テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

■ YouTube Selection (予告編)


誰かのおかげで、三流国になりそうだけど・・。

レッド・スパロー

2018-11-06 | サスペンス・ミステリー
(2018/フランシス・ローレンス監督/ジェニファー・ローレンス、ジョエル・エドガートン、マティアス・スーナールツ、シャーロット・ランプリング、メアリー=ルイーズ・パーカー、ジェレミー・アイアンズ/140分)


 ジェニファー・ローレンスは既にオスカー女優だけど、出演作をまだ観てないんだよね。で、主演の最新作「レッド・スパロー」は予告編を以前ブログにも載っけたし面白そうだったので借りてきた。
 病身の母親を抱えるロシアのバレリーナがケガの為にバレーの道を閉ざされ、併せて政府の生活支援も失いそうになったので国家情報局に勤める叔父を頼っていくが、男の非情な策略により女スパイにならざるを得なくなる・・という話。
 ツイッターでは「ラストのどんでん返しを狙った作品だが途中の語りが少し緩くて★二つ」なんて書いたが、2回目の鑑賞で緩さは無くなって★一つアップです。ロシアの影の話なので僕は嫌な気分にもなったが、気にならない人には★もう一つおまけしてもいいくらいです。
 文句があるとしたら、ボーン・シリーズなんかの盗撮や盗聴を見てきた者からすると、ヒロインの周りにそういうシチュエーションが出てこないのが少し不自然かなと。
 ロシアのハニートラップ専門のスパイ養成所が出てきたり、裏切り者やミスった者への拷問なんかが陰惨で暗いけど、ムードは一貫してて見応えがありますな。

 序盤は、ジェニファー・ローレンス扮するボリショイのプリマバレリーナ、ドミニカ・エゴロワが公演中にケガをするシーンと、ジョエル・エドガートン扮するCIAのスパイ、ネイト・ナッシュがソ連の情報提供者と接触していることをロシア当局に感づかれるシーンとがカットバックで語られる。個別に時間差で語っても問題ないシーンなのに、どうも最近の映画は、序盤に二つ以上の話をパラレルに語っていくというスタイルが多くなった気がする。サスペンス・ムードの醸成になるだろうとの考えだとは思うけど、結果的にはもう一度観ないとストーリーが把握しにくいという弊害があるような気がするけど。

 序盤の叔父の策略とは、国家保安局が目を付けた腐敗役人の抹殺にドミニカを関わらせることで、結果として素人にハニートラップをさせ、極秘事件の目撃者となった為に死ぬか女スパイになるかの二者択一(生きるためには選択肢はないのだが)を迫るという非情なもの。病身の母親に介護を付けるには国家組織の中で働くしかなく、ドミニカは女スパイ“スパロー”の養成所に入ることになる。
 ここではハニートラップ系のテクニックを学ぶんだが、教官がシャーロット・ランプリングというのが憎い配役でありますな。

 教官の評価はあまり良くないけど、スパローとなったドミニカに初めての仕事が言い渡される。それが、ナッシュと通じていたロシアの裏切り者、通称モグラの正体を暴くこと。その為にナッシュに色仕掛けで近づいていくわけだ。

 ドミニカの最終目標はスパイを辞めて自由になる事だが、観ている限りでは到底かなわぬ夢にしか思えない。
 ナッシュに近づく過程でスパロー仲間との接触があったり、アメリカ政府筋のロシア密通者との駆け引きがあったり、その中でドミニカの必死の対応が見どころ。どういう目的かは分からない伏線も幾つかありますが、サスペンスが緩むほどの不可解さではないです。

 メアリー=ルイーズ・パーカーはロシアに米国防衛資料を金で売ろうとするアル中女。
 ジェレミー・アイアンズはドミニカの叔父の上司役でした。





お薦め度【★★★=一見の価値あり】 テアトル十瑠
コメント

フルートじゃないよ 【Portrait Q -№142】

2018-11-01 | Who is・・・?
 ポートレイト問題第142弾。





 先日、半世紀近くぶりに再見出来た映画の主演女優でした。
 70年代までは映画雑誌で紹介された作品もありましたが、その後はとんとご無沙汰。ネットで調べると80年代以降はTV出演が多いみたいですな。
 近影らしい上の写真をみると上手な歳のとり方をされてるみたい。
 1949年10月イタリア生まれ。
 念のために、若い頃のポートレイトをこちらに挙げておきますネ。
コメント (6)

