日本キリスト教会 大分中央教会

1517年、宗教改革による改革派信仰の伝統を引き継ぐ教会です。

プロテスタントとカトリック

2016-12-31 12:37:28 | 大分中央ウィークリー

五、「教会とわたしたち」(393)     近代から現代へ(宗教改革とその後)

はじめに近代への萌芽としてアウグスチヌス著「神の国」から引用(その33)

⒙ 他人によって加えられた情欲の暴行は道徳的悪事であろうか。肉体はそれを忍ぶように強いられても、こころは同意を与えることなしに堪え忍ぶのである。

 しかしこうも言えるであろう。その人は他人の情欲によって汚されるのを恐れているのだ、と。しかし彼は他人の情欲によっては汚されることはない。もし汚されるとすれば、それは彼自身の情欲によってである。さて、しとやかさはこころの

美徳であり、勇気はその伴侶である。勇気はあらゆる種類の悪に同意を与えず、かえってこれを耐え忍ぶのである。どのように慎み深くすぐれた人であっても、彼自身の肉体を意のままにする力を持たない。ただ彼のこころが受け入れたり

拒絶したりするところに従うのである。人の肉体が力づくで捕えられ、(前回はここまで) 不本意ながらも他人の情欲を満足させる手段に利用されたからと言って、彼の慎みが失われたとは分別のある人は考えないであろう。もしも慎みがそ

のような方法で失われたとすれば、それはこころの美徳ではないし、良き生き方にも属さず、むしろ力や美や健康といった肉体的条件と考えられるであろう。そのような良きものを失うことは、決して有徳な生き方を失うことではない。

 もしも慎みというものがこのような種類のものであるとすれば、なぜそれを失う恐れがあるからと言って、われわれの生命そのものまでも危険に曝さなければならない道理が~

(つづく)~(教団出版「神の国」出村彰訳1968)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖書研究

2016-12-31 12:34:03 | 大分中央ウィークリー

創世記24章15節である。「僕がまだ祈り終わらないうちに、見よ、リベカが水がめを肩に載せてやって来た。彼女はアブラハムの兄弟ナホルとその妻ミルカの息子ベトエルの娘で、」という。つまりイサクにとっては従兄弟の子、再従兄妹(ま

たいとこ)になるわけである。アブラハムの妻サライもまた、彼の異母妹であった。それで、エジプトの難を逃れるために、妻のサライに、「どうか、わたしの妹だ、といってください。」(創12・13)と頼んだときがあった。彼女もまた、確かに彼の

腹ちがいの「妹」であった。

 

「僕がまだ祈り終わらないうちに」という。井戸のそばにどのような若い女性がやってくるかわからないときに、それを識別するしるしとして「『らくだにも飲ませてあげましょう』と答えれば、彼女こそ」と祈った。神がなさっておられることが、わた

したちに意識されないのが普通である。それほど神と人間とは密接な関係にある。それで、僕は識別の備えを設定した。われわれに祈りへの神の応答の早さがわかる。

 

16節である。「際立て美しく、男を知らない処女であった。彼女が泉に下りて行き、水がめに水を満たして上がって来ると、」とある。前節で、「リベカが~やってきた」とあったが、そのとき、僕本人はその美しい娘の名前「リベカ」の名を知って

いるはずがない。編集段階での挿入であった。僕自身は旅の人の一人としての素知らぬ顔をして、水汲みの前後心の変化を考えながら丹念に観察していたのであった。

 

「際立て美しく」とある。彼は気心の美しさを求めていた。従ってその美しさにかえって警戒心を寄せていたのかもしれない。その意味で「水を満たして上がって来ると、」どうなのか。その苦しみによる美しさの変化が参考になりそうである。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

プロテスタントとカトリック

2016-12-22 23:32:05 | 大分中央ウィークリー

⒘ 処罰や汚辱の恐れから自殺をすることに

   ついて

五、「教会とわたしたち」(393)   近代から現代へ(宗教改革とその後)

はじめに近代への萌芽としてアウグスチヌス著「神の国」から引用(その32)

ユダが自殺したとき、彼は悪人を殺したのである。彼はキリストの死についてのみならず、自分自身の死に (前回はここまで) ついても有罪のままで生を終えた。かくして彼は罪に罪を加えることとなった。

どうして何の悪事をもなさなかった人が、自分に対して悪をなし、自殺によって罪なき人を殺すべきであろうか。もっと罪深い者がそれを果たすことを妨げるためであろうか。だれか他の人にその機会を与えないため、人は自分自身に対し

て罪を犯すべきであろうか。

 

