テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

■ YouTube Selection (音楽)


合成だかCGだか知らないけど、画が良いねぇ♩

女と男の観覧車

2019-05-03 | ドラマ
(2017/ウディ・アレン監督・脚本/ケイト・ウィンスレット、ジム・ベルーシ、ジュノー・テンプル、ジャスティン・ティンバーレイク、ジャック・ゴア/101分)


 ウディ・アレンの作品は他の映画や小説にインスパイアされて作られたと思えるモノが結構あって、例えば「スコルピオンの恋まじない」はワイルダーの「アパートの鍵貸します」を思い出すし、「ギター弾きの恋」は明らかにフェリーニの「」とテーマが似てる。そして「ブルージャスミン」もテネシー・ウィリアムズの「欲望という名の電車」に触発されて作られたに違いない。
 この「女と男の観覧車」も何かにヒントを得たように見えるんだけどよく分からない。“義理の”とはいえ母親と娘が一人の男を取り合うっていうのは形だけに限定すると「卒業」だし、終盤の元女優と脚本家の卵との関係を見ると「サンセット大通り」も想起する。どっちも確信は持てないから多分僕の知らない何かなんだろうな。

*

 主な登場人物は四人。その中の一人NY大学生で劇作家を目指している青年ミッキーがこの物語の語り部となっていて、ナレーションと共に時々画面に向かって語りかけてくる。
 舞台は1950年代のNY州コニーアイランド。季節は夏。ミッキーは浜辺のライフセーバーのアルバイトをしていた。

 語り部のミッキーは今は寂れてしまっていると紹介したが、ヴィットリオ・ストラーロのカメラが描いたコニーアイランドはまさに避暑地として賑わっていた。
 ヒロインは公園内のレストランのウェイトレス、ジニー、39歳。ジニーの旦那のハンプティはメリーゴーランドの操縦係りで、二人は射的場の上にある部屋で暮らしていた。そこは元々見世物小屋だった建物だが、ハンプティが住居に改装して使わせてもらっているのだ。そして、二人は再婚同士。ジニーの連れ子の小学生リッチーは学校にも義父にも馴染まず、最近はあちこちのゴミに火を点けてはストレス解消しているという問題児だった。
 失意のバツイチ同士が互いを慰め合うようにして結ばれた二人なので、ハンプティはともかく、ジニーはまさに倦怠期真っただ中。おまけにリッチーの事があり片頭痛が絶えないのだった。
 そんな中、ハンプティの前妻との間に出来た娘キャロライナが父親を頼ってコニーアイランドにやってくる。
 父親の反対を振り切ってギャングの一員だった男と十代で結婚し、ハンプティとはもう5年も音信不通だった。病死をしたハンプティの妻(勿論、キャロライナの母親だ)が今際の際に『あのギャングとだけは駆け落ちしちゃだめよ』と言っていたのに、その言葉さえも無視して家を出て行った娘なのだ。
 ギャングに追われているという義理の娘を追い返すわけも行かず、家に連れてくるジニー。案の定、ハンプティは怒り狂ったが、心の底では再会を嬉しく思う所もあった。
 キャロライナの事情はこうだった。
 男とは離婚したんだが、その後警察にしつこく問われギャング団の内部情報を漏らしてしまったのだ。その事を知ったマフィアがキャロライナを抹殺すべく追っ手を差し向けてきたという事。着の身着のままでやってきたキャロライナ。親子の確執を知っているマフィアがここに来ることはない。キャロライナもハンプティもそう断言した。

