花は桜木・山は富士

完全に自分為の資料的ブログですが、このサイトを見て感じる人がいると嬉しいです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

酷い内閣の誕生です。

2009-09-17 18:46:55 | 日々のニュース
ついに新内閣が発足しました。
現実を見ないようにしても仕方ないので、今後は与党を厳しい目を持って
監視し、厳重に抗議・批判をしなければいけません。

内閣発足前から呆れた発言を繰り返し、マスコミでは「ブレた」とかは批判せず
「現実的対応」などと「擁護」が入っているそうです。
ニュースは腹が立つので見ていませんが。

見たのは鳩山夫妻がデート(?)する様子を好意的に写している映像だけですね。
麻生さんが総理大臣になったときはこんな好意的報道してたか?と
疑問に思いました。当時のソースはないですが。

さて、鳩山内閣ですが、その顔ぶれには予想はしていましたが、めまいがする程です。
特に目立つのは法務大臣の千葉景子。
死刑反対論者で拉致実行犯の釈放には署名し、外国人参政権推進集会に賛同 したり
と、足元から頭のてっぺんまで「日本の国益を考えているか?」という
オンパレードです。
そんな人間が法務省トップになりました。

本人は死刑反対論者なのだから、この期間に死刑執行はないでしょう。
ま、それも問題ではありますが、懸念される事柄のうちには軽度なものでしょう。

まだまだ政治知識の乏しい私でさえ、この内閣の布陣を見ると早期に
外国人参政権や人権擁護法案などを成立させようとしているんだろう、
と思わざると得ません。

小沢か鳩山か分かりませんが、今内閣が早期に解散することを見越して
パッパと法案を成立させようとしているのでしょうか。

こういった文章を書いていると淡々としてしまいますが、それ以後に起こる
日本の情景を鑑みるとそら恐ろしく鳥肌が立ちます。

先の選挙で民主党に投票した人は「景気の閉塞感を払拭しよう」、
「自民党にお灸をすえる」「何かを変えたかった」などといった人も沢山いたでしょうが、
民主党政権によって起こる数々の災難を知る人はいなかったでしょう。
(「災難」と認識して投票する人はいないでしょうが)

私など遅いほうですが、民主党の危険性を知り、民主党政権が成立しないように
悪戦苦闘した人々は自らの祖国・日本が滅びの道を歩み始めるのを
「知りながら」過ごしていく、というのは何とも絶望感がくるものです。

地検が鳩山を逮捕する、民主党内部が分裂する、マスコミが手のひら返して
民主批判をする、国民が民主の間抜けぶりに気づき批判続出、などなど
今後を想像すれば「ある」と言えるものではあるでしょうが、だからといって
楽観的にただ過ごすわけには行きません。
悪い方に考えれば、どんな批判にさらされようとも四年間は民主政権が続く、
その間に外国人参政権や1000万移民などが成立し、次回選挙には早速
その影響が出て民主政権続投決定。
(でないとして、大きい支持層のために政権復帰も早いかも知れません)

悪い方を考えれば「知っている」だけに暗澹たる気持ちになります。
無論、最悪の考えを元に「そうならない為」に行動するしかないのですが。

そんな気持ちの方も多いとは思いますので、私が好きな作家である宮崎正弘氏が
こんなことを書いています。

売国政治家・鳩山内閣が発足し、日本の将来に暗澹たる事態が起きようとしているのに、宮崎氏があまり心配されていないようなので何故なのか聞いた人の回答です。

(宮崎正弘のコメント)鳩山「友愛坊ちゃま」と小沢「永田町の不動産屋」に
管は「昔左翼、いまもサヨク」そして、岡田「日教組チルドラン」。
空中分解は秒読みでは? 細川政権は一年続いて、自爆。鳩山は何ヶ月持ちますかね? 
(引用以上)

というコメント、私なんぞの予想より遥かに正しい見解でしょう。
これを読み少々絶望感が薄れます。
当然、これを鵜呑みにせず、自らの出来ること信じることのために行動して
いこうと思っています。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 日本国産ロケットが見事に見... | トップ | 中川昭一氏 死去 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
直接 (でこサングン)
2009-09-20 11:58:10
国民が直接大臣をリコールできないもんでしょうか。
言論弾圧が怖い。
そうですね (マグカップ)
2009-10-05 20:14:09
そうなれば、国想う日本国民の力を見せ付けてやるのに・・・

コメントを投稿

日々のニュース」カテゴリの最新記事