あきべや

鯨飲日記、みたび。
Ramen & Alcohol & SoftVolleyball LOVE!

有馬記念・回顧

2009-12-27 22:07:14 | 競馬
惨敗ですね。
2分の1すら引けませんでした。

2分の1とは。
私推奨の「天皇賞からの直行馬」2頭からの軸選択。
マツリダゴッホとドリームジャーニー。
選ばなかったほうがきっちり勝ちきるのですからね。

まあ、ドリームジャーニーを軸に選択していたとしても、トリガミだった可能性が高く、あまり悔しさはありませんが。
もちろん、お金がなくなったことは痛いですがね。

ただし、この「天皇賞からの直行馬」狙いは、来年も頭の片隅に置いたほうがよさそうです。
これで3年連続直行馬の勝利ですからね。(マツリ、ダイスカ、ドリーム)
毎年、そんなに頭数はいませんから、ディープクラスがいない混戦のときは、まだまだ使える戦法かもしれません。

さあ、恒例の遠吠え。
「まだ競輪グランプリがある!」

あえて、ラビット的な見方をされている平原頭でいかがでしょう?
コメント

有馬記念・結論

2009-12-27 09:32:47 | 競馬
それにしても、インフルエンザから有馬記念まで、あっという間でした。
これほど有馬記念の予想に時間を割けなかったのは、はじめてです。

サンタさんを呼んだり、年賀状を作ったり、飲んだり、なだめたり、踊ったりするのが忙しく。
予想のための下調べが全くできませんでした。
全頭チェックとか、久々にやりたかったのですけどね。

したがって、いまだに◎があっちへふらふら、こっちへふらふら…。
予想根拠をつくる時間が無かったので、当たり前の話ですが。

よって、今年の有馬も例年通り、「ローテーション重視」の予想根拠で。
昨年、一昨年の有馬予想へさかのぼって見ていただくと、詳しく書いてあります。

「天皇賞からの直行馬」
マツリダゴッホ、ドリームジャーニー

「菊花賞からの直行馬」
アンライバルド、スリーロールス、セイウンワンダー

きれいに5頭に絞れましたね。
単純にボックスを組んでもいいのでしょうが、ある程度人気馬も含まれましたので、馬券センスが問われそうです。
この中で序列をつけるなら、◎はマツリダゴッホでしょうね。
あえてJCをパスしたのが、なにより好感がもてます。

馬券は、マツリダゴッホから。

まさかの横典先行策がこわいブエナビスタを相手に足した、馬連5点で勝負します。
夢馬券は、マツリダゴッホ1着固定で上記5頭を2・3着に配した3連単20点で。
押さえで、単勝も少々。
コメント (1)

JCD・結論

2009-12-06 11:31:18 | 競馬
さらにその後。

まさかの、私自身が新型インフルエンザ発症の展開。
1週間、丸々会社を休んでしまいました。

そんな中、競馬予想をやるのも不謹慎だと思いますので。

印だけアップします。(やるのかよ!)

◎アドマイヤスバル
〇サクセスブロッケン

コメント