猫と旅のアルバム

マンチカンの圭佑との日々
ヨーロッパをひとり旅

それらの写真を
ここに残していきたいと思います

セーヌ河口にある古い漁港オンフルール(Honfleur)

2016-08-01 08:08:08 | フランス(モンサンミッシェル含)サッカー



ノルマンディー地方セーヌ河口にある小さな港町オンフルール(Honfleur)

印象派画家たちがスケッチに訪れた町としても有名な港町です。



多くの先人たちが絵画や写真に収めた風景です。



ポストカードなんかで目にしたことがある方もいらっしゃると思います。

港沿いに散策をしていきます!



散策をしているとアトリエやギャラリーが多い!





漁港といっても漁船ではなくヨットやクルーザーばかり↓





海の博物館



お店の建物もかなり古いですね。



港を背に市街の方に向かいます。







ケーキ屋さんやワインのお店。





こちらでも絵画が売られています。







小さなお店が並んでいます↓



お肉屋さん



特に有名な建物があるわけではないのですが
多くの芸術家たちに愛された港町を散策していきます(*^_^*)



「スカウスハウス」さんの「リヴァプール・ニュース(NLW)」では
「おともはアプリ! ~ドイチェバーン気ままにひとり旅~」 No.644に更新しました!


7月19日更新の<NLW No.644>では
■第23話《ベンツのタクシーでポルシェ博物館へ》■
■第24話《青空の街をお散歩》■
を読んで頂けます!
メルセデスベンツミュージアムだけじゃない!「ポルシェミュージアム」も楽しい空間ですよ(*^^)v

シュトゥットガルトの「ポルシェミュージアム」の写真はこちら



芸術家達に愛されたオンフルールの港町にポチッと





『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント (8)   この記事についてブログを書く
« そんなに簡単に奪われるわけ... | トップ | 先回りが早すぎて飽きました! »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (あんずミャミャ)
2016-08-01 12:29:42
かわいらしい建物が並んで
とっても絵になりますね。
芸術家でなくても
目を止めてしまいますね。

絵心があったら
こうした場所で絵を描いてみたいです。
Unknown (amesyo)
2016-08-01 14:54:03
港町は見て歩いてるだけで
何でか嬉しくなります
おいしいお店を見つけてランチもいいですね
小さなケ-キ屋さんでおいしいケ-キを
散策するだけで絵の中に溶け込んでいるようですね
あにゃあ (harry)
2016-08-01 16:07:11
なんか素敵な町並みだねぇ。
散策するだけで楽しそう。
Unknown (hana)
2016-08-01 16:26:40
確かに、この風景は見たことがあります!
どこを切り取っても ステキな絵になりますよね~
お店もお洒落でいい雰囲気です
ここで買ったら お肉もお菓子もきっと美味しいのでしょうね
Unknown (猫娘)
2016-08-01 21:16:52
ノルマンディー地方の小さな港町
その言葉の響きだけでもうっとりだよね〜
絵なんか描けないあたしですら
キャンバス片手に座ってみたくなるもん!
Unknown (chika)
2016-08-02 06:23:20
わ~この風景だけでもなんだか油絵を見てるみたいね。
素敵だわー。風情もあるし。
建物が縦長でいいですよね。

窓に可愛いお花がついてるのも絵になるな。
ケーキ屋さんも外側からこうやって見えるのがいいですね。
ぶらっと散策だけでも良さそう
Unknown (nonokikichai)
2016-08-02 06:25:29
度の写真もポストカードのような
素敵な写真。o@(^-^)@o。
写真を撮るのも絵を描くのも
構図を考えるのがわくわくする風景って
いいですよね〜 (*´ェ`*)ポッ
Unknown (やらいちょう)
2016-08-02 07:39:50
芸術が身近にあるんですよね。
特別なものではなく
生活に密着している感じ。
港がどこを見ても画になります。

コメントを投稿

フランス(モンサンミッシェル含)サッカー」カテゴリの最新記事