☆・☆・☆富貴屋倶楽部☆

◆時事ネタや、我が家の出来事、感じた事を書き込んでいます。



◆ 宇宙飛行士ガガーリン大佐は、「地球は青かった」とは言っていない?!

2013年06月16日 | ▼宇宙

 今朝、チャンネルを切り替えていたら、1913年の「春の祭典」というバレーの為の楽曲について語り合う内容に興味を持ちました。
 リズムが、ロックの乗りに通じ、クラシックの指揮者泣かせで、失敗した指揮者もあったとか。
構成は、春を迎えたある2つの村同士の対立とその終息、大地の礼賛と太陽神イアリロの怒り、そしてイアリロへの生贄として一人の乙女が選ばれて生贄の踊りを踊った末に息絶え、長老たちによって捧げられる、という筋と、ウィキペディアにありました。
上演されたバレーも斬新過ぎて、顰蹙を買ったそうです。
その有様は、下記の映像で。
『春の祭典』( ロシアの作曲家イーゴリ・ストラヴィンスキーがセルゲイ・ディアギレフが率いるバレエ・リュス(ロシア・バレエ団)のために作曲したバレエ音楽。)
 1913年に完成し、同年5月29日に初演された。
20世紀の近代音楽の傑作に挙げられる作品であり、複雑なリズム、ポリフォニー、不協和音に満ちていて、初演当時けが人も出る大騒動となったことで知られる。
   その有様は 映画で再現されています。
映画「シャネル&ストラヴィンスキー」
に見る、「春の祭典」初演 再現映像


  ・背景にニコラス・レーリヒの背景画を再現しています。
、       最近は薄手のタイツの群舞で表現されているようです。
                             

▼本題
 宇宙飛行士ガガーリン大佐は、「地球は青かった」とは言っていない、との発言もあり、
私は初めて知りました。
 調べてみましたら詳しく調べているブログがありました。参照記事
・引用「交信記録を見ると、ガガーリンは9時10分に、地球が見える様子を語っています。
ただ、これはまだ大気圏内で荷重に耐えながらの言葉。
周回軌道に乗ってからの9時21分「のぞき窓を通して地球、空、地平線を眺めています」が、人類が宇宙からの地球を眺めを語った最初の言葉と言えるのかもしれません。

さて、肝心の<地球は青かった>に関する言葉ですが、9時27分に語っているのですね。

「地球の縁、地平線の際は非常に美しい青い光の輪になっています。この光の輪は地球から離れるにつれ、暗くなっていきます。 По краю Земли, по краю горизонта такой красивый
голубой ореол, который темнее по удалению от Земли.」

ガガーリンが感じた青は、シーニーではなくガルボイでした。
(注・ロシア語には「青」を表す単語が2つあり、「синий(シーニー)」と言って、英語では blueもしくはdark blue。
もうひとつは「голубой(ガルボイ)」と言って、英語では light blue、sky blue、もしくはblue)
ですが『地球という惑星が青かった』ではなく、宇宙空間との境い目の大気の層が青く見えたことを語っていたのですね
又、ガガーリンはプラウダに連載した『ダローガ・フ・コスモス(宇宙への道)』の中で、地球の夜の面から昼の面へ飛行する時に地平線上に現われる色彩の美しさに感嘆し、
ニコライ・レーリヒの絵のようだと語りました。
 とあります。
  ▼ 思想家で画家のニコライ ・ リョーリフ(ロシア読み) バーチャル博物館
  下方のニコライ・レーリヒの肖像画をクリックすると、彼の絵画を見ることができます。
         
  ▼彼・ニコライ・レーリヒが提唱した 平和のマーク 
 ▼6月18日追記
 ・「地球は青かった」は「地球は優しく光る淡い水色だった」 ブログ・Cool Cool Japan !!!より
コメント (2)

◆ 若田宇宙飛行士「おもしろ宇宙実験」(その1)

2009年05月19日 | ▼宇宙
若田宇宙飛行士の宇宙船内での実験の様子です。
・ラジオ体操 ・バック転 ・リフティング ・腕立て伏せ
・側転 ・クロール ・スピン(回転)を、実験。
その様子は、下記動画で再生できます。
http://iss.jaxa.jp/library/video/omoshiro_090427.php「宇宙航空研究開発機構(JAXA)提供
※読み込みに時間がかかります。
楽しそうな、若田宇宙飛行士をどうぞ。
2009.4.27

