Humdrum++

ツリオヤジのメタシンな日々 ~ 沖釣りの他、お酒、Bグル、温泉、ロックなどノージャンルな話題でいかせてもらいます。

とんかつ大学 イオンフードコート港南台店

2018-10-23 06:10:23 | 丼/寿司
港南台のダイエーがついに消滅。港南台駅が開設されてから、港南台センターバーズと共に近隣住民の買い物を支えたダイエーが無くなる日がくるとは思いませんでした。盛者必衰の理のとおり、、、高校生の頃にバイトしてた頃が懐かしい。 後に入ってきたのは、イオン。国内スーパーでは現時点で最大手でしょうか。ジャスコとかあまりなじみなかった店舗なのですが、この業界も移り変わりが激しいですね。 どんなものか、t . . . 本文を読む
コメント

Toscar Hillside Vineyard Tempranillo 2015 ~ アオリイカ

2018-10-22 07:54:07 | 葡萄酒
トスカール ヒルサイド テンプラニーリョ 2015Toscar Hillside Vineyard Tempranillo 2015お国:スペイン葡萄:テンプラニーリョ輸入者:リードオフジャパン株式会社販売者:コープかながわ価格:1000円弱 軽めのテンプラニーリョは、一杯だけの貴重な釣りたてアオリイカで。 一杯まるごと刺身盛り。 鹿の子を入れて料亭っぽく。 毛細管現象で醤 . . . 本文を読む
コメント

爆風スランプ、東京湾アオリイカ

2018-10-21 14:51:01 |  釣りレポ 2018
昨日のアオリミッションは激ノリで画撮りもバッチリ。しかしながら、あんまり竿出す時間がなかったこともあり、アオリを乗せたあの感触は味わえず。 そんなわけで、鴨居アゲイン! いつもの道具。昨日は取舵の胴でしたが、今日は面舵の胴、サイドチェンジでフレッシュにいきます。 いつもの餌木。今日は撮影よりも、釣ることを優先します。人数も昨日よりはだいぶん少ないので、余裕のよっちゃんイカで顔が見 . . . 本文を読む
コメント (2)

Le Bistrot de Jules Vin De France Red ~ カワハギ、フエフキダイ、タチウオ

2018-10-21 04:40:47 | 葡萄酒
ビストロ ド ジュールズ 赤Le Bistrot de Jules Vin De France Redお国:フランス輸入者:株フィスコ※いただきもの 年老いた母親の近所のおじさんが釣り魚のお礼とくれたワイン。すっきりした飲み口のテーブルワインです。 カワハギの肝和え。糸造りにしたカワハギに、湯せんした肝を裏ごしして振りかけます。ラーメンの背脂ちゃっちゃみたいなもんで、まさに肝脂ちゃっち . . . 本文を読む
コメント

鴨居でも開幕、アオリイカ

2018-10-20 14:57:09 |  釣りレポ 2018
本日のミッションは、鴨居のアオリイカ!きよし丸が先週からアオリ乗合を出船したので、さっそく駆け付けました。 久しぶりの鴨居港、早春のマルイカ以来です。 この日は初めての人も多く、船はいつになく盛況。朝ごはんに悪魔のおにぎりを食べながら出船準備ですよ。 いつものタックル。 いつもの餌木。 まずは近場の観音崎前から開始。陸っぱりの釣り人の狙いもアオリでしょうか。さらに大貫沖~ . . . 本文を読む
コメント

すき家 横須賀衣笠店 / 4種のチーズドリ牛 + カレーとん汁

2018-10-20 04:42:53 | 丼/寿司
長井のカワハギ釣りの後、小腹が空いたのですき家に。 衣笠ICの近くにあるすき家は、釣りの行きも帰りも寄るには重宝します。 おめあてはこちら。ラクレット、グリュイエール、ゴルゴンゾーラ、レッドチェダーと、フランス、スイス、イタリア、イギリスと各国のチーズが入ったドリアみたいな牛丼です。3種のチーズ牛丼のパワーアップ版でしょうか。 カレーとん汁フェアも開催中。すき家、かつてのC級グル . . . 本文を読む
コメント

古登葉 [大和市] ~ 深場釣師がシマアジパーリー

2018-10-19 08:06:53 | 飲み屋
泣く子も笑う深場軍団、TEAM NOHATAの面々ですが、ここ最近は深場の調子がいまいちのせいか、泣く子も笑う青物軍団に看板を変えているらしいです。 そんな中、シマアジ激釣の報が入り、宴会開催決定。わたしもご相伴にあずかりました。 お店はいつもの古登葉。 とりびー。 お通しも美味しいお店です。 いきなり出てきました、ウルフ焼き。シマアジの焼き物、間違いのない旨さです。 . . . 本文を読む
コメント