 さて、ここでミッキーの告白があり、実はジニーとこの夏の初めに知り合い、只今不倫の真っ最中だという。
 落雷が懸念される人気のないある曇り空の浜辺で知り合った、詩人で劇作家の卵と元女優のアラフォー熟女。
 そう、ジニーは元々舞台女優だった。女優をしながらジャズドラマーと結婚し子供まで授かったのに、舞台で共演したハンサムな年下俳優と恋に落ち、それに気付いた夫が家を出たのだ。
 10歳以上の歳の差もなんのその、人妻との恋は初めてじゃないよとジニーの告白を意に返さないミッキーにのめり込むジニー。
 そんな中、避暑地に似つかわしくない厳つい男が二人、コニーアイランドに黒塗りの車でやって来る。マフィアだ。
 更には、ジニーと同じ店でウェイトレスを始めたキャロライナとミッキーが知り合う事になり、ジニーは義理の娘を見つめる恋人の視線にやきもきする。
 人間関係がややこしくなっていく予感と共に、不穏な空気が漂い始め、メロドラマは彼らの嘘や打算を隠しながらクライマックスへとなだれ込んでいく・・・。

*

 自分の過去を反省しながら、ちっとも未来の人生に生かしていないヒロインというのは「ブルージャスミン」と同じですな。
 秘密の恋人であるミッキーとキャロライナが知り合う事により、裏の三角関係ともいうべきややこしさが発生し、そこにマフィアが絡んでどんな悲劇が待っているかと想像しながら観てましたが、なんとも後味の悪い、人間の欲の深さを感じさせる結末になりました。終盤のケイトさんの演技は「ブルージャスミン」のケイトさんに負けていないですね。

 脚本も勿論アレンさん。相変わらず、軽快なジャズを伴奏に軽く語りながら、練られた台詞に人間の不可思議さが表現されています。
 同じシーンの中でも展開に合わせるように照明でムードを変えていくヴィットリオ・ストラーロのキャメラも素晴らしい。

 ハンプティにはジム・ベルーシ。若いジュノー・テンプルがキャロライナで、ジャスティン・ティンバーレイクがミッキーでした。





・お薦め度【★★★★=友達にも薦めて】 テアトル十瑠
コメント

愛妻家じゃなくて愛夫家 【Portrait Q -№148】

2019-05-01 | Who is・・・?
 ポートレイト問題第148弾。





 1930年アメリカ、ジョージア州生まれ。
 アクターズ・スタジオ出身で、同級生だった俳優と結婚した女優さん。旦那さんもスターだったけど、この方もオスカー受賞者だし、ウィキには<功績が称えられ、名前入りの星(☆)を歩道に刻むハリウッド・ウォーク・オブ・フェームに最初に認定された人物である(1960年2月9日)>なんて紹介されていますね。
 その主演オスカー受賞作品が日本未公開というのが残念です。

追加ヒント:オシドリ夫婦で有名でしたが、こんな写真を見ると旦那がどんだけ好きなの?って思っちゃいます。

 
コメント (4)

♩Wait Until Dark / Scott Walker

2019-04-25 | 音楽
 今日、ブログトップのyoutube(予告編)に載っける映画を探していたら、「スコット・ウォーカー 30世紀の男(2007)」というのが目に付きましてね。
 何故に今頃スコット・ウォーカー?と思ってググってみましたら、なんとスコットさん、今年の3月22日に76歳で亡くなっておられました。
 姉さん知ってるかなぁ?
 4つ上の姉が大昔にファンでしてねぇ。アルバムも何枚か持ってたし、コンサートにも行ったんじゃなかったかなぁ。キャァーッて黄色い歓声を上げながら観てたに違いないです。
 人気が最初に出た頃は、ウォーカー・ブラザーズっていう三人組のバンドでしてね。ま、バンドというよりはボーカルグループっていう感じ。スコットはリード・ボーカルで、端正な面立ちにバリトンボイスが渋い青年でした。
 姉がいない時でも、こっそりLPレコードを聴いてましたね。
 「孤独の太陽」、「ダンス天国」、「If You Go Away(行かないで)」、「ジョアンナ」、「The Sun Ain't Gonna Shine Anymore(二人の太陽)」・・・。

