テアトル十瑠

1920年代のサイレント映画から21世紀の最新映像まで、僕の映画備忘録。

■ YouTube Selection (音楽)


セイフ ヘイヴン

2019-11-05 | サスペンス・ミステリー
(2013/ラッセ・ハルストレム監督/ジュリアン・ハフ、ジョシュ・デュアメル、コビー・スマルダーズ、デヴィッド・ライオンズ/116分)


ラッセ・ハルストレム監督の「セイフ ヘイヴン」を観る。2014年に「HACHI 約束の犬 (2008)」を観て以来だな。ま、「アンフィニッシュ・ライフ (2005)」は何回か再見したけれど。

アメリカ、ボストン。警察に追われた若い女は当てもなくアトランタ行きの長距離バスに乗り込み、途中トイレ休憩に立ち寄った港町サウスポートの様子に惹かれバスを降りることにした。ケイティと名乗った女は森の中の古びた小屋を借り、海辺のレストランで働き始める。バス停留所近くの雑貨屋の店主アレックスは二人の子持ちで、長距離バスから降り立った彼女が町に残ったのが気になった。ケイティの通勤路にアレックスの店はあり、徒歩通勤の彼女の為にアレックスは中古の自転車をプレゼントする。初めは断るケイティだったが、ケイティの小屋の近くに住むという女性ジョーに諭され彼の好意を受ける事にした。レストランの女性オーナーによると、アレックスは数年前に奥さんを癌で亡くしたばかりで失意の中にいたが、長男のジョシュが父親に反抗的な態度をみせるのにも悩まされていた。ジョシュも母親が恋しいのだ。ジョシュの妹レクシーは母親の記憶が薄いおかげか明るい女の子で、入学前なのに店番も出来るおしゃまな子だった。他人との距離をおくケイティだったがそんなアレックス一家とのふれあいが続いて仲良くなれた頃、アレックスは警察署でケイティの指名手配写真を見つけるのだった・・・という話。

冒頭はサスペンス風。サウスポートに着いてからはボーイ・ミーツ・ガールからのラブ・ロマンス。それでも序盤の犯罪絡みの続きが細切れに語られて、先行きが気になるミステリアスなムードも有る。全体の設定が掴めてからは終盤にスリラーっぽい展開もあるのかと思わせつつ、最終的にはハルストレム監督お得意のお伽噺ムードも漂ってきて・・という不思議な作品。

これ以上書くと作者がせっかく秘密にしておいたモノがネタバレしてしまうので止めておきますが、個人的には全体の設定はそれほど目新しくも無いし、面白さの半分以上は監督の語りの巧さによるもので、人物描写もそれほど個性的ではない。
 家族の愛情というのが大きなテーマなんだけど、ミステリー風に語られる犯罪が暗すぎて不統一感を感じるな。

全ての俳優さんが初めての人ばかりで、ヒロインのジュリアン・ハフはちょっとメグ・ライアンを思い出す可愛いらしさだけど、アレックス役のジョシュ・デュアメルと共に過去にラジー賞の受賞者だった。なんとなくこの映画の人物描写の浅い感じがあるのは演技者のせいかも。

お薦め度は★二つ半。監督の語りの巧さと、俯瞰撮影を絡めた独特のムードは好物なので★半分おまけです。

原作者のニコラス・スパークスは「きみに読む物語(2004)」の原作者でもあるし、ハルストレム監督は「親愛なるきみへ (2010)」というベストセラーの映画化も手掛けている。


▼(ネタバレ注意)
先立った者の残された者への愛情の深さが裏のテーマでしょうか。
 それにしても、ジョーさん。ケイティと二人だけの所に現れるのは構わんけど、群衆の中に出没するのはどうなんだい。知ってる人も沢山いるでしょうに。
▲(解除)





