テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

■ YouTube Selection (音楽)


♪Born To Be Wild(Steppenwolf)/「イージー・ライダー」より

ピカソ-天才の秘密

2018-06-05 | ドキュメンタリー
(1956/アンリ=ジョルジュ・クルーゾー監督・製作、クロード・ルノワール撮影、アンリ・コルピ編集、ジョルジュ・オーリック音楽/出演:パブロ・ピカソ/78分)


(↓Twitter on 十瑠 から(一部修正あり))

クルーゾーの「ピカソ 天才の秘密」を観る。何年か越しに図書館で借りてきたDVDだ。78分。殆どがピカソの絵の作成過程を固定カメラで写したもので、期待した客観的な編集というのは少ししかなかった。絵に興味のある人には頗る面白いだろうが、素人にお薦めするには疑問が残る。
 [ 5月 31日 ]

絵の内容によってBGMがジャズからクラシック、フラメンコ・ギターと変えているのが作者の意図が一番表れている所かも知れない。ピカソが絵を描きながら試行錯誤しているのがよく分かる。但し、何を悩んでいるのかは素人には分からない。いや、本人しかわからないのかも。
 [ 5月 31日 ]

「ピカソ天才の秘密」。クルーゾーの演出でアンリ・コルピの編集ということで凝った作風を想像してたのに実際はとてもシンプル。その分、描画の過程における作者の葛藤、テクニックなどが露わになっている感じがする。感じがするというのは、やはり素人ではそこまで感じ取れないからだ。絵心が試されるな。
 [ 6月 3日 ]

*

 借りた頃に雑用が発生して、結局観たのは1回切り。頭の中で反芻してみてもなかなか2度目を観る気にならなくて、そのまま日曜日に近くの市民図書館に返却してしまいました。
 芸術作品の作成過程だけでなく、ピカソの私生活や作家活動に関するアレコレがもっと描かれてると勝手に思っていたのが間違いでした。
 絵の作成過程を裏側からカメラで撮っていて、ピカソやクルーゾー、ルノワールが出てくる場面はごく僅か。2度ほど出てくるそれらは撮影の打ち合わせ的なシーンで、フィルムの残り時間と描画の時間の擦り合わせでした。双葉さんは映画評でスリリングだと書かれてて、確かにそうだけど、僕が期待したのは別の視点だったなぁ。

 何枚も描かれる作品たちは、この映画のための新作らしいです。
 後半に出てくる海辺のリゾートの様子を独特の構図で描いた作品は、何度も上塗りされて、その度に別の絵かと思ってしまうほどの変遷を遂げる。絵の専門家にはそれこそスリリングな時間でありましょう。
 この上塗りの過程は当然キャンバスの裏からの撮影ではなく、表面の創作過程をコマ撮りしておりましたね。上塗りの作品は他にも何枚かありました。

 1956年のカンヌ国際映画祭で、審査員特別賞を獲ったそうです。





・お薦め度【★★★=絵画ファンには、一見の価値あり】 テアトル十瑠
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

何度死んだことか 【Portrait Q -№137】

2018-06-01 | Who is・・・?
 ポートレイト問題第137弾。





 1948年ワシントンDC生まれ。
 知らない内に顔なじみになっちゃった感のある俳優さんですね。
 恐竜やら鮫やら、動物ものではよく食べられて途中退場してました。
 ウィキによると<2011年には史上最高の興行収入を上げた俳優としてギネス記録を達成した>そうですよ。
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

♪ムーンリバー ~  「ティファニーで朝食を」より

2018-05-12 | 音楽
 ブレイク・エドワード監督の「ティファニーで朝食を (1961)」のオープニング・シーンから。
 もう随分と観てないから忘れちゃってるけど、「♪Moon River」も流れてたんだ。
 タクシーから降りたオードリーが抱えてる紙袋は何処の店?
 カップコーヒーも付いてて、今だとミスドかな。
 いやいや、もっと洒落たお店があるはず。だってフィフス・アベニューだもの。

<ジョニー・マーサー作詞・ヘンリー・マンシーニ作曲。
 1961年のアカデミー歌曲賞を受賞。
 グラミー賞でも最優秀レコード賞、最優秀楽曲賞、最優秀編曲賞の3部門を受賞した>そうな。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「マグノリア」を観る

2018-05-07 | つぶやきメモ
 何も情報を持ってない映画が観たくなって、夕べ買い物に行ったマックスヴァリューの上にあるゲオで「マグノリア」を借りてきた。
 「マグノリア」という言葉の入ったタイトルの映画が双葉さんの推薦映画の中にあったはずと思ったのもあるんだけど、ジャケットにベルリン国際映画祭金熊賞受賞とあったので違ってても損はないかとも思ったわけだ。調べたら双葉さんのは「マグノリアの花たち」というハーバート・ロスの作品だった。そうか。確かシャーリー・マクレーンが出てるやつだ。いつか観てみよう。