長井のカワハギ、トーチュウが取材

2018-10-18 15:17:44 |  釣りレポ 2018
この日はトーチュウ(東京中日スポーツ)のカワハギ取材が小見山丸にて行われるそう。しかし、平日のせいでお客さんの集まりが悪いとのこと、ライターははちまきパイセン。長井のカワハギは今シーズンに行っておきたかったところ。そんなわけで、長井新宿へGo!! 前日は飲み会でしこたま飲んだのですが、今焼酎のロックで統一しておいたので、目覚めはすっきり。二日酔いの心配もなく出船です。 ロッドは前回から . . . 本文を読む
コメント (2)

丸亀製麺 横浜栄店 / 冷ぶっかけ(大)+かしわ天

2018-10-18 04:32:42 | そば/うどん
ちょっと遅めのランチはおうどんで。 駐車場が広いので重宝している丸亀製麺栄店。夏に戻ったような暑い日だったので、冷たいうどんが食べたいな。 冷やしぶっかけの大盛り390円にかしわ天140円をチョイス。ぶっかけには、しょうが、ねぎ、天かす、ごまをたっぷりと乗せていただきます。 かしわ天はボリュームたっぷり。 さくっと食べて、ごちそうさま。 かわら版をゲット! うどん札 . . . 本文を読む
コメント

藤山屋 [港南区] / タンタンやきそば+半チャーハン

2018-10-17 06:14:04 | やきそば
環2を走っていて、ここいらでランチにしますか、とお店探し。 やってきたのは、ガテン系のお兄さんたちに大人気の藤山屋。 なににしよかな、、と、メニューを探して目についたのが、やきそばラインナップ。なんと、タンタンやきそばがあるじゃないですか。 タンタンやきそばといえば、湯河原町が町興しのために考えたやきそば。しかし、いまいち盛り上がりに欠ける感は否めず、微妙なご当地メニューになっている . . . 本文を読む
コメント

エチオピア ビーフカレー 激辛

2018-10-16 06:46:32 | レトルトカレー
エチオピアは神田小川町にあるカレー屋さん。 レトルトカレーでも出ているので買ってみました。が、前に食べた覚えがあるような、、 辛さ2倍相当のは別にあるんですね、これはこのとき食べていました。今回のは、辛さ10倍相当。 野菜やら手羽先やらいろいろ余っていたのでご飯にのっけて。 完成。 ざらりどろりとしたルーはトマトでしょうか、やや酸味があるカレーです。10倍相当と言って . . . 本文を読む
コメント

神出鬼没のタチウオ、シーパラ前15mに出現

2018-10-15 12:48:57 |  釣りレポ 2018
私がタチウオ釣りを始めた昭和の時代、八景の船は観音崎や久里浜まで行かず、真沖50m前後で釣っていました。餌は使わず、カットウ針を使った和製ジグをひたすらしゃくって落としての繰り返しで、でかいタチウオが釣れます。それも専門に狙うのではなく、ちょっとお土産でタチウオ釣って帰ろうか、というノリでした。 時が過ぎて釣り場は遠く深くなって餌釣りが主流に、さらに舶来ジグによるジギングも広まり、夏場は大貫沖の . . . 本文を読む
コメント (4)

お茶ノ水 大勝軒 復刻版カレー

2018-10-15 04:39:02 | レトルトカレー
スーパーで見つけたS&B神田カレーグランプリシリーズ。大勝軒のはまだ食べたことないので買ってみました。 もりそばで有名な大勝軒のカレーです。 賞味期限切れのハムがあったので、ハムエッグをあしらってみました。 ごく普通に美味しいカレーです。特徴がよくわかんない、、豚肉がしっかりと角切りで入ってるくらいかな? 製造は長野県。 [お茶の水 大勝軒]東京都千代田区神田小川町3-1 . . . 本文を読む
コメント

PureAnglers 2018 第10回(#43) - 東京湾ひとつテンヤ教室 [後編]

2018-10-14 16:07:17 | PureAnglers釣り教室
前編からの続きです。 まずは浅場のイシダイポイントから探ります。18mほどの水深なんで、底立ち取りやしゃくり方の練習。しかし、潮が早い。こりゃ今日は苦戦しそうですよ。 その後のコースは、浅場でマゴチ狙い、30-40mのマダイ本命ポイント、また浅場、というローテーションでした。 ホウボウ! ヒラメ! 直後にホウボウ! イネゴチ! ホウボウ! マゴチ! カ . . . 本文を読む
コメント

PureAnglers 2018 第10回(#43) - 東京湾ひとつテンヤ教室 [前編]

2018-10-14 16:07:16 | PureAnglers釣り教室
次世代アングラーに釣りの楽しさを伝承する、愛と勇気の釣り教室、PureAnglers !!2018年の第10回は、教室では初の釣り種目、ひとつテンヤ五目ですよ。出船は小柴港の三喜丸。さて、どういう釣りになるでしょうか? 朝はぽつぽつ雨模様、たいした雨でもないし、出船するくらいには止みそうなので問題ナッシングです。 本日のチャレンジャーたち。 クルーザータイプの大型船をチャーターで . . . 本文を読む
コメント