激しい季節

2018-10-22 | ドラマ
(1959/ヴァレリオ・ズルリーニ監督・共同脚本/エレオノラ・ロッシ=ドラゴ、ジャン=ルイ・トランティニャン、ジャクリーヌ・ササール、フェデリカ・ランキ/93分)


 先々月のポートレイトクイズの女優さんが主演の、大昔から観たかった映画でありますが、ツタヤの準新作コーナーで見つけました。最近DVD化されたんでしょう。
 監督は「鞄を持った女」のヴァレリオ・ズルリーニ。長編劇映画の監督としては2作目だそうで、1926年生まれですから当時33歳くらい。エレオノラさんとはほぼ同級生でありました。

*

 1943年の夏、イタリア東部のアドリア海沿岸の避暑地が舞台。
 第二次世界大戦の真っ只中ですが、映画の中盤で時のムッソリーニ政権が倒れ、この後南北に国が分断されてしまうのですから、「激しい季節」というのはその事なんでしょうかネ。エレオノラさんとトランティニャンとの激しい恋がメインストーリーと紹介されていたので、何となくそっちの意味合いかなぁと刷り込まれておりましたが、両方含んでいるのかも知れません。当時の雰囲気が認識出来てるともっと理解し易いんでしょうが、映画もその辺の空気感の共有が前提として描かれているみたいで、観ながら原作小説があるのだろうと勝手に思っていました。しかしクレジットにはなかったですね。
 脚本は監督とスーゾ・チェッキ・ダミーコ、ジョルジオ・プロスペリとの共作らしいです。

 さて、物語について。
 戦争真っ只中にも関わらず、お金持ちの子弟達は自前のヨットで海で遊んだりテニスに興じたりダンスパーティーを開いたりとのほほんと暮しています。そんな中にムッソリーニ政権に近しいファシストの重鎮を父に持つカルロ(トランティニャン)がいました。映画の冒頭でカルロはローマ辺りから避暑地に列車で戻ってきた様子で、他の若者たちは歓迎していました。

 オープニングクレジットのバックで、港で大勢の群衆が見守る中、小舟に乗せられて一人の若者が4、5人の警官だか軍人だかに救出されるシーンがあって、その後のシーンと結びつかなくてその意味合いが理解できてないんですが、あの若者はトランティニャンだったと思うので、事故だか何らかの事件だかで都会の病院に療養に行っていたのでしょう。自信は無いですが、そんな風にとりあえず考えています。

 そんな若者たちが海で遊んでいる時に軍用機が低空飛行をして海水浴客を脅し、泣き出した女の子をカルロが介抱、その子供の母親がエレオノラ・ロッシ=ドラゴ扮するロベルタだったんですね。
 ロベルタはつい最近海軍将校である夫を亡くしたばかり。避暑地の別荘に実の母親と共に暮していたのでした。
 若者達の中にはカルロに思いを寄せる少女ロッサナ(ササール)もいましたが、ロベルタに逢ったとたんに彼は恋に落ちました。

 ロベルタの夫の妹マッダレーナ(ランキ)が戦火を避けてロベルタの所にやってきますが、ロベルタは年が近いカルロ達を紹介し、自然ロベルタも若者達との交流に付き合う事になっていきます。こうして、前半は段々と近しくなっていくカルロとロベルタとの関係と、それに嫉妬するロッサナの様子が描かれます。

 ロベルタの母親はカルロの素性を察して、ロベルタに彼との交際を止めさせようとしますが、最初は自重していたロベルタも或る夜のダンスパーティーでカルロと踊った時から、自身の抑えきれない想いを感じるのでした・・・。

