3RD EYE STUDiOS
街角の映像制作下請け零細業者のブログ





よく「三脚はどれがいいですか?」って聞かれる。三脚は高いの買っても損じゃないよ、と、ザハトラーかビンテンのいいやつであとは好みで、、、と紹介してたんだけど、昨年これが出てからはこれ一択で勧める。っていうか、プロのカメラマンたちもこの三脚を使った人全員「これがファイナルアンサー」という。これから三脚を買う人はこれ以外を選んだらダメ。75mmじゃなくて100mmという人はFlowtech 100が出るのを待つべし。 . . . 本文を読む

コメント ( 13 ) | Trackback ( 0 )






入学式や運動会のシーズンにビデオカメラやカメラが売れる、というのはよく聞く話だ。晴れの舞台を残しておきたいという親の気持ちが反映された売れ方だろう。でも、本当に残したいのはそんなことだろうか。子育てしていて日々そう思う。映像は記憶の外部保存のようなもので、何も起きないなんの変哲もない日々が映像に残した途端に特別な日々になる。それが映像の力ではないだろうか。そして、そのなんでもない日々こそが、ほんとうは運動会より入学式より、いちばん懐かしい、取り戻したい時間なんだなあ、と思いつつ毎日暮らしている。 . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )






おかしい。これは絶対におかしい。先日来、CC2018に乗り換えてみようと、プロジェクトを徐々にアップグレードし始めてみたら、なぜだかわからないがイライラする。最初はその心理的ストレスの原因がなにかわからなかったんだが、何が原因だ?と探るとどうも保存時間が異様に長いということに気づく。それでも半信半疑でいろいろ検索すると、どうもAE CC2018で保存時間が長いと感じているユーザーが他にもいることを発見。自分で検証してみたところ、自分の環境では20倍の長さがかかることがわかった。他にも同じ経験をされてる方がいたらコメント欄でぜひ共有ください。 . . . 本文を読む

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )






AppleのスマートスピーカーのCM、みんな見たはず。KENZOのCMに続く、ジョーンズ監督以外にはなしえない独創的な映像。もう、これが出たときから「どうやって撮ってんだ?」とメイキングをワクワクして待ってました。で、メイキングが出たので見たら、打ちのめされました。確固たるビジョン。揺るぎない演出。そんなのは当たり前で、まさかの監督自らカメラ担ぐ、まさかの振り付けする、踊る、自分で美術動かす。。。。もうすごかった。 . . . 本文を読む

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )






SDカードのメーカーで信頼できるのはどこかという問題。だいたい「Sandiskがいい」なのだが、Sandiskは割高だしニセモノや得体の知れない並行輸入品が多く、ブランドは信頼できても小売段階で信頼出来ないという現状。Sandisk以外だと、Lexar、Transcend、Samsung、Toshiba、Kingstoneあたりが名のあるメーカーで、あとは海千山千みたいな感じだと思う。そして去年飛び込んできた、Lexarの親会社Micronがメモリ事業の売却というニュース。儲かってないんだな~という感想しかなかったのだが、そのLexarブランドはその後、中国Longsysが買収。やっぱSandiskかあと思ってたところにでてきたProGrade Digital!ニセモノを駆逐して欲しい! . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






先日Sandiskのカード3枚を購入したところ、3枚とも出てこなくなった。検索すると結構あるらしいので情報共有のためにブログに書いておきます。これはカードの問題なのかカメラの問題なのかは分からないが、GH5のSDカードスロットはかなりピッタリの設計がなされているっぽいのでシールを貼ったりすると出てこなくなるのでご注意。 . . . 本文を読む

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )






これ、ご覧になりましたか?見たことない映像。見たことないカメラワーク。こんな映像がこれからどんどんハリウッド映画に出てくるかと思うと、なんだか興奮もするし、ちょっと疲れる気もするし。。。いやあ、いま監督さんたち、どんな映像が撮れるか考えてるのかなあ。それにしても時代は進化していきますねえ。 . . . 本文を読む

コメント ( 6 ) | Trackback ( 0 )