・お薦め度【★★★=一見の価値あり】 テアトル十瑠
コメント

ミセス・トランプではありませぬ 【Portrait Q -№154】

2019-11-01 | Who is・・・?
 ポートレイト問題第154弾。





 1940年9月、イリノイ州シカゴ生まれ。
 もう今年79歳ですか。
 父親はボリビアのラパス出身で母親はアイルランド系アメリカ人だそうです。
 ポートレイトは顔だけですが、実は“20世紀最高のグラマー”と云われたほどのボン、キュ、ボンでして、セクシーなボディラインを生かしたSF映画やあり得ないビキニ型の衣装を着た原始人で人気者になりました。
 実は本人はコメディ志向だったらしく、30代にはゴールデングローブでコメディ部門の女優賞を受賞したとか。
 娘さんも女優になっていて、デビュー作のSFは面白い作品でした。母親似でセクシーだったなぁ。

コメント (4)

ニュースの真相

2019-10-22 | サスペンス・ミステリー
(2015/ジェームズ・ヴァンダービルト監督・脚本・共同製作/ケイト・ブランシェット(=メアリー・メイプス)、ロバート・レッドフォード(=ダン・ラザー)、トファー・グレイス、エリザベス・モス、ブルース・グリーンウッド、ステイシー・キーチ、デニス・クエイド/125分)


 ツイッター風に書くので微妙なとこに触れる可能性もあり、未見の方にはネタバレ注意です。


ツタヤで「ニュースの真相」をレンタルして観る。「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」に続いてマスコミ報道に纏わる実話の映画が続いちゃうけど、別にコレを観たくてお店に行ったわけじゃない。探しに行った映画(アーサー・ペンの「小さな巨人」)が置いてなくてたまたま選んだだけなんだ。ジャケットに覚えがあったし、レッドフォードだし、ブランシェットだしネ。

映画の内容を書くのがめんどくさいのでallcinemaの解説を引用する。
<2004年9月、米CBSの看板報道番組『60ミニッツII』では、再戦を目指すジョージ・W・ブッシュ大統領の軍歴詐称疑惑という一大スクープを特集するが、根拠となった証拠に偽造の疑いが浮上し、一転して番組の名物アンカーマン、ダン・ラザーが事実上の降板に追い込まれる一大不祥事に発展した。本作は、ダン・ラザーとともに大統領の疑惑追及で中心的役割を担った同番組の女性プロデューサー、メアリー・メイプスの自伝を基に、一連のスキャンダルの真相と、激しいバッシングの渦中で、なおもひるむことのないジャーナリストとしての信念と矜持を描き出していく社会派サスペンス。主演はケイト・ブランシェットとロバート・レッドフォード。監督は「ゾディアック」「アメイジング・スパイダーマン」などの脚本を手がけ、本作が記念すべき監督デビューとなるジェームズ・ヴァンダービルト>

事前情報を持たずに1回目を観たものだから最初は色々な人の名前が出てくるので状況が掴みづらかったけど、後半は流れも分かりやすくハラハラもさせてくれて面白かった。メアリーの親父も声だけだけど出てきてクソっぷりが腹立たしくメアリーを応援してたんだけど、いくつか腑に落ちない所もあって2度だけじゃなくて、3度目も観る事になった。

腑に落ちないというのは、あの偽造疑惑となったブッシュに纏わる軍隊時代の上官のメモのコピーをもたらした男の扱いだ。「ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅 (2013)」でもお似合いの顔つきで嫌味な男を演じていたステイシー・キーチがここでも旦那思いの女房を連れてメアリーに文書を見せるんだけど、後日、あのメモは見知らない数人の人々から渡されたもので、内容はホントだと思うから自分が表に出ないのを条件にマスコミに流したとぬけぬけと告白する。
 メアリーの回顧録が元だからあの夫婦に遠慮してるのかも知れないけど、歯に衣着せたような扱いだったな。あの奥さんは自分達は被害者だと言わんばかりの態度だったけど、どうみたってあのご亭主はマスコミを利用して反ブッシュ側に秋波を送っていたでしょう。その辺、映画はぼかしてたよね。

も一つ言うと、最終的にメアリーが悲劇のヒロインになっているけれど、元々反ブッシュサイトの運営者からもたらされた情報源だからソコを疑わなかったメアリー達の甘さもあるよね。メアリーの上司達も甘いし、狡い。
 ただ、この騒動が『木を見て森を見ない』状況だったと反論した彼女の言葉には賛同する。日本のマスメディアにもこの手の騒ぎがやたら多いのにうんざりしてるから。

