「困った時はお互い様」    

NPO法人「ドネーションシップわかちあい」事務局ブログです

タイの生き直しの学校を支援する会より

2020-08-29 10:59:11 | ドネーションシップ
※タイの生き直しの学校を支援する会より
報告のメールをいただきました
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ご無沙汰しております。さて、私たち「タイの『生き直しの学校』を支援する会」に寄付いただいていたお金を、3月に重病になった両親の所在不明の子どもの治療にと10万円を送金していましたが、今年のツァーが中止となったため、有効に使えないままでした。そこで、新型コロナウイルス対策で苦しむ財団に、今こそ力になろうと、残る40万円を昨日財団に送金しましたので、報告いたします。
以下は、支援する会メンバーに送信したものです。
コロナで困難な状況にある財団の力になることができましたので、ここに改めて厚くお礼申し上げ、報告させていただきます。ありがとうございました。

<報告>
ドゥアン.プラティープ財団(DPF)は8/31に創立42周年を迎えます。
この半年、タイでも新型コロナウイルス感染の広がりで厳しい状況に直面しています。クロントイでも屋台など日雇いの仕事がなくなって生活に困窮する人たちが続出し、こうした人たちへの支援と、スラムの中での感染の予防にDPFは全力で取り組んできました。
この取り組みには多くの資金が必要になりますが、コロナの影響でタイ経済も大きく落ち込み、DPFへの寄付が激減しています。そこで、少しでもDPFの活動を支援するために、昨日支援する会からの支援金40万円を送金しました。
この支援金の原資は、京都のNPOドネーションシップわかちあいが、私たちの活動に共鳴して寄付してくれたもので、本来なら今年のスタディ&ワークツァーの時に渡すものでした。今日、DPFから感謝の気持ちと領収書がとどきましたので、みなさんにお知らせします。今後もDPFとのつながりを強め、頑張りましょう。
**************************************************

昨年12月に寄付をさせていただいた時に
コロナ禍といわれる今の事態を想像もしていませんでしたが
国境を超えて
庶民から庶民へのお互い様の気持ちを届けることが出来ました!
同じ人間として、タイで生きる人々に心を馳せています
わかちあいに賛同いただいた皆様、ありがとうございました!

タイ最大のクロントイスラム↓
http://www.dpf.or.th/jp/autopagev4/show_article.php?auto_id=3
新型コロナウィルスの感染拡大は、最も貧しい人々を直撃しています


コメント   この記事についてブログを書く
« 7月豪雨の被災地へのお米の提... | トップ | 福島ひまわりプロジェクト~... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ドネーションシップ」カテゴリの最新記事