 「マグノリア」は群像劇のアメリカ映画だった。
 監督はダニエル・デイ=ルイスが主演オスカーを獲った「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド(2007)」のポール・トーマス・アンダーソン(略してPTAというらしい)。
 ジェイソン・ロバーズ、トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ジュリアン・ムーア、ウィリアム・H・メイシー、ジョン・C・ライリーとか、その他にも色々と出ているけど分かったのはそれくらい。何しろ3時間超えの尺だもの。パソコンで観ながらふと中断した時に上映時間を見てびっくりしたね。
 幾つかのエピソードがパラレルに進行していって、確かにあるテーマに沿ったものなんだろうけど、僕にはよくわからなかった。
 タイトルの「マグノリア」というのは植物の木蓮(モクレン)の事なんだけど、ネットをググると特に意味はなく、映画の舞台になったロサンゼルスの通りの名前を付けただけという情報もあった。

 登場人物はこんな感じ。
 三人組の大人対子供のクイズ番組で大人を負かし続けている少年と彼の稼ぎをあてにしている父親。
 その番組の司会者で末期癌で余命いくばくもない老人は、不仲になって家を出ている娘の所に行くが追い返される。
 その娘は薬中で荒れた生活をしていて、彼女の部屋のTVの大音量に迷惑している近所の通報で駆け付けた警官(ライリー)は彼女を助けたいと思ってしまう。
 その昔、同じクイズ番組で天才少年と呼ばれた男ダニー(メイシー)は、今はコンビニのしがない雇われ店主をしているが、ミスが多くて解雇を言い渡される。
 そのクイズ番組を作っているTVの大プロデューサー(ロバーズ)も末期癌で、コチラはベッドで虫の息。かつて捨てた息子に謝りたいと彼を探すようにつききりの男性看護師(ホフマン)に依頼する。
 その息子フランク(クルーズ)は怪しげな啓蒙講演と啓蒙本でセレブになっている。

 というような話が、先行きの分からない、だけどつい観たくなるそんな調子で語られる。
 面白い、けど何度も観たくなるようなテーマを内包しているようには見えない。善意の人もいるが、ネガティヴ・ピーポーの方が多いかな。

 ウィキペディアによると、<監督ポール・トーマス・アンダーソンは、「(この映画は)エイミー・マンの歌にインスパイアされて作った」、「小説を映画化するのと同じコンセプトで彼女の音楽を映画化してみたかった」と語っている>らしい。
 「♪Save Me」とか「♪ Wise Up」とか、色々と唄っているけれど、冒頭のクレジットとその後に10分以上も流れたコレ(↓)を聴いていると、この映画は一体どこに向かっていくんだろうと思ったもんです。

 出演者の件で、ジュリアン・ムーアは死の床についている大プロデューサーの後妻。金目当てに結婚したけれど、今は夫を死ぬほど愛していて、裏切っていた過去の結婚生活を悔やんでいる。
 どうも、『後悔』というのがこの映画のテーマのような気がしてきたな。




 
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ネタバレ備忘録 ~ 「ボーン・スプレマシー」

2018-05-02 | サスペンス・ミステリー
 記事を書いたのはシリーズ2作目の「ボーン・スプレマシー」だけですが、直後に「ボーン・アイデンティティー」、「ボーン・アルティメイタム」とレンタルで観まして、個人的には結局DVDを持っているこの2作目が一番出来が良かったと幸運のチョイスに嬉しくなっております。
 当初は細切れカット演出が嫌いだったのでお薦め度を★二つ半から★半分マイナスにしてましたが、エピソード構成が気に入って「一見の価値あり」になりました。なので、前回記事にしてなかった細かなエピソードについて書いておきます。
 未見の方には“ネタバレ注意”ですネ。

 「スプレマシー」を何度か観てて思い出したのがジンネマンの傑作「ジャッカルの日」。
 「ジャッカルの日」はド・ゴール暗殺を請け負った殺し屋ジャッカルとフランス警察との攻防を描いたサスペンスですが、「スプレマシー」も刺客を差し向けた(結果恋人を殺した)真犯人への復讐に燃えるジェイソン・ボーンとCIAとの攻防を描いているからです。