 そしてコレも印象深い曲、「Wait Until Dark」。
 1967年のアメリカ映画「暗くなるまで待って」の主題歌ですね。
 確か、まだこの映画を観てない頃で、だから映画より先に音楽の方を先に知ったんですね。
 いわゆるスコットさんのはカバーだと思いますが、映画の内容も知らなかったですから、そのメロディーやら声からロマンチックな映画って思ったんじゃないでしょうかネ。
 作曲はヘンリー・マンシーニ。
 「ムーン・リバー」といいコレと言い、オードリーの絡む作品はいい曲が多いですね。




 
コメント

オリバーの父 【Portrait Q -№147】

2019-04-01 | Who is・・・?
 ポートレイト問題第147弾。





 1907年イギリス生まれ。
 上の画像はまだ20代のロンドンの頃でしょうか。明るい青年という雰囲気ですが、二度目のハリウッド挑戦後、段々と年齢を重ねるうちに大根役者の汚名を返上し<カンヌ国際映画祭最優秀主演男優賞と米国アカデミー賞主演男優賞の両方を受賞した初めての俳優>となったそうです。
 ワイルダーが監督したその作品は僕も観たし、妻の殺害を計画するヒッチコックのスリラーも有名ですね。
 若い頃から監督業にも挑戦していた事、今回知りました。
 1986年3月に79歳でカリフォルニアで亡くなったそうです。

コメント (4)

あまくない砂糖の話

2019-03-21 | ドキュメンタリー
 数年前の健康診断で、それまで正常値だったHbA1c(ヘモグロビン・エー・ワン・シー)がイエローゾーンに入りましてね。その翌年には更に1ポイント悪い方に進んで、医師から病院の指導を受けるように言われたんです。
 暴飲暴食もなく、タバコも吸わない僕にできる事は、とりあえずは甘い間食を減らす事と有酸素運動でしょうか。ストレスで血糖が増えることもあるようだけど、かと言って仕事のストレスはどうしようもないしね。
 おかげですぐに1ポイント取り戻したんですが、それからが進まない。そしてちょっと油断すると又すぐに悪い結果が出るんです。なのでこの映画は映画としての出来よりも内容に興味がありました。糖があまくないのは実感してますからね。

*

 「あまくない砂糖の話」
 2014年に作られたオーストラリア製ドキュメンタリーで、日本公開は2016年3月。以前YouTubeの予告編をブログでも紹介したはずですが、もう3年も経っていたんですねぇ。
 オーストラリアの俳優兼監督デイモン・ガモーが、自身の身体を土台に砂糖が人間の身体に及ぼす影響を検証した作品。
 ガモーには同棲している恋人がいて、彼女は健康志向の女性。それまで普通の食生活を送っていたガモーも彼女の影響で健康になった実感がしている。で、もうすぐ赤ん坊が産まれるのを機会に(つまり子育ての為に)食生活を見直そうとしたわけだ。世間で言われている砂糖悪者説を実証してみようと。
 勿論、実験に当たっては医師や栄養士の助言や指導を受け、結果の評価もしてもらっている。

 実験のルールは5つ(以下、オフィシャルサイトより)
 ① 一日にティースプーン40杯分の砂糖(160g)を消費すること
 ② ソフトドリンクやアイスクリーム、チョコレートなどのお菓子の類は避ける
 ③ 低脂肪ヨーグルトやシリアル等の「実は砂糖が多い食品」から摂る
 ④ 必ず「低脂肪」の食品を選ぶこと
 ⑤ ジョギングや筋トレなどの運動習慣は続けること

 これを60日間続けてみるのだ。
 一日に小さじ40杯分というのは、オーストラリア人の平均的な摂取量らしいです。
 最初にこの映画の事を知った時には、甘いお菓子をたくさん摂るんだろうと思ったので、②番目のルールには驚きました。そして、改めてシリアルなどの一見健康食品のような顔をしているモノに糖分が沢山入っているのも驚き。牛乳と一緒に摂っても、その牛乳にも乳糖という糖分はあるし、タンパク質よりも脂質や糖質の方が多いんですよね。