終盤では騒動は第三者委員会によってメアリー達の仕事の反社会性の有無が判断される。裏ではCBSの時の政権に対する忖度もあっただろうけど、そこには表立っては触れていない。ま、そこに触れるとテーマがぶれてくるからしょうがないけれど。

レッドフォードが演じたジャーナリスト、ダン・ラザーは魅力的だった。
 ブルース・グリーンウッドはCBSの社長役。デニス・クエイドはメアリーと一緒に番組を作る友軍ジャーナリスト役。
 レッドフォードは勿論だけど、みんな結構老けてきたなぁ。

映画の出来は★三つ半。お薦め度は一見の価値あり、かな。
 展開も描写も面白いけれど、最終的に敗北で終了というのがなぁ・・。





・お薦め度【★★★=一見の価値あり】 テアトル十瑠

コメント

2018年に観て、記事にしていなかった映画

2019-10-16 | つぶやきメモ
 基本的に観た映画は全て記事にしようと始めたブログですが、紹介するまでもない作品もあるし、自分の理解を超えたモノもあるし、更には時間が無くて書けなかったものもあるしでなんとなく心残りだったんです。しかしそう云ったモノもツイッターには残しておいたりしてるので、今回そのツイートを備忘録としてアップしました。2019年もあと数か月という時期に、何故か2018年分からです。

*

・2018年01月04日(木)
アレンの「ミッドナイト・イン・パリ」を観る。なんかスチール写真ではゴッホタッチの絵が見れる感じだったけど、ゴッホは出なかったな。ゴーギャンは出たけど。オープニングのモネの絵を模した画は良かったなぁ。

・2018年05月25日(金)
一昨日、何十年かぶりにマルの「好奇心」を観た。双葉さんの評点が良かったし、マルの新作ということで高校生の頃に新作で観た映画だ。15歳の少年の童貞を捨てる話。そのお相手がなんと(!)というお話だが、当時はよく分からなかった。今はさらりと見れた。マル風スケッチ私小説。

・2018年06月08日(金)
レンタルにて「アイ・イン・ザ・スカイ」を観る。漠然とキャスリン・ビグローが絡んでいると思い込んでいたが、監督は出演も兼ねているギャヴィン・フッドという男性。中堅の軍人の役だった。

正式には「アイ・イン・ザ・スカイ 世界一安全な戦場(2015)」。以前、ブログで予告編を紹介して観たかった映画だ。イスラム国で主要な地位にいる欧米系のテロリストを英国軍がドローン軍機で攻撃する話だが、攻撃目標のそばに民間人の少女を見つけた為に政治的判断において葛藤する。

中盤までは硬派のサスペンスが高まっていくが、既視感のある政治家への批判的なシーンが出て来たリ、イスラム少女への配慮によって硬派の色を薄めていくのが印象的にはマイナスか。クライマックスにも雑な編集あり。★三つ。

・2018年09月03日(月)
「光をくれた人 (2016)」を観る。およそ100年前のオーストラリアの物語。美しく雄弁な映像と落ち着いた語り口は見応えあるけれど、ストーリーにデジャヴ感が・・。孤島での生活の為せるモノとはいいながら、愚かな行いの報いは予測通り。お涙頂戴的なエピローグにも違和感がありやす。

・2018年09月07日(金)
「光をくれた人」期限が来たので返却する。二度目を観るのに迷っている内に急な仕事が入って、結局一度しか観てない。今の所の感覚でいうとお薦め度は★三つかな。演出力が及第点だったから。謳い文句のように泣けることは無いだろうな、もう一度観ても。

・2018年10月24日(水)
マウロ・ボロニーニの「わが青春のフロレンス」を観る。高校生の時に封切で観た映画だ。半世紀近く前に観た映画だからオッタビア・ピッコロが出てたことくらいしか覚えてなかったが、ティナ・オーモンも出てたとは。主演はマッシモ・ラニエリ。海馬の奥に残っていた名前。この童顔の俳優だったか!

