ビナカの気まぐれ日記^^

日々の出会いを大切に・見て・聞いて笑ったこぼれ話

礼文島の旅 その3

2010-10-10 17:12:38 | 旅行
ビナカとmyumyuさんにとって、31年前の思い出多いこの築100年を越える
ニシン番屋の建物。
私がヘルパーをした昭和54年に大規模に増・改築されましたが、
ここは懐かしい桃岩荘ユースホステルなのです。






桃岩荘は毎年6/1~9/30 の営業
この日9/30の閉所に向けてホステラー(お客)さんが増えているのか
30名以上いらっしゃいました。 でも~年配者が多かったです~



私達が入った部屋は「とど2」 女ヘルの隣の畳の部屋 メチャクチャ懐かしいです
夕食の後 お待ちかねのミーティング  

島の案内  歌  踊り(フルコース)

高齢のホステラーさんにとっては、子供や孫のようなヘルパーの話に真剣に耳を傾け
大笑いして フルコースになったら、みなさんイキイキと歌い踊り~
お爺ちゃんはピョンピョン跳ねてます。とても可愛かったです




盛り上がったミーティングのあと、おしゃべりをしていると10時30分
(桃岩時計:30分進んでいる)消灯の時間。

それにしても 外は かなりの暴雨風雨 
   裏山が崩れないか心配しながら~~~~夢の中へ

翌朝6:30 起床時間 館内に流れる大音量の「石狩挽歌」の曲
 懐かしい~~~涙が出るほど懐かしい






朝食をすませ、お掃除タイム~そぅYHはお掃除をしなければ
いけないのだ~~^^ お掃除のバックミュージックは「夢の中へ
家ではやらないであろう、男性ホステラーさんがニコニコとほうきor雑巾を持ち
掃除を楽しんでいる。これも桃岩マジックなのかもしれない


外は激しい雨。私達は朝の便で港へ行く車に乗ってはな心へ戻ることにしました。
念願だった西海岸の美しい海と夕日は見られなかったけど「また帰ってくるからね」と 
猫岩に誓って。。。
さ~~~ぁこの嵐の中どうなるのか  その4をお楽しみに
 
コメント (2)