あきべや

鯨飲日記、みたび。
Ramen & Alcohol & SoftVolleyball LOVE!

ちょっと悔しい。(安田記念回顧)

2011-06-05 18:01:53 | 競馬
いや、かなり悔しいかも。

今日の安田記念、基本「どんぐりの背比べ」とみたレース。
どの馬でも勝利の可能性はあると考えました。

こういうレースでは、基本的に実績よりも、「化ける可能性」のある馬で勝負することが鉄則。

プラスαの変化。
やってみなければわからない可能性。
それに賭けてみるのです。

今回、私はそれを外国馬2頭に期待しました。
結果、惨敗。
まあ、それはそれで仕方ありません。

しかし。
実際に勝ったリアルインパクト。
この馬のほうが、より化ける可能性があったことに気づかなかった事が、相当に悔しいのです。

3歳という馬齢、初のローテーション。
それによる斤量の恩恵。
地方ジョッキーの配置。

これだけ私の好きな要素がそろって、なぜにこの馬から入れなかったか…。
かつて、3歳で宝塚に出走したローエングリンとかは喜んで買ったのですけどね。

こういうところに、ギャンブラーとしての衰えを感じてしまいますね。
残念ながら、感性で捉えられなくなってきています。

この事実は、正直、実際の馬券の収支よりも、はるかに堪えるなあ…。
コメント

安田記念・結論

2011-06-05 08:34:14 | 競馬
例年、この時期は、もうひとつの重賞競争、「小学校運動会C(GⅠ)」とからめて予想をアップすることが多かったのですが。

こんな風に。

「オークス結論(2009)」

今年は、放射能の影響で、開催延期。
やっと近隣の小学校では、自主的な部分も含めて、グラウンドの削り取り作業やらが始まっていますが…。
はたして、まともに運動会が開催される日は来るのでしょうか。

さて、安田記念。

アパパネ以外がここまで低調なメンバーなら、狙いは外国馬。
アパパネがウオッカでなく、ダンスインザムードなら、外国馬のワンツーまであると見ていますが…。

これまで、あまり能書きをたれると当たらないのが安田記念なので、結論のみ。
予想をアップしなかったら馬連1点で当たったこともありましたし。

「安田記念結果(2008)」

◎サムザップ
〇ビューティーフラッシュ

馬連、ワイド各1点と単勝で。
コメント (3)