*

 ダンスシーンで流れるサックスの曲は昔聞いた覚えがありますが、実にセクシーな音楽でしたねぇ。
 後半のストーリーは“ネタバレ注意”の中で書きますが、先行きの見えない未亡人と若い青年の恋は混乱の時代の波に飲み込まれていきます。
 燃え上がる二人は、ついにはロベルタが深夜にカルロを自宅に招き入れるシーンまであるのですが、どういうわけかその夜のシーンがジャンプカットのように消えてしまっていて、ここがDVDに特典映像として収録されている二人のベッドシーンなのかも知れません。
 ロベルタと母親との軋轢、マッダレーナの離反、カルロの父親のシーンなど、主役二人の周辺事項も盛り込んだストーリーは所謂求心力を薄めていった感がありくい足りないので、お勧め度は★二つ半です。


▼(ネタバレ注意)
 ロベルタとカルロの恋は、ロベルタの母親にも反対され、マッダレーナも離れていき、ロベルタ自身が先行きが明るくない事を承知していました。しかし、彼女が母親に告白するように、ロベルタにとっては初めて自分を解放した恋だったのです。母親に言われるままに年の離れた夫と結婚した。そんな想いもあったのでした。
 ムッソリーニが失脚し、カルロの父親の資産も差し押さえられ、逃れられていた徴兵にも応じなければいけなくなり、ロベルタとカルロは確たる計画もなく逃れるように列車に乗り込みますが、大きな駅に着いた頃、突然列車を爆撃機が襲います。
 大勢の乗客が混乱する中、一度は別れ別れになったカルロとロベルタは、死者や怪我人が横たわり悲鳴を上げながら逃げ惑う人々の中で再会。線路に横たわる少女の遺体を見るにつけロベルタに我が子を案ずる気持ちが湧いてきたのを感じたカルロは、彼女を一人列車に乗せ家族の元へ帰るように言うのです。そして自分はここに残る、と・・・FINE。

 特典映像を改めて観ると、ロベルタのセリフは夜明けの海辺の砂浜の上でカルロと抱き合った時のものとほぼ同じでした。つまり、ベッドシーンを砂浜のシーンに差し替えた模様です。
 いずれにしても、若いズルリーニの過激な演出はプロデューサーにカットされて、思い通りには出来なかったのかも知れませんね。
▲(解除)





お薦め度【★★=エレオノラさんは、悪くはないけどネ】 テアトル十瑠
コメント

「アヒルと鴨のコインロッカー」を観る

2018-10-17 | サスペンス・ミステリー
(↓Twitter on 十瑠 より「一部修正有り」)

「アヒルと鴨のコインロッカー」を観る。先日、松田龍平ファンの娘が2泊3日で里帰りしてきて衝動的に近所のツタヤで借りてきたDVDだが、娘は結局観られないまま帰って行き、返却期日には間があったのでとりあえず預かっていた。伊坂幸太郎の同名ミステリー小説を映画化したものらしい。
 [10月 16日 以下同じ]

娘の話で松田龍平主演と思い込んでいたら、なかなか出てこないので彼女の勘違いかと思ったが、後半で出てきた。主演は濱田岳になるのか?青春小説という言い方もされてるみたいだが、青春部分はほぼ意味ないな。犯罪も絡んでいて、結局のところテーマも何も分からない。謎解きの楽しさだけか・・・。

オープニングは赤茶けた色調のスクリーンに二人組の男が書店を襲撃する直前の様子が描かれている。赤い車に乗り、二人とも片手に拳銃らしきものを持っていて、そのガサついた画面の雰囲気から「パルプフィクション」風を狙ってるのかなと思った。製作サイドの情報に「デスペラード」なんていう名前も。
 [10月 17日 以下同じ]

男たちが車を降りて書店に向かっている所でタイトルロール。BGMにはボブ・ディランの「♪風に吹かれて」が流れてくる。今頃この歌?