子連れ出勤の是非が世の中を騒がせているので、最近僕が感銘を受けたこのインタビューを紹介しておきたい。ガル・ガドット様とクリス・パインが楽しそうに映画「ワンダーウーマン」の現場について語るインタビュー。彼らにとっても特別だったようで、ハリウッドですらもまだ特殊かもしれない。だけど、このインタビューを見て僕はとてもうれしく未来が明るいなあと感じた。 . . . 本文を読む

コメント ( 9 ) | Trackback ( 0 )






このニュース、知りませんでした。そして、アップルが本当にこの会社買収したのなら、ありとあらゆるカメラメーカーが危機的状況になると思われる。すごい。InVisageという会社。カタカナ読みすると「インビセッジ」と読むのかな。技術的なことは僕にはよくわからないけど、出てきてる絵を見たら未来が見える。 . . . 本文を読む

コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )






なんかこのシリーズ書いてるうちに効率厨な感じになってしまい、調子に乗ってPart 3。Part 3というほどではなく Part 2.1くらいなんだが、さらに自動化ができたのでご報告。前回エントリーの一点だけめんどくさいなと思ったことを改善できた。 . . . 本文を読む

コメント ( 10 ) | Trackback ( 0 )






先日のエントリから僕の中でも知見が広がり、さらに工数を減らすことができたので、共有しようと思う。やはりこういうのは書くといろんなことを教えてもらえるので、ほんとうにありがたい。以下のことをやれば字幕テキスト作りがさらに楽になります。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






小ネタ。ムービーに字幕テロップ(しゃべり追いテロップ)を入れることってよくある。テレビでもよく見る。僕が作るようなVP系の映像においてもインタビューにしゃべりテロップが入る。最近とみに増えてきたのはネッツ視聴を想定して音なしでも分かるようにテロップを入れる作業。そんな増え続ける字幕テロップ作業で最も便利なのがAfter Effectsだ。 . . . 本文を読む

コメント ( 8 ) | Trackback ( 0 )






最近、深センの電気街をウロウロして基盤、ケースや液晶を買って自力でiPhoneを組み立てた動画が話題になっていた。いまや中国はそんな夢のような場所。中国機材は質が低いという話をこのブログでも何度か書いたが、そんな話も今は昔。世界に冠たるドローン会社DJIを筆頭に、中国メーカーの興隆はとてつもないスピードで、むしろ中国メーカーの方が安心して買えるほどだ。そして、アメリカのメーカーの商品もほとんどが中国で作られており、類似商品も即座にマーケットに現れる。このクオリティが高い。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )






2017年7月4日午前3時17分。生きているといろんなことが起きる。まさか数年前には自分がこんな風になるとは思いもよらなかった。今回は4人目ということで緩みがちな気持ちを引き締めながらここ数ヶ月を過ごしていた。しかし、最後の一月はわりとやきもきした日々だった。というのも本人が「今回は予定日よりも早くなる」と宣言していたため6月の頭くらいから臨戦態勢だったから。お仕事先にも「すみません、早くなりそうなんでそのころやばいです」などなどとお知らせしつつ結局「いやまだなんです」と逆にご心配をかけてしまい、、ありがとうございました。結局今日でした。 . . . 本文を読む

コメント ( 28 ) | Trackback ( 0 )






ここ1~2年、急激に増えてきたHDR対応テレビ。4K/UHDの普及とともに各社新機種はHDR対応をうたい、価格設定も高めに、さも良いものかのように宣伝されている。スペックはどんどん高く、nitというこれまで聞いたこともないような単位が現れ、1000nitだ2000ニトだと、かまびすしい。ああ、ぼくもHDRでうちのAV機器を揃えたいなあ、、なんてなんとなく考えていて、UHDブルーレイやXBOX ONEを買ってみたりしていたが、先週その脳天をガツンとやられた。「HDRなんて必要ない」という衝撃のメッセージが、なんと僕が師匠と勝手に仰ぐカラーグレーディングのスペシャリストのブログエントリに上がったのだ。「HDRなんて全く必要ない。むしろ映像体験を損なう可能性がある」。。衝撃でした。 . . . 本文を読む

コメント ( 19 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