 実験開始してすぐに体重は増え始めるし、腹部周りも大きくなる。

 ドキュメンタリーでもこれは商業映画なので、目先を変えたエピソードもある。
 一つは、オーストラリア原住民のアボリジニの集落を訪れること。
 アボリジニはそれまで年間に飴玉一つ程度の砂糖しかとっていなかったのに、大きなスーパーが出来、白人と同じ食物をとるようになると俄然肥満傾向になってくる。特にコーラの消費率が世界で一番と言われるまでに増え、やがてこの地区に住むアボリジニは糖尿病やその合併症の腎臓病などに罹患し、40代で亡くなる人が増えてくる。
 この地区の健康問題を取り上げたジャーナリストのおかげで、政府も税金を使って健康的な生活が出来るようにスーパーの食品を改善していったが、ある時から予算が削られた。アボリジニの人々は再びコーラにのめり込むことは無かったが・・・。

 肥満の先進国であるアメリカにもガモーは飛ぶ。
 まずびっくりするのは緑黄色野菜を使ったグリーンスムージーに34杯分の砂糖が入っていた事。アメリカ版のスムージーを飲んだことがないから分からないけど、やっぱ甘いんだろうね。
 ここでもやはり清涼飲料水に依存した若者が出てきて、十代にして総入れ歯にせざるを得なくなってしまった少年の治療の様子も出てきた。赤ん坊の頃から、哺乳瓶にそういった砂糖水を入れて飲ますことが普通に行われている事にもビックリでした。
 ガモーはジャーナリストに接触し、米国食品会社の製品開発の裏側にも迫る。どれ位の甘味料が一番顧客に好まれるかを驚く様な数のサンプルの試飲、試食を重ねて作られていること。企業の関心は如何にしたら売れるかで、顧客の健康への配慮なんかは全然ないってことです。

 砂糖を摂ることによって、人間の身体にどんな影響があるのか。麻薬の依存症と同じような依存体質になるのは何故かなど、科学的なお話も出てきます。
 一瞬、NHKの「人体」を思い出すようなシーンもありましたが、ま、これ以上はネタバレ過ぎなので止めておきましょう。
 一つだけ言っておきたいのは、実験前と実験中の摂取カロリーはほぼ同じだったという事。同じカロリーを摂っていても何から摂ったかによって全然違う結果が待っていたんです。
 百聞は一見にしかず。血液関係に異常のない人も一度は観るべきでしょう。
 (↓)予告編を観てもらえば分かりますが、真面目なテーマにもかかわらず、CGを使ったりポップな曲も使って気楽に観れる作品です。

 ※ オフィシャルサイトはこちら





・お薦め度【★★★=一見の価値あり】 テアトル十瑠
コメント (4)

■ YouTube Selection (予告編)


また、ドキュメンタリーです。
図書館で働いていた娘に紹介したいです。

■ Information&Addition

※gooさんからの告知です:<「トラックバック機能」について、ご利用者数の減少およびスパム利用が多いことから、送受信ともに2017年11月27日(月)にて機能の提供を終了させていただきます>[2017.11.12]
*
●映画の紹介、感想、関連コラム、その他諸々綴っています。
●2007年10月にブログ名を「SCREEN」から「テアトル十瑠」に変えました。
●コメントは大歓迎。但し、記事に関係ないモノ、不適切と判断したモノは予告無しに削除させていただきます。
*
◆【管理人について】  HNの十瑠(ジュール)は、あるサイトに登録したペンネーム「鈴木十瑠」の名前部分をとったもの。由来は少年時代に沢山の愛読書を提供してくれたフランスの作家「ジュール・ヴェルヌ」を捩ったものです。
◆【著作権について】  当ブログにおける私の著作権の範囲はテキスト部分についてのみで、また他サイト等からの引用については原則< >で囲んでおります。
*
テアトル十瑠★ バナー作りました。リンク用に御使用下さい。時々色が変わります。(2009.02.15)