まちづくりはFeel-Do Work!考えるより感じよう、みずから動き、汗をかこう!(旧“まちづくり”便利帳)

まちづくりの支援者から当事者へ。立ち位置の変化に応じて、実践で培った学びの記録。もう一人の自分へのメッセージ。

ファッション誌に見る地方の魅力

2010-06-19 11:35:32 | Personal Views
よくも悪くも時代の流行を映すファッション誌。
1999年に創刊された『ソトコト』を機に、エコでスローなライフスタイルをテーマとした雑誌『ku:nel』(2002年)、『Lingkaran』(2003年)、『Brava!』(2004年)…と相次いで創刊。今も粘り強く続くものもありますが、残念ながら休刊となったものもあります。
雑誌媒体の構造不況という側面もありますが、流行り廃りも否めません。

そんな中、ここ数年目につくのが「地方」。
『月刊 田舎暮らしの本』(1987年創刊)は別格ですが、旅行雑誌でもない普通の一般誌が「地方特集」をする傾向が、2007年頃から見られるようになりました。2008年には「日本の魅力を再発見する」をコンセプトとする雑誌『Discover JAPAN』が創刊されています。
私が知るだけでも、↓こんなにあります。
既にバックナンバーが売り切れた号でも、島・離島特集などがあったこともしばしばですし、雑誌『Pen』では地方都市マップ特集なども通例になっています。

それぞれの内容は、宿や地方土産等の個店(点)を紹介したものもあれば、エリア一帯(面)を取り上げたもの、地方の文化を束ねて日本の魅力として紹介するものなど千差万別ですが、共通点としては、大都市のような効率や合理性とは異なる論理で形勢されたリアルな魅力ということに尽きるように思います。
実体験を伴わない情報ばかりが氾濫し、短期間にライフサイクルを終えるおびただしい商品が跋扈する現代にあっては、それまで接することの少なかった未知の価値基準に新鮮な感動を見い出すのかもしれません。

だからといって地方万歳かというと、そんな甘いことは全くなく、ファッション誌で取り上げられる事例の裏には、日々の試行錯誤と人々の弛まぬ努力があることも忘れてはいけない大事なポイントだと思います。

BRUTUS 2010年03/15号
http://magazineworld.jp/brutus/681/
BRUTUS ( ブルータス ) 2010年 3/15号 [雑誌]
 特集/東京にはない、東京に負けない、地方カルチャー


マガジンハウス

このアイテムの詳細を見る


BRUTUS 2009年08/15号
http://magazineworld.jp/brutus/668/
BRUTUS (ブルータス) 2009年 8/15号 [雑誌]
 特集/日本再発見の旅と本


マガジンハウス

このアイテムの詳細を見る


BRUTUS 2008年11/15号
http://magazineworld.jp/brutus/651/
BRUTUS (ブルータス) 2008年 11/15号 [雑誌]
 特集/ふるさと♡愛する地方都市


マガジンハウス

このアイテムの詳細を見る

BRUTUS (ブルータス) 2007年 8/1号 [雑誌]
 特集/ニッポン観光2007


マガジンハウス

このアイテムの詳細を見る


Casa BRUTUS (カーサ・ブルータス) 2009年 01月号 [雑誌]
 特集/ニッポンの宿、ニッポンの旅2009


マガジンハウス

このアイテムの詳細を見る


男の隠れ家 2009年 10月号 [雑誌]

朝日新聞出版

このアイテムの詳細を見る


男の隠れ家 2008年 10月号 [雑誌]

あいであ・らいふ

このアイテムの詳細を見る


Discover JAPAN (ディスカバージャパン)4 (エイムック 1716)
 世界がうらやむ あなたの知らない日本


エイ出版社


このアイテムの詳細を見る


d design travel HOKKAIDO
D&DEPARTMENT PROJECT
ナガオカケンメイ

このアイテムの詳細を見る

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 魅力的な報告書とは?-読ま... | トップ | 関心高まる地域映像-第1回 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Personal Views」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事