"よさこい"にかける青春!

何がこの人たちを
  夢中にさせるのか!

脊髄小脳変性症の妻、10

2006年06月30日 21時59分22秒 | 脊髄小脳変性症の妻
おおよそ、六ヶ月ぶりに、かかりつけ?の新座志木中央病院に行く。

神経内科の担当医のYmazaki先生から、一月から薬を飲んだ方が良いと言われていたのに、ずーと飲まずにいたので何と言われるか少し緊張。

先生がotuka先生と言う新しい先生に代わっていた。とっても優しい親切な先生。
  ヤッタネ!

コメント

治療院の先生, 2

2006年06月30日 21時35分41秒 | Weblog
治療院の先生はお座りになっている姿を見ただけでも

なんとなく威厳があり、ついつい効果を期待・・・・・。
コメント

すすきのの夜

2006年06月29日 17時11分24秒 | Weblog
すっきり澄んだ空気、土曜の夜と言うのにすいすいと歩ける歩道、

東京の吉原を想像していたが、全く異なる雰囲気であった。

コメント

治療中

2006年06月28日 23時03分12秒 | 脊髄小脳変性症の妻
うっっ、

ゆがめる顔にも、男のロマンが・・・・・・。

久しぶりに顔をゆがめてしまった。

人間はどうしてこんなにも喜怒哀楽を顔に出すのだろうか。人間だけが  

特に・・・・・・。
コメント (2)

始めてめての針治療

2006年06月28日 22時55分56秒 | Weblog
生まれて始めての針治療をしてもらった。

針を刺しても、殆ど痛みはかんじなかった。

コメント (2)

川村昇山先生はお坊さん

2006年06月27日 22時21分35秒 | 脊髄小脳変性症の妻
診察の合間の休憩時間に、

本堂?であられもない姿で寝込んでしまった私。

罰が当たりません様に。
コメント

川村昇山先生の診断を受ける

2006年06月27日 22時09分20秒 | Weblog
レントゲン写真を見ての診断。

せっかく北海道まで来たのだからっとついでに診ていただいた私の方が、

前立腺を始め、内臓各所に欠陥ぼろぼろ・・・・。

二年間のコンビニの弁当生活によるものか。

妻と共に向こう10ヶ月間、指導どうりカルシュウムの摂取、その他に、挑戦する事に・・・・・。

十ヵ月後の来年四月、北海道に行って再度レントゲンを撮りどう変化したかをチェック。
コメント (2)

北海道への旅、豊平川は雨だった

2006年06月27日 00時41分33秒 | Weblog
この旅で、なぜすすきのを宿泊地に選んだのか、定かではない。

ただ、私の意向は、一切入っていないことだけは確かである。

信じて欲しい。
コメント (2)

北海道への旅、被写体を求めて

2006年06月27日 00時29分24秒 | Weblog
すすきののホテルから霧雨の降る中徒歩おおよそ15分。

時計は朝の四時を指していた。

豊平川上空には、数羽の太った、かもめが飛んでいた。

豊平川は、シーズンには鮭も上ってくるという。





次からの投稿した写真は順を逆に見てほしく思います。ごめんなさい。
コメント (2)

高速バス乗り場まで

2006年06月26日 22時59分09秒 | Weblog
羽田でもやはり係りの方が親切に、

 迷子になりそうな広い空港内を高速バス乗り場まで車椅子を押しながら、案内してくれた。

行き先の、朝霞台、志木方面の出発時刻まで調べてくれた。

感謝、感謝の一日であった。
コメント (2)