は得られない。
真似は所詮、真似にすぎない。

つまり、チャリ旅はボクにとって、
娯楽に見えて、実際は「仕事」そのものだ。

だから投資は惜しまず。

見たいもの
得たいもの
それから直感。

そういうものには投資は惜しまない。
そうやって旅を続けてきた。

投資の分だけ、
得るものは大きい。

また、
日本列島を、旅することも多い。

列島はいま、隅々までインバウンドが迫っている。

旧態依然の業態の店や宿が窮地になり、廃業も後を絶たない。

昔は良かったのにねー、
の声は少なくない。

景気が悪いのよ
とも言うが、周囲はむしろ繁盛している。
ただ、
享受できるか、できないか。
その差が大きいのだ。

昨年あったものが、今年ない。
そんな現実を毎日のように目の当たりにする。

いろいろあるけれど、
インバウンドに合わせた努力をしているところは、
努力が報われていると強く感じる。

いろんな迷いがあったはずだ。

あの人はうまくやった。
なんて陰口も叩かれるだろう。
お金もかかる。

でも、
努力は決して裏切らない。



日本はもう、昔には戻らない。
古き良き時代は、記憶の中にだけ存在している。
僕たちは未来へ進むしかないと思う。

ここまで書くと、いかにもインバウンド推進!という印象になるけれど、ボクの考えは少し違う。
ただ、日本人は、
「鎖国は終わったよ」
「日本も他の外国みたいになるんだよ」
ということは肝に銘じなければならないと思う。

日本人はハワイが好き。
でも、どうだ?
日本人だらけだろ?

ベネツィアはどうだ?
バルセロナはどうだ?
パリはどうだ?

日本だけが、日本人だらけなんて時代は終わった。
北朝鮮ですら、外国人が歩いているって知ってるか?

黒船はきた。
港は、世界に向けて開かれたのだ。
日本は、
新しい時代に向かっている。

「日本人観光客を呼び戻そう!」
いまだにそう言う人もいるが、
まずは自分の足で、
その五感を駆使して、現実を見に行くべきだ。
地元に座っていないで、さあ!
PCの画面を眺めて世界を知った気になってはいけない。

英語だ。
英語をもっと勉強しなければ!

先週のことだ。
関門海峡トンネルの人道エレベーターは、
ちょっとした観光地だった。

九州側で、白人の夫婦と乗り合わせた。
「バイクかい!いいねえ!」
「このトンネルはダダなの?幾らなの?」
「小さなコイン2枚。20セントですよ」(20円のこと)
「安いね。」
「寄付ですね」
「私たちもバイクに乗るのよ」
「川沿いを走るの。美しい人生だわ。」
「自転車のない人生は、つまらないですよね」

「きょうはクルマなんだよワッハッハ!」
2人はトンネル出入り口の車寄せで待っていた黒い大きなハイヤーに乗り込んでいった。
「よい一日を!」

わずか30秒程度の会話だけど、
乗り合わせた人たちの尊敬の眼差しを一身に浴びて、正直、決して悪い気はしなかったし、

英語が話せなければ、
こんな何気ない出会いでさえも、決して得ることはない。

英語だ。
もっと勉強しなければ!

もっともっと話せれば、
ボクのビジネスの機会はさらに広がるだろう。
面白い出会いが待っている。
確信を持って、そう言い切れる。

来年はまた、オーストラリアを走ろうか。

大陸縦断、
大陸横断、

これは終わらせた。しかし、
あの国は広い。

正直、嫌な目にたくさん逢う。
観光地や都市や、ワーホリの若者たちが集まる場所を離れると、
リアルなオーストラリアが待っている。
見逃せない、根深い有色差別がある。
それは西へ行けば行くほどさらに酷くなる。