「わが青春のフロレンス」でのトリヴィア。オッタビア・ピッコロを見ててリンダ・ブレアを思い出した事。年齢はピッコロさんの方が10才上だけどネ。

・2018年11月04日(日)
何十年かぶりの願いが叶ってカレル・ライスの「裸足のイサドラ」を観る。芸術至上主義者を描いた作品って共感できないからいまいち入り込めないなぁ。だからコレはヴァネッサの演技を楽しむことにした。若い頃から50代までを演じた31才。我が子を亡くすって、現実と重なってなんか因縁めいてる。

*

 ツイートに出てきた映画は今後記事にしないという事ではありませんので、今回のツイートとは違う評価で個別記事にて登場する作品もあるでしょう。



コメント

♫ Hush...Hush, Sweet Charlotte / Al Martino

2019-10-10 | 音楽
 映画が観れてないので、再び音楽記事です。

 「♫ Hush...Hush, Sweet Charlotte」
 1964年のアメリカ映画「ふるえて眠れ」の主題曲ですね。
 映画の原題も歌と同じであります。
 もう随分前にTV放映されたモノを観ましたが、すっかり内容は忘れてます。
 ベティ・デイヴィスが主演して監督はロバート・アルドリッチ。1962年に同じコンビで作られた「何がジェーンに起ったか?」の姉妹編と云われましたね。
 「何がジェーンに起ったか?」ではジョーン・クロフォードが共演してましたが、「ふるえて眠れ」ではオリヴィア・デ・ハヴィランド。どっちも怖いですねぇ。共演じゃなくて怖演ですな。

 ジャンルはサスペンス・スリラーですが、主題曲はバラードのような哀愁のあるメロディで、僕はパティ・ペイジで覚えてたんですが、調べると映画ではアル・マルティーノという男性歌手が唄ってました。

 アル・マルティーノ。
 ウィキではこう書かれています。
<アル・マルティーノ(Al Martino、1927年10月7日 - 2009年10月13日)は、アメリカ合衆国の歌手・俳優。
 フィラデルフィア出身。両親はイタリアアブルッツォ州出身の移民。本名は Jasper Cini。アメリカ海軍に従軍し、硫黄島の戦いで負傷した。
 1952年、「Here in My Heart」がアメリカとイギリスでそれぞれチャートの1位を記録した。その他、「I Love You Because」(1963年、全米3位)、「Mary in the Morning」(1967年、ビルボード・イージーリスニング・チャート1位)などのヒット曲を持つ。
 1972年、映画『ゴッドファーザー』のジョニー・フォンテーン役として女たらしの落ち目の中年の歌手を演じる。ジョニー・フォンテーンはフランク・シナトラがモデルとされるがアルの方が8歳若い。その後俳優としての目立った活動は見られなかったが、1989年に『ゴッドファーザー PARTⅢ』に再登場した。2009年10月13日、心臓発作により死去。82歳没>

 そういわれるとなんか聞いた事のある名前だよなぁ。自信はないけど。
 1位の曲が二つもあるんだから大したもんです。
 それにしても、こうして記事にするとその人の命日が近いとか、誕生日が近いとかなんか不思議な縁を感じる事多いけど、今回も・・ネ。





 
コメント

■ YouTube Selection (予告編)


いよっ、待ってました!

■ Information&Addition

※gooさんからの告知です:<「トラックバック機能」について、ご利用者数の減少およびスパム利用が多いことから、送受信ともに2017年11月27日(月)にて機能の提供を終了させていただきます>[2017.11.12]
*
●映画の紹介、感想、関連コラム、その他諸々綴っています。
●2007年10月にブログ名を「SCREEN」から「テアトル十瑠」に変えました。
●コメントは大歓迎。但し、記事に関係ないモノ、不適切と判断したモノは予告無しに削除させていただきます。
*
◆【管理人について】  HNの十瑠(ジュール)は、あるサイトに登録したペンネーム「鈴木十瑠」の名前部分をとったもの。由来は少年時代に沢山の愛読書を提供してくれたフランスの作家「ジュール・ヴェルヌ」を捩ったものです。
◆【著作権について】  当ブログにおける私の著作権の範囲はテキスト部分についてのみで、また他サイト等からの引用については原則< >で囲んでおります。
*
テアトル十瑠★ バナー作りました。リンク用に御使用下さい。時々色が変わります。(2009.02.15)