 国際宇宙ステーションに滞在中の若田光一さんは27日、アイデアを公募した「おもしろ宇宙実験」を日本実験棟「きぼう」の船内実験室で実施し、無重力では簡単にバック転や側転ができる様子が、宇宙航空研究開発機構筑波宇宙センターに中継、公開された。
 若田さんは、地上の運用管制官とやりとりしながら約30分間、10種類ほどのテーマで実験を披露した。バック転を何度も試みたが、天井や壁、床に何度も手足がぶつかり、バランスを取るのが難しそうな様子。「回転する時に頭に血が上る感じがします」と感想を話した。
 また、腕立て伏せは「片手でも指1本でもできます」とやってみせたが、空中クロールでは、腕を回すとその勢いで体の方も回転してしまい、やりにくそうだった。
コメント (2)

◆  若田宇宙飛行士「おもしろ宇宙実験」(その2)

2009年05月19日 | ▼宇宙
 若田宇宙飛行士の「おもしろ宇宙実験」(その2)です。
今回は、・衣類をたたむ ・魔法のじゅうたん ・水鉄砲 ・目薬
を実験。
その様子の動画は下記でご覧下さい。(読み込みに時間がかかります。)
http://iss.jaxa.jp/library/video/omoshiro_090515.php宇宙航空研究開発機構(JAXA)提供
5月18日16時42分配信 時事通信
宇宙の「魔法のじゅうたん」はサーフィンのよう。宇宙航空研究開発機構は18日、国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在中の若田光一さん(45)が行った「おもしろ宇宙実験」の動画を公開した。
 青いユニフォーム姿で日本実験棟「きぼう」に現れた若田さんは、畳1枚分ぐらいの白い布の上に立ち、両手でバランスを取りながらサーフィンの要領で見事に飛行に成功。若田さんは「足がじゅうたんから離れないように、足の裏とじゅうたんをテープで取り付けて飛んでみました」と種明かしした。
 このほか、宇宙で目薬を差したり、水鉄砲を撃ったりする実験にも挑戦。容器の先端に無重力で球形になった目薬の水滴を作り、目に押し付けるように差す無重力ならではのやり方を紹介してみせた。
コメント

◆ 19日に「尿まで飲料水に!」と感激のブログ書いたのに…

2008年11月23日 | ▼宇宙
≪宇宙ステーションで水不足?再生装置が故障
2008年11月22日(土)13:07
【ワシントン=増満浩志】国際宇宙ステーション(ISS)で21日、尿などの排水を浄化して飲み水に変えるために試運転中の「水再生装置(WRS)」が起動後、2時間で停止した。
WRSは、来年5月からISSの滞在要員を倍増させるのに不可欠な装置。
20日に起動したが、すぐに停止。21日の再起動でも連続稼働はできなかった
ISSに27日までドッキング中の米スペースシャトル「エンデバー」が、この装置で再生した水を分析用に地上へ持ち帰る予定になっており、米航空宇宙局(NASA)は原因究明を急いでいる
エンデバーの帰還までに装置が回復しなければ、水質の初分析は次のシャトルが飛ぶ来年2月以降になり、人員倍増計画への影響も懸念される。
ザンネン!早く原因を究明して、「水の再生」の実用化を!!!
コメント

◆ 尿までも飲料水になるんですって!

2008年11月19日 | ▼宇宙
宇宙関係の技術開発は凄い!処理をすれば、全てがO.K.!
開発された技術で、この地球の今の水不足が解決される日が、近い事を祈ります。
それにしても、尿・汗・歯磨きの排水まで、飲めちゃう時代が来るなんて…
見届ける為にも、長生きしなくっちゃあ!

以下がNASAの会見でわかった事です。


「尿を飲むなんて汚いと思う人もいるかもしれないが、適切に処理すれば、この地球で飲まれているよりも清潔な水が作れる。
無重力の中で尿から不純物を取り除くためにまず蒸留プロセスを利用する。不純物を除かれた水はその後、シャワーやひげそり、歯磨き、手洗いなどで出る排水や、宇宙飛行士の宇宙服の内側に溜まる汗や水蒸気と一緒にされる。
そして、これらの再生水は処理装置を通り、気体や固形物(髪の毛、糸くずなど)を除去される。さらに、高温の触媒反応によって残りの不純物もすべて取り除かれる。」

コメント