あの国は広い。
まだまだ知らないことがたくさんある。

ネガティブも、ポジティブも、
全部まとめて引き受けよう。

来年かな。
再来年かな。

やっぱりニュージーランドにしようかな。

そんなことを考えながら、
五ヶ瀬川を眺めているのだ。

雨はまだまだ降りやまない。







DAY39 九州 / 豊後大野ー延岡 国道326号線、九州山地を越えて行こう!『日本列島縦断 自転車の旅 2018』

2018年12月10日 | 自転車の旅 国内

きょうは九州山地の峠を越える。
豊後大野市の町を出たら直ぐに峠道になり、最初の10kmで一気に峠を越えるのだ。

しかし、豊後大野市の朝の気温は、
0.6度。
このまま出発したら峠道は凍結しているかも。
と、それを言い訳にしてダラダラした。

宿の賄いメシがうまくない。お茶で腹に流し込んだ。さあ出発だ。
気温5度。微風。薄曇り。悪くない。

町外れに出たら

山に囲まれていることがよくわかった。

神社と「目が合った」。

こういうときは、ちゃんと挨拶を済ませる。
小銭入れもスッキリした。

峠、始まる。

右上に、なんかおる!

道端に、やたら生えてるやつ。

これな!

あの、くっつきまくるやつ。

容赦ない。

谷を越えていく、

山里に不釣り合いな、立派な橋梁が立つ。

その先には、トンネル。

ちゃんとチャリ道ある。

古そうな、

立派な御殿があった。

どのトンネルにもちゃんと、

チャリ道ある。

チャリ道が左車線に移動だ。

ラッキー!

道路には色んなものが落ちていて興味津々。

これ落としたクルマ、困っただろうなあ。

人のことは言えない。

時折、車輪から弦を弾くような音がするので、気になっていた折れたスポーク(北九州で折れた)を取り外した。

特に改善せず。

圧倒される。

まるで東山魁夷だ。

かなり登ってきた。

標高は400mに迫る。
勾配が緩やかなので想定よりもはるかに楽に登れる。

チャリ道ある。

このトンネルは、

標高389m

旧道があった。

立派な橋だ。

鉄感に凄みがある。

西郷軍も越えた三国峠に続く道だ。

まだまだトンネル続く。

チャリ道が右側に移る。

いくつ目だろ?

奥畑トンネル。

標高393m,

大分ー延岡、国道326号
最高標高地点は、奥畑トンネル
標高393m

(GPS計測、最大誤差±10m)

三国峠!

旧道はもっともっと険しく、かつ高いという。


トンネル続く。

おっと。

これが三国トンネルか。
通り過ぎるとこだった。

標高385m

少し下りが始まったみたいだ。

三国峠の旧道。

落ち葉のシャリシャリ感が楽しい。

おー。

下りが始まったぞ。

綺麗な空だ。

飛び込んでいきそうだ。

標高200m前後で、ダウンヒル終了。

再び、登ったり下ったりの山里チャリ道だ。

豊後大野から27km。

最初の道の駅。標高200m弱。

うめ!


うめ!

うめ!

うめ!

うめ!ということは?

うまいもの、あるかも?


猪肉ラーメン!

おおっ!!

イノシシの肉、きたーー!!

うめー!!

もう、
スイッチ入った!


追加くださいっ!

体操の田中理恵似(推定40歳)の店員さんに勧められるまま、

男は「猪肉鉄板焼き」をオーダーだ!

うおおおお!!

イノシシうめー!

イノシシの脂身さいこー!

野菜まきまき。

うめー!!

たまらーん!!

男は、ようやく腹八分目になったぞ。


さあ、道の駅・うめー!を、
出発しなくては。

このまま長居しとったら、
惚れてしまうやろ。


立派な橋の向こうには、またトンネル。

今度のは長そうだ。

桑の原トンネル、1600m以上。
でも、ちゃんとチャリ道ある。

ひとりディズニーランドのアトラクションを

満喫してるような気がしないでもない。

あら?

あっという間に、

宮崎県にイン!

