ひと対ひと。すべては楽しみながら。

仕事も遊びも、男も女も、昼も夜も。すべて『人と人』!
楽しみながら、単純に。できる事からやろうよ。^^江浦誠、57歳。

いよいよ”神無月”

2005-09-29 19:11:15 | Weblog
9月も明日で終わります。
いよいよ私の誕生月が来ます。
今年ももう3/4が終了。歳重ねるごとに月日がどんどん過ぎ去ります。
そしたらなんと!先日読んだ本に書いてありました。
何が書いてあったかというと・・・。

子供の24時間と大人の24時間は、同じ24時間でもスピードが違うそうです!
皆さん、ご存知でしたか?
歳取るごとに早くなるそうですよ!


10月を『神無月』と言いますよね。陽水の歌にも『神無月にかこまれて』ってあったなぁ・・・。
なぜ、『神無月』っていうかご存知でしょうか?

年に一回、島根の出雲大社に日本全国津々浦々の神様が集まる月らしいです。
つまり、日本全国の津々浦々に神様居なくなっちゃうから、『神無月』。
と言うことは、島根は?
そうなんです!
島根だけは10月は、『神有月(かみありづき)』と呼ぶのが正しいそうですよ!


”鬼の居ぬ間に”ではないですが
”神様の居ぬ間に”生まれたから
こんなハチャメチャな人生なんだろうなぁ。

まっ!人生楽しく楽しく!楽しまなくちゃ!
コメント (2)

”夏の逝く日の風に乗り”

2005-09-22 23:58:16 | Weblog
このタイトルは『笠美波(秀雄)』の遺作集のものです。
”笠美波”…初めて知りました。

今月8日~10月9日まで玉名郡三加和町で『遺作展』開催中です。
とても良かったです。感銘を受けました。そして切なかったです。
召集された兵隊さんは皆、きっと
辛さは自分の胸の奥に押し込め、愛する家族・親兄弟を守るためにとの想いで、戦地へ赴いたんですもんね。

実はこの笠美波さんは、私の職場の専務の叔父さんにあたる方です。
今の武蔵野美大、当時の帝国美術学校を経、
小学校教員をなさって何年もしないうちに召集され、中国へ。
その5年後、終戦の前年暮れに激戦地ブーゲンビル島で戦病死されています。

若くして亡くなられたのですが、大変多くの詩や絵が遺されています。

そこが戦地という事を忘れさせるような 彼の地での情景スケッチは
今でも、その場所の雰囲気が体温と共に伝わります。
あの感覚こそ、”衝撃が走る”と言うのでしょう。

熊本にお住まいの方、是非一度
「ギャラリー蔵」(玉名郡三加和町太田黒)へ足をお運び下さい。
それと、笠専務! 美術館造っちゃって下さい。
もっともっと多くの方に見て頂きましょうよ!
”還暦イベント ”などとおっしゃらずに。

笠専務のライフワークになりそうですね。
コメント (2)

旧,敬老の日。

2005-09-15 20:37:09 | Weblog
9月15日。ほんの数年前まで『敬老の日』だった日です。
平成12年から施行されたハッピーマンデーの第一弾は
『成人の日』と『体育の日』でした。

子供の頃
『あと一日遅く産んでくれたら体育の日だったのにー!』と
おふくろに言った事を覚えてます。
大人になって
”明日の仕事を考えず”に しこたま飲んで騒げる
『体育の日の前日』生まれにすごく感謝したものです。

そんなことや週半ばの休みを喜んでた自分にとっては
ハッピーマンデーにハッピーと感じた事ないなぁ…。


以前は、藤崎八旛宮例大祭の最終日もこの日でした。
『暑さ寒さも彼岸まで』と言いますが、
熊本では『随兵寒合(ずいびょうがんや)』と言って、
この日を境に秋が来るという9月15日。


ハッピーをハッピーと感じれる心が薄れてるのかなぁ。
でも、与えられた喜びより、
些細なちっちゃな事でも喜びに感じられる
そういう感性を保ち続けたいです。
コメント (2)

秋のコラボBag

2005-09-08 23:59:33 | Weblog
今日は朝から訪問したお客様を終え、近くの熊本城の袂にある
『熊本県伝統工芸館』まで足を延ばしました。

お客様の妹さん”tomomi ina”さんの
ハンドメイドbagの展示即売の期間中です。
写真は案内状を写したので、せっかくの良さが伝わりにくいかも。
着物・帯・綿・麻などの布を使っててとても良い出来栄えでしたよ!
お客様のお見舞いに一点購入しました。


夜帰宅したら、メーカーの元担当者から挨拶状が届いてました。
出向で霞ヶ関に着任したとの事。
出向。これもコラボですよね。
いい奴だったのでとても嬉しくなりました。
『霞ヶ関での活躍期待してるよ、青景ッチ!』
新天地、緊張を楽しんで!
コメント (2)

今日から2学期!

2005-09-01 20:25:10 | Weblog
小学生から高校生まで大方の学生さんは今日から新学期ですよね!
皆、この夏はどんな夏だったのでしょうか。

小学生の頃の今日って、久しぶりに会う友達も居て嬉しかったよなぁ・・・。
毎度毎度『夏休みの友』と『絵日記』を昨日一日かけて終わらせ、
今日は開放された日だった。

大人になってからの今の時期って『夏の終わりに』って言葉が妙に心に響く。
T-BOLANのアルバムにも『夏の終わりに』ってありました。
全編アコースティック。
暑さもおさまり、夕暮れに感傷にひたるようなこの時期にぴったり。

そういえば、高校生の頃、下成佐登子の『秋の一日』はこの時期必ずFMで流れてた。
そうそう、永井龍雲の『想い』もこの時期かなぁ。

大人も、子供たちを真似て、今日から心機一転!
よしっ! 今年もあと4ヶ月!
"楽しくやろうよ!"
コメント (5)