⒙ 他人によって加えられた情欲の暴行は道徳的悪事であろうか。肉体はそれを忍ぶように強いられても、こころは同意を与えることなしに堪え忍ぶのである。

 しかしこうも言えるであろう。その人は他人の情欲によって汚されるのを恐れているのだ、と。しかし彼は他人の情欲によっては汚されることはない。もし汚されるとすれば、それは彼自身の情欲によってである。さて、しとやかさはこころの

美徳であり、勇気はその伴侶である。勇気はあらゆる種類の悪に同意を与えず、かえってこれを耐え忍ぶのである。どのように慎み深くすぐれた人であっても、彼自身の肉体を意のままにする力を持たない。ただ彼のこころが受け入れたり

拒絶したりするところに従うのである。人の肉体が力づくで捕えられ、 (つづく)~(教団出版「神の国」出村彰訳1968)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

聖書研究

2016-12-22 23:22:08 | 大分中央ウィークリー

創世記24章14節である。「そのひとりに、『どうか、水がめを傾けて、飲ませてください』と頼んでみます。その娘が「どうぞ、お飲みください。らくだにも飲ませてあげましょう。』と答えれば、彼女こそ、あなたがあなたの僕イサクの嫁としてお決めに

なったものとさせてください。そのことによってわたしは、あなたが主人に慈しみを示されたのを知るでしょう。」という。その娘の「らくだにも」との気遣いにポイントがある。娘は娘でも他の娘と違うという神の支持としるしを読み取ろうとしている。

 

15節である。「僕がまだ祈り終わらないうちに、見よ、リベカが水がめを肩に載せてやって来た。彼女はアブラハムの兄弟ナホルとその妻ミルカの息子ベトエルの娘で、」という。つまりイサクにとっては従兄弟の子、再従兄妹(またいとこ)になるわ

けである。アブラハムの妻サライもまた、彼の異母妹であった。それで、エジプトの難を逃れるために、妻のサライに、「どうか、わたしの妹だ、といってください。」(創12・13)と頼んだときがあった。彼女もまた、確かに彼の腹ちがいの「妹」であっ

た。

 

「僕がまだ祈り終わらないうちに」という。井戸のそばにどのような若い女性がやってくるかわからないときに、それを識別するしるしとして「『らくだにも飲ませてあげましょう』と答えれば、彼女こそ」と祈った。神がなさっておられることが、わたした

ちに意識されないのが普通である。それほど神と人間とは密接な関係にある。それで、僕は識別の備えを設定した。われわれに祈りへの神の応答の早さがわかる。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

牧 会 通 信

2016-12-22 23:16:03 | 大分中央ウィークリー

(原 光訳 2000年、沖積舎)

ダンテの「神曲 地獄」編 15(カッコ内は筆子、その8)

◯昨日の朝その谷に背を向けたばかりなのに、またそこへ戻つていく途中で、この方がわたしに現れ、この路を通つて家へ導き返してくれるのです。」

すると言つた、「そなたはそなたの星に従つて進めば、必ず栄光の港に着けるのだ、あの美しい世界でわたしが狂ひなく見抜いたとすれば。

わたしはこのやうに早く死ななかつたら、天がそなたに対してそのやうに恵み深いのを見て、そなたに仕事に対する激励(はげまし)を与へただらう。(前回ここまで)

◯しかし昔フィエゾーレ(フィレンツェから三マイル、丘の上の町)から下りてきて、まだ山と岩に似てゐる、あの恩知らずで性悪の市民は、

そなたの尽力の故に、そなたに対する敵となるだらう、その理由はと言えば、酸つぱいナナカマドの間で甘い無花果が実を結ぶのは不適当なことだからだ。(つづく)

 

◯本日、2016年12月18日は、第五十一主日となる。日本聖書協会「聖書愛読こよみ」は「キリストの出現」という主題で、聖書はイザヤ書9・1~6、その1節「闇の中を歩む民は、大いなる光を見 死の陰の地に住む者の上に、光が輝

いた。」という。何というすばらしい預言であろうか。イザヤは時の王ウジヤが死んだ年前742年に預言活動を開始(6・1)。賢明な王を失ったユダ王国は、急に不安定になった。その時代の預言であった。しかしその言葉がそのまま、第

二神殿崩壊の時代になってイエス・キリストが誕生し、見事な預言となったとは

写真は、12月11日、教会南向いのグランシアター、音の泉ホール(千人収容)を満席にして大分大医学部管弦楽団の第21回定期演奏会が開演された。当教会関係者では、市成好姉と鈴木皓介医学部3年生(写左前)が出演され

た。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加