宮崎県に入っても、

ちゃんとチャリ道ある。


だいぶ里らしくなってきた。


川沿いに、川の流れのように、ゆっくりくだっていく国道326号。


あちこちに、

沈下橋がある。

やがて、

国道10号に合流した。


宮崎市まで、

100kmを切った。

歩道用とクルマ用のトンネル

クルマ用を選択。

町が近い。

もうすぐ延岡市。新鮮な魚が食えるぞ。

五ヶ瀬川と、汽車。

明日は雨だという。

本日の走行距離、

56km。

トンネル連続区間だった。
トンネル内は衛星電波が途切れてデータ残らないから、
実際には60km前後だと思う。

ホットチョコレートとウヰスキーで、

延岡の夜は更けるのだな。






DAY38 九州 / 大分ー豊後大野 食べ物偏差値高いし濃いし。『日本列島縦断 自転車の旅 2018』

2018年12月09日 | 自転車の旅 国内

急に寒くなりました。
皆さまの町にも初雪降ったりしてませんか?

日曜日の朝だというのに寒すぎて九州大分駅前は閑散としております。

気温4度で出発。

途中で「サイクルベースあさひ」さんを見かけたので

いつの間にか紛失していたエアバルブキャップを購入。

お金はいりません、と。
なんてこったー!

優しすぎるよ大分の「あさひ」さん!
こんど輪行袋とか買うからね!

国道10号をチャリチャリと山へ向かうも、

ご忠告どおり、ご注意いたします。

いや、狭いにもほどがあるやろ。

国道10号沿い、戸次川。

素通りできんろが、土佐の血ぜよ。

理由なんぞないちや。
手え合わせたいがじゃ。

山へ向かう。

トンネル現れたけど、

国道10号はチャリダーに優しい。

今年はね、

佐伯経由、延岡ではないのだよ。

いつも、こっち走ってたけど、
今年は国道57号から国道326号経由、延岡だ。

こっち行くけん。

寒いけんの。

じき冬ながじゃき。

ブンゴーーン!!

豊後大野市。

Bingoonoは、ないんじゃないか?

きょうは

みえ、まで行くかな。
どんな山里だろ。

このあたりは明治期のアーチ橋が多く残っている。

現役ってとこがいい。

見事な杉。

芸術的だ。

ヤバめなトンネル現れる。

この先しばらくコンビニないから、

飲み物買っとこう。

全然平気だった。チャリダーに優しかったトンネル。

綺麗な川だ!

お!

素敵すぎるよクロネコヤマトさん!

名前負けしてない。

お昼頃なのに気温5度。

上から目線な、

看板。

ヒッチ?

雑ぅ〜

濃いいい!笑

みえ。

なんか素敵なことありそう。

みえ!

みえみえ!

道の駅みえ!

いいこと見つけに行くぞ、みえ!

なんだなんだ?

やせうま?

ボクが熱心に写真撮ってたら、おばはん急いで見にきたが、
やせうま。
と呟くなり急速に興味を失ってどこかに行ってしまった。
かわいそうやん、痩せ馬だってみんなから愛されたい。

どうやら地元ではありふれたモノらしいが、

気になる!

結局、この3つをチョイス。

緊急に、
ひとり「井の頭五郎」を開催する!

まずはこちら。

ちずちゃん、いただきます。

おー!なんだこのいい香り!

うめえ!

たまらん。


次は、やせうま。
そもそも、何だろ。

甘いのか、辛いのか。宮尾女性部。

きな粉だぞ。白玉団子の変換みたいだ。

長!きしめんみたいなやつだ。

うま!

これは、たまらん。

おれは痩せ馬、好き。

次はこれ。
スイーツらしいことはわかる。

じり焼き。宮尾女性部。

クレープっぽい。

くるっと巻いている。

うま!

中身は「くりあん」どころか、
栗そのものだった。
生クリームなど混ざり物がなく、リアルに
栗!

うまー!

これは!

なんと贅沢な!

みえ道の駅。
食べ物偏差値高っ!

しばらく滞在して、全品制覇したいぞ。

無駄な抵抗してみた。笑

道の駅のある峠を下ると、三重町。
豊後大野市の中心部だ。

のどかな山里をイメージしていたけど、
思ったよりもずっと都会で拍子抜けした。
モスバーガーとかまである。

でもディープだな。

宿を探しに行こう。

ふれあうぞ。

結局、5度までしか気温上がらす、

寒い1日だったけど、
楽しかった。

宿でコップ酒。体を温める。

本日の走行距離、

37km。

明日は九州山地の峠を越える。




DAY37 九州 / かんたん!国道10号線 自転車の旅 中津ー大分 『日本列島縦断 自転車の旅 2018』

2018年12月08日 | 自転車の旅 国内

かんたん!
かんたん!

