たなっぺのあーだこーだ

時々興味のあることについてかいています
視聴率やアイス、ゲームの話題などが中心です

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

原発の必要性で意見分かれる

2011-03-26 10:41:29 | ニュース
原発の必要性で意見分かれる NHKニュース

福島第一原子力発電所の事故を受けて、NHKが原発の必要性で意見分かれるアンケートを行った結果、原発の必要性について大きく意見が分かれ、これまで安全の確保を前提に原発を受け入れてきた周辺住民の複雑な心境が浮き彫りになっています。
NHKは今月22日から24日にかけて、福島県内の避難所と県外に避難した住民あわせて104人を対象に、聞き取り方式でアンケートを行いました。このうち、今回の事故を受けて、原発の必要性についてどう考えているのか尋ねたところ、「まあ必要だと思う」と「必要だと思う」があわせて52%となっている一方で、「それほど必要だと思わない」と「必要ない」があわせて47%と、原発に対する評価が大きく分かれました。評価が分かれた理由について、住民からは「地域経済は原発に支えられている」という意見がある一方で、「安全だという国や電力会社のことばを信じてきただけに裏切られた。危険な原発はもういらない」という声も目立ち、これまで安全の確保を前提に原発を受け入れてきた周辺住民の複雑な心境が浮き彫りになっています。また、今回の事故に対する国や自治体の対応について尋ねたところ、「評価できる」と「ある程度評価できる」があわせて14%だったのに対し、「あまり評価できない」と「まったく評価できない」があわせて66%と、国や自治体の対応に厳しい目が向けられています。

というわけでNHKのアンケートで原発の必要性について意見がわかれたようです。福島県内の避難所と県外に避難した住民あわせて104人を対象にしたようです。必要よりの意見が52%、不必要よりの意見が47%となりまっぷたつですね。
理由としては必要側は「地域経済は原発に支えられている」不必要側は、「安全だという国や電力会社のことばを信じてきただけに裏切られた。危険な原発はもういらない」と言う事のようです。

コメント   この記事についてブログを書く
« 3月25日(金)のつぶやき | トップ | 3月26日土曜日放送ケロロ軍曹... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ニュース」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事