タイトルロールが終わると画調はノーマルに切り替わり、濱田岳扮する青年が電車に乗っているシーンになる。後で分かるが、彼は東京から仙台の大学に入学するために東北新幹線に乗っている青年だ。そして車窓を流れる田舎の風景を眺めながら「♪風に吹かれて」を唄っている。

仙台での引っ越しの最中に東京の両親との会話があったりして、これは彼を中心にした青春物語かなと思っていたら、瑛太扮するアパートの謎めいた隣人が現れて会話を交わした辺りから変な空気が流れてくる。隣人は初対面の彼に書店襲撃を提案するからだ。それも一冊の辞書を奪おうという変わった理由で。

辞書を奪う理由は、アパートの瑛太の隣人の隣人がブータン人でその外国人に日本語を教える為というのだが、その後瑛太とブータン人と瑛太の元カノとの交流が、瑛太の話として細切れに描かれていく。

ま、allcinemaの解説が「青春ミステリー」と紹介しているように、瑛太の話もモノクロで描かれていて多分真実ではないんだろうなと思わせるので、興味は後半の謎解きにかかっているんだけど、終わってみれば濱田の青春ストーリーは無くなっていったな。

ミステリーだからストーリーはこれ以上書けない。新しい登場人物も出てくるので、謎解きの面白さはあるが、ドラマとしてみるには浅い話だな。ペットショップの店長大塚寧々の謎めいた扱いは結局なんだったんだ。謎解きの役目と雰囲気作りだけか。

*

 序盤の「パルプフィクション」風のシーンの意味は後半の謎解きで分かる。
 若者三人組男女の青春物語風ではあるが、犯罪が絡むところなんざ、作者は「冒険者たち」に憧れているのかな?それにしても、薄汚い犯罪だった。
 テーマをあえて探せば、友達を亡くすことの寂しさを含めての外国で暮らすことの疎外感かな。
 後、他の人の感想を読んで思い出したのは、犯罪者への対応があまりにも稚拙だったこと。犯人はあんなに愚かにも証拠を残しているのに、全然利用しない被害者・・・。

 濱田扮する椎名君の東京の両親に、なぎら健壱とキムラ緑子を配しているが、序盤の一シーンのみで勿体ない。緑子さんには最初気付かなかったなぁ。



(2006/中村義洋 監督/濱田岳、瑛太、関めぐみ、松田龍平、大塚寧々、関暁夫、岡田将生/110分)





お薦め度【★★=謎解きとしては、悪くはないけどネ】 テアトル十瑠
コメント (2)

ロビンさんじゃないですよ 【Portrait Q -№141】

2018-10-04 | Who is・・・?
 ポートレイト問題第141弾。





 この方の出演映画を一つだけブログにアップしていますが、その記事にもロビンさんに似てるって書いてました。
 上のポートレイトは珍しい54歳の頃のものですが、ますます似てますな。
 1930年オーストラリア、シドニー生まれ。
 大昔、地上波吹き替え放送で西部劇やら現代劇でも随分見かけた気がしてるんですが、何故か思い出さなくて、ただヒッチコックのアレだけは鮮明に記憶に残ってる人です。
 あと、H・G・ウェルズの超有名なSF小説の映画化作品。こっちは出てたのは覚えてるけど映画を忘れたなぁ。
 2015年1月に85歳で亡くなっておられました。
コメント (4)

■ YouTube Selection (音楽)


■ Information&Addition

※gooさんからの告知です:<「トラックバック機能」について、ご利用者数の減少およびスパム利用が多いことから、送受信ともに2017年11月27日(月)にて機能の提供を終了させていただきます>[2017.11.12]
*
●映画の紹介、感想、関連コラム、その他諸々綴っています。
●2007年10月にブログ名を「SCREEN」から「テアトル十瑠」に変えました。
●コメントは大歓迎。但し、記事に関係ないモノ、不適切と判断したモノは予告無しに削除させていただきます。
*
◆【管理人について】  HNの十瑠(ジュール)は、あるサイトに登録したペンネーム「鈴木十瑠」の名前部分をとったもの。由来は少年時代に沢山の愛読書を提供してくれたフランスの作家「ジュール・ヴェルヌ」を捩ったものです。
◆【著作権について】  当ブログにおける私の著作権の範囲はテキスト部分についてのみで、また他サイト等からの引用については原則< >で囲んでおります。
*
テアトル十瑠★ バナー作りました。リンク用に御使用下さい。 (2009.02.15)