あっさり言っちゃった。

中津の朝は寒いな。

もう12月だもの。

名物「中津から揚げ」を腹いっぱい食べて出発だ。

きょうは宇佐神宮を経由して大分だ。

1時間半くらいで宇佐。

アメリカやで。

このへんで装備チェンジ。
さすがに5℃切るときつい。宇佐からは峠を越えるからもっと寒くなる。ヤッケ着て冬用手袋装着。

冬用手袋、タッチ機能が劣化してiPhone使えないけど仕方なか。

鼻水撒き散らしながら、昨年も通った道を淡々と走ったのであった。
昨年のブログ(中津ー大分)

別府まで降りてきたら、
気温10度!

嬉しー!

通天閣!

別府タワー!

遠い山々は

山頂付近が凍ってる。

しばらく走ると、

ビッグ・ペイン・シリ。

あー、去年と同じこと言ってら。

対岸の別府の町が、

なんだか、蜃気楼がかって見える。

冷えたからだね。

かんたん!

国道10号線!

ほら、あそこも!

連呼してるよ!

しかし現実は、

交通量めちゃ多いし、この写真撮ってるときのドライバーの視線の冷たいこと冷たいこと。

酷寒の一日だったな。

最近、体調が思わしくない。
食欲も落ちてきて、今朝も中津から揚げ、一人前しか食えなかった。ご飯も茶碗一杯だ。
やばい。どうした俺⁈

ディープな町を歩いて、めしを探す。

元気が出るめしを食いたい。

いきなり肉食う。身体に「喝」いれる。
でも吐いたら大変なので、1ポンド(約450g)にしておく。

やっぱ赤身肉に限る。
ペロリだった。キロでも良かった。

本日の走行距離、

74km。

寒かったなあ。



DAY35・36 九州 / 国道10号線 小倉(福岡県北九州市)ー中津市(大分県)『日本列島縦断 自転車の旅 2018』

2018年12月07日 | 自転車の旅 国内


荒れた天気が過ぎ去ると冬になっていた。
今朝の小倉(北九州市)は重たい鉛色の空で、北西の季節風がやたら強い。
おおよそ九州らしくない、北日本の日本海側みたいな天気だった。

それでも雨は上がったようなので走り出す。

昨年も全く同じ道を走り、ブログに書いたので、
区間レポートみたいなものは昨年のブログを参照してくれ。

いやいやいや。参ったよ。
都会小倉の市街地脱出をiPhoneMAPに任せたのが間違いだった。

迷走するする。
結局、いつものように周囲の交通事情に合わせて道路案内のとおり国道10号を目指したほうが何倍も早くて確実だった。

最初の1時間は交通量の多い都市部、無秩序な歩道を走る。段差がきつい。

ズボッて挟まりそうな狭い歩道なんかもあるけれど、
1時間以上も走れば徐々に走りやすくなる。

行橋市を過ぎたあたりから状況はもっと良くなる。

行橋市を過ぎたあたりで、

何やらヒミツのベールっぽく。

少し奥に入ってみたら、

えっ!秘密基地?

うおー!

きたーーー!!!

かっちょええーー!!

ゴオオオオーー!!!!

着陸も、

あの、パラシュートみたいなの

ほんまに使うんやね。

別に、

秘密基地じゃなかったみたい。

空が、

暗いなあ。

寒くて寒くて固まりそうだ。

豊前市「おこしかけ」にて、

寄り道する。
亜鉛の補給したいので。

大粒アサリたっぷりー!

名物「貝汁」

アツアツだ!

自撮りはいいから、
早く食べたい!

わー生き返ったー!

まもなく中津市が見えてきた。

根拠のない擬似天守らしいが、
風景に映える。

きょうはとうとう10度に届かなかった。
寒かったわけだ。

本日の走行距離、
52km。