見出し画像

東京都南青山|おおした鍼灸院

あなたはココにいていいんだよ

小樽の美味しいお寿司をいただきながら、

美味しい料理とお酒に、少々酔っ払ってしまいました

温かい方々に囲まれて、嬉しい時間を過ごすことができました

皆さんありがとうございました(^^♪


「生きてくれてるだけでありがたい!」
このように思うようになったのは、私の不注意で子どもに大きな怪我を負わせてからでしょうか。

それ以前は、正直子育てに積極的に参加していなかったと思います。

出発点が子どもが生きるか死ぬかから始まってるので、子どもにこうなって欲しいとかは全くありません。

子どもがどんな生き方見つけてくれるのか、楽しみでしかありません。


子どもは預かりもの
2013年01月11日 | 子育て・小児はり

子どもって神様からたまたま預かっているだけの存在だと思っています。

ですから社会で生きていけるようになるまで、年長者として生活を教えるだけ。

「私が出来ること限られてるけど、尻拭いは私がやるし、やりたいことあれば挑戦してみんさい!」

…ってな感じなのです(なかなか難しいですが…)

 

子どもは子どもなりに考えているもの。

関われるのは中学くらいまででしょうか。

高校なったらこっちからは構わないし構う事なんてできないです。

関わりたい時はあっちから言ってくるから、それまで辛抱。 

親を見たら子がわかる^^;
2015年04月23日 | 子育て・小児はり

加藤諦三先生の著書に

「子どもに対する最大のプレゼントは親の積極的な関心」

という言葉がありました。


積極的な関心…

これまたなかなか難しいですが、こっちが必死で関心を持とうとすればするほど鬱陶しく感じるもの…

いつも見守ってるよ!というサインだけは出し続け、あとは相談を受けた時に話をする。それでいいのではないかと思うのです。

 

それ以外は話も適当に世間話に終始するだけ…

「あんたが何もしなくても何もできなくても、ココにいてくれるだけでいいんだよ!」

的なオーラで。


あなたの居場所はココにあるからね!

これ、とっても気にしてるところです。

親が提供できるのは、アドラー曰くの所属感くらい…

親が何をやろうが何もしないでいようが、子どもは子どもなりに育ちます。

こうなって欲しい…っていうは親の欲…

どんな未来をつかむんだろう?っていうドキドキワクワクで見守りたいなぁ…って思ってます。

 

それぐらいの気持ちで子育てしたらいいのではないかと思うのです。


ランキングに参加しています!

名前:
コメント:

※文字化け等の原因になりますので顔文字の投稿はお控えください。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

 

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「子育て・小児はり」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事