東京南青山|おおした鍼灸院のブログです

刺さない針で優しく治す。妊婦さんやお子さんも心地よく。2004年外苑いちょう並木近くに開院。浅刺接触経絡鍼灸治療院です。

親を見たら子がわかる^^;

2015年04月23日 | 子育て・小児はり

治療院のリフォームを考えてて、見積もりをとってもらったり、患者さんにも相談にのっていただいたりしているのですが、「先ずは片付け必要ね!」ということで片付けの本を貸してくれたり、動線考えてくれたり…

みんなやさしい!

本当にありがとうございます(^.^)


とりあえず図書館で断捨離とか話題のコンマリさんの本とか借りて(すみません購入しなくて^^;)片付け始めると出るは出るはゴミの山…


治療関係の本とか資料とか…

いつか読む、は絶対読まない!

必要最小限の資料だけ残して、わからなかったら先輩や友達に聴く!

それで対処します

だから皆さんよろしくです(^.^)

 

で、片付け始めると気持ちもすっきり!

治療の合間におこなっているのでなかなか前に進みませんが、皆さんもう少しお力お貸しくださいまし!!


ということでブログ等が滞りがち

すみません


そういえば最近多い子どもの「吃音」の治療

ブログとかで宣伝したつもりはないのですが、誰かが紹介してくれたのかな?


昨日の治療で一旦終了したお子さん

4月2週目に2回来院

それでだいぶよくなって、3回目の治療を1週間後としたのですが、その日調子を悪くし、2週後の昨日来院


とてもよくなったとのこと!!

「結構悩んでいたんです。だからもっと早くくればよかった!」って、嬉しいお言葉ありがとうございます


一過性の吃音はだいたい直るのですが、長く症状が続く場合も多いです

「なかなかよくならないなぁ…」と心配になって来る方が最近増えています


積極的なお子さん、あれもこれもやりたいんだけど、完璧を求めるのか、お遊戯会とか発表とか、人前でのいろんなこと、つい頑張り過ぎちゃう!

それで思った事がうまく言えないようになる


長く続くとお友達に真似されて、それも嫌で、益々焦ってしまう

そして益々症状が改善しない…


東洋医学的に言えば脾と腎の関係、もしくは脾と肝の関係が圧倒的に多い…と思います

皆さんどう??

特には実的所をどう処理するか…かな?

「腎実」(旺気かな?)を睨みつつ脾の気を元気にする、っていうのが治療の本筋になること多いです


あっ…

チックに吃音、貧乏揺すり、髪の毛をむしる、爪を噛む……

周りが見える頑張り屋さんは、必ずどっかでイライラしてしまいます

親としては何もないまま大きくなってくれたらいいんだけど

「何事かをなす」子は大きく羽ばたこうとするからね

どっかに歪みが出るのは当たり前

症状を喜んで!とは言いませんが、大きく構えてもいいんじゃないかと…


ということで子どもが続いているので、患者さんとのやりとりで思ったことを少しだけ…

 

保育士さんが以前、「子ども達が家の様子を逐一言ってくるのよね」なんて言って、はっとしたことがありました。

うちの子も、あることないこと幼稚園の先生に話をしていたのではないかと…^^;

 

話す内容だけでなく、その行動から家庭の事が色々と推測できる、とのことでしたが、確かに子ども達って正直だから、言動に出て当たり前


でも、その正直さが裏目に出て、親からあれダメこれダメと制限をされてしまう子も…

小さい時はあんなに快活だった子が、何年かぶりに話をしてみると、私の顔色を伺いながら話をしてたり…

そんな子だったっけ??

それでチョット複雑な気持ちになってしまったり(T_T)

 

子どもも色々あるわけで

大きくなるにつれ、不安や恐れも大きくなる

そんな時、親にできることってなんだろう??

 

加藤諦三先生の本に

「子どもに対する最大のプレゼントは親の積極的な関心」とありました

これは本当にそうだと思います

とにかく子どもに関心を持つ

やることなす事すべてに関心を持つ

子どもを肯定し続けると、自分からすすんで積極的に動くようになるって言うけど、確かにそうなる(^^♪

 

うちは子どもが4人いるので、他にも気をつけてることがあります

それは「えこひいき」しないこと


短気にのん気、積極的な子に消極的な子。コミュニケーション能力も色々だし、思考回路も理論的とか直感的とか

とにかく同じお腹から生まれてきたのに、出てきた子は皆違う(当たり前だけど、それを当たり前に対処してない場合多し^^;)

 

短所を挙げればきりがない

長所を挙げてもきりがない

同じ「きりがない」なら長所を挙げ連ねて褒め倒す方がいいじゃない!

…ってな感じです

 

一人ひとり、子ども達に優劣をつけないっていうこと…

これ、意外と難しい…

意識しておかないとなかなか難しい…


えこひいきしないために、小さい時はできるだけ1対1で食事をしたり、外に連れ出したりする機会を作ったつもりですが、本人達はどのように感じているのかなぁ…

ただ、今のところ、お互いを尊重できるようになってはいるのではないかと思える事も多いので、様子見でよいかと思ってます


当たり前だけど、子どもってもともと自分本位で利己的で、ワガママ

でも、それがホントは健全なこと


小さい時からシツケと称して子どもをがんじがらめにしてしまうと、その子の持つ本来の特性が消えてしまうことがあるかもしれません

シツケが功を奏してステキな子どもになる場合もあるけど、そうでなかった子は地獄です

 

だから子どもの観察はとっても大切

これ、親にしかできないです


本当は鷹なのに、アヒルのように育てるとか

蛇なのにニワトリのように育てるとか…

そんな事をしたらその子が苦しいどころか、親を食ってしまうかもしれません


その子がどういう子なのか…

シツケとかなんとかは後でもいいかと…

小学校にあがれば嫌でも競争の中に身をおくことになるわけ

そっからでもいいんじゃないかと思うのですが、それって遅い?甘い事?


とりあえず、シツケに関していえば、親がやってれば子はちゃんとやってます

挨拶でも道徳的な事でも、親がしていれば、子はそれにならってちゃんとやります

「うちのこ外でチャンとやってるか不安なんです」っていう人もいるけど、親が一緒だからやらないだけ、っていう子、多いです


親が挨拶やら何やらを子どもの前でやっていれば、子どもは親のいないところでチャンとやっている


親の言うようにはしないけど

親のやるようにはする

(だれが言った言葉??多分加藤諦三先生?)

 

ということで

「子をみたら親がわかる」

という恐ろしい(笑)お話でした~(^^♪

 

私も気をつけなくっちゃ!

おおした


昨年の今日書いたブログがこれ

膝痛とバランスディスク

2014年04月23日 | 健康


2013年の今時分のがこれ

元気になりたかったら元気な人といるようにしよう!(リウマチ勉強会に参加して)

2013年04月23日 | 健康

なかなか直らない逆子ちゃん…

2013年04月22日 | 安産・逆子


フォームからのお問い合わせ

こちらから 
https://ssl.form-mailer.jp/fms/3d064f19391582

コメント   この記事についてブログを書く
« 「子育て楽しんじゃえ!」っ... | トップ | 逆子とわかったらの方が早め... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

子育て・小児はり」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事