 ボーンはまずインドからイタリア、ナポリを経由してヨーロッパに入ろうとした所で税関のチェックにあいます。(実はパスポートによると3作目の後半の舞台として出てくるモロッコ、タンジールも経由したらしいですけど)
 イタリア配属の4年目のCIA職員にはボーンは荷が重すぎ、あっという間に逃げられ、おまけに携帯の情報も車も盗まれ、ボーンはパメラ・ランディという名前と直近にベルリンで起こったCIA絡みの事件の容疑者に自分がなっていることを知ります。で、とりあえずボーンはパメラに接触しようと狙いを狭めるんですね。彼女がもうすぐベルリンにやって来ると知ったから。

 ベルリンに向かう途中、ミュンヘンにかつての仲間(マートン・ソーカス扮するジャーダ)がいた事を思い出しその家に入ります。
 その男はパメラの名も知らず、“トレッド・ストーン(踏み石作戦)”も2年前に終わったと言います。
 ちょっとした隙をみて男はボーンに襲い掛かり大立ち回りの果てに殺され、彼の通報を受けてやってきた3人のCIAもボーンの機転によりガス爆破の犠牲者となります。この辺りもやられそうになったから反撃しただけなのに、ボーン情報の危険度があがるだけなんですよね。
 この後、公衆便所で手に付いた血糊を必死で洗い流すボーンの姿に悲哀が感じられます。

 スパイ映画では最新機器だけでなく日常の何でもないモノを普段と違う使い方をしてアッと驚く展開にもっていったりしますが、ベルリンにやって来たボーンの行動も面白かったですね。
 ベルリンの観光案内本に掲載されているホテルに片っ端から電話をしてパメラの宿泊先を探り、予約を確認したら、そのホテルに入りながらホテルのフロント経由でパメラに電話をする。パメラが電話に出たところでフロントでパメラさんは居るかと尋ねる。フロント係はカウンターの電話でパメラの部屋番号を押すが、勿論話し中。ボーンは彼女の部屋番号を知ることになる、てな具合。

 「スプレマシー」では、パメラとボーンが互いの情報戦を戦う中で、ベルリン事件の背後にいる真の悪者に気付きやっつけるまでが描かれています。
 冒頭のインドに居る時から悩まされていたフラッシュバックの記憶も取り戻し、それがベルリン事件に結び付いていたことも分かるという、シリーズの2作目ですが、これ単発としても完結されていると思いますね。

 ついでにフラッシュバックと背景の事件についても軽く。
 背後の悪者は“トレッド・ストーン”の責任者だったアボットでした。彼がCIAの巨額の資金を私的に流用し、或いは私的な見返りを隠してロシアの資産家に石油の利権を買わせ、利益を分配させていたのです。ところがその事を知ったロシアの諜報員がCIAに関連情報を売ろうとした。それを知ったアボットとロシアの石油王が殺し屋を雇ってベルリン事件を実行し、偽の指紋を残して容疑者に仕立てたボーンの殺害を狙ったのです。
 しかも、この悪徳石油王の不正に感づいたロシア民主活動家ネスキーが邪魔になったアボットらは、まだ“トレッド・ストーン”として正式に活動してなかったボーンを使ってネスキー暗殺を行っていたのです。ボーンが苦しんだフラッシュバックはこのネスキー暗殺のシーンなのでした。

 そして、終盤ではネスキーの残された娘に会いに行くのですが、そこでインドにやって来た殺し屋と再会します。
 この殺し屋、実はKGBの後継組織FSB(ロシア連邦保安庁)だったことも示され、最後はもの凄いカーチェイスの果てに死にます。CIAといい、FSBといい、なんともやり切れないですなぁ。




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■ YouTube Selection (予告編)


少年版「エレファントマン」かな。
ハート・ウォーミングな味付けみたい。

■ Information&Addition

※gooさんからの告知です:<「トラックバック機能」について、ご利用者数の減少およびスパム利用が多いことから、送受信ともに2017年11月27日(月)にて機能の提供を終了させていただきます>[2017.11.12]
*
●映画の紹介、感想、関連コラム、その他諸々綴っています。
●2007年10月にブログ名を「SCREEN」から「テアトル十瑠」に変えました。
●コメントは大歓迎。但し、記事に関係ないモノ、不適切と判断したモノは予告無しに削除させていただきます。
*
◆【管理人について】  HNの十瑠(ジュール)は、あるサイトに登録したペンネーム「鈴木十瑠」の名前部分をとったもの。由来は少年時代に沢山の愛読書を提供してくれたフランスの作家「ジュール・ヴェルヌ」を捩ったものです。
◆【著作権について】  当ブログにおける私の著作権の範囲はテキスト部分についてのみで、また他サイト等からの引用については原則< >で囲んでおります。
*
テアトル十瑠★ バナー作りました。リンク用に御使用下さい。 (2009.02.15)