戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

人間は考える葦である(パスカル)

2018-06-29 19:32:10 | 政治社会
人間は自然の中では最も弱い一本の葦である。
また思考すると強大な偉大さを発揮する。昭和
26~27年ごろアメリカヂュポン社のナイロン製
造の技術ならぬ製造設備の図面のみを購入した。
当時独自で合成繊維の製造中で、ノウハウ無し
の図面のみの購入の東洋レーヨンである。

 偶々小企業で通信用の水晶発信子用恒温槽を
作っていた会社がこの原理を合成繊維製造の極
端に御温度制度の要求に応用出来ないか売込に
奔走、東レは試作品を細部にわたり分解し温度
精度に於いて採用を決定した。人間は考える葦
である。徹夜もやり思考錯誤を繰り返しながら
東レと格段の差のある小企業に特許料を支払っ
まで、自社の技術の確立を図った当時を思い出
させる。
 今日特殊技術に残業手当を頭打ちを設ける話
人はこの間だけこれを考えろ。後は休めと自由
自在に切り替えられるものなのか。長時間労働
は指揮者が寝食を伴のしなければ、生死の弊害
に繋がる。東レの場合建設部次長がそれを担っ
た。これを成し遂げた小企業の社長は今はいな
い。立派な社歴が有りながら社史がない。激動
期の人は各々が人間の葦に甘んじ日本産業を維
持、政治も本気で、取り組んでほしい。

コメント

時代が変わったことの認識の甘い政治

2018-06-27 10:04:53 | 政治社会
政治家が最も力を入れるのは名誉でも報酬でも
ない国民の信頼と安寧、後世に真価が評価され
る活躍である。時代を洞察する力のある政治で
或る。
 出生率の低下、子供を生まないほうが幸福で
あると思わせた世辞の貧困、これを国民に押し
付けける。   
 国民より一歩前を見通す布石の政策立案能力

 金がなければ政治が出来ない政界の欺瞞横行
の弊害の排除

明治、大正、昭和と平成の大きな違いは良き伝
統を失った事である。先祖伝来の伝統を尊ぶ思
想が希薄となったことである。鶴瓶の家族に乾
杯を見ていると地方都市の部落ぐるみの生活が
生き生きとしている。後継者では悩んでおられ
るが堂々たる家屋に、先祖を待つる漲ってって
いる姿を見るたびにの日本の未来が或るようだ。

新しい政治家が出てもパッとしないのは、井戸
塀根性がなさすぎる。取り返しのつかぬ恥があ
る。急場の用立ての予備軍資金、処理を間違え
れば信頼、期待は一挙に崩れる。
政治はもっと真剣であれ。平成の滞在は安倍氏
が責任を負うべきだ。拉致問題解決には安倍氏
ではたっせうい出来ぬ。
コメント

北朝鮮に原発装置を提供の政府案

2018-06-26 19:41:15 | 政治社会
朝鮮半島に今原発が何基あるかは知らないが、
これ等が事故を引き起こした場合、セシウム
137の半減期に30年が必要だ。自然現象
の風向は日本に災害をもたらす。これを無視
すて北朝鮮に原発を進めることが重大事だ。
日本国内でも原発の廃炉を叫ばれてから久し
い。国民が最重要要素の国家が、他国なら、
敢えて原発に配慮がいらないとする思想が、
気に食わない。韓国にはすでに存在する。
北朝鮮には原爆は有っても原発がないかは
詳細不明ながら、多くの国民を苦しめながら
威嚇兵器に成功したが、まだ多くの国民が
貧困に喘いでいる国にはたして原発が必要
だろうか。東芝が苦しみ、又日立も原発の
海外進出で経営の危機に立たされている。
見掛けだけの国力は如何なものか。日本
の政治が今どんな立場にあるか、モリカケ
隠蔽、黙秘、改竄の四面楚歌 誠実を失っ
た責任を速やかにとるべきだ。




コメント

平和を唱えながら何故軍備が必要か

2018-06-25 11:02:28 | 政治社会
軍備が即戦争開始のような内容を吟味しない意見には
反対である。登山を例にすれば無装備、未計画では事
故の危険は極めて大きい。この計画、訓練無くしては
事故は防げない。一に訓練による経験が安全を保てる。

軍備また然り。国を護る為の何が必要か。例を自分の
家の安全はどうするか。鍵勿論必要、鍵だけで防げな
いガラスの破壊、塀の破壊等予防する必要がある時代
となった。今でも部落内は施錠しない平和な所もある。
しかし周囲の状況がそれを許さないのが、国家の防衛
である。

四方膿に囲まれた河岸線の長い日本で国の防衛とは
国家間の戦争でない争いは常時発生している。米軍
基地があるからの原因に限らない。国を護る装備は
絶対に必要である。なぜかと言えば、装備の性能
維持訓練を必要とする兵器は過去と格段の違いであ
る。国産だけでは間に合わない。世界中から必要と
する装備を調達するには納入まで数年を必要となる。
いざ現物が入手出来ても、訓練に予想外に時間と人
員が無ければ、効果は期待できない。思い付きで
高級な精度の装備は、気休めにはなっても死物化
の場合もあり得る。専門家無くして某国に組入ら
れた押付兵器は吟味の必要があるが、無防備でよ
い事にはならない。平和を説く論議に日本が戦争
をしかけていくと思うのか、人間個人はおおむね
平和ながら国家間の政治主導者には覇権主義者が
多い現状、防衛だけは忘れずに守りたい。運動競
技、観光、は平和に一助に過ぎない。
コメント

学童の災害防止対策は万全か

2018-06-24 11:30:18 | 政治社会
大阪地区の震災によるブロック塀の倒壊に因る
死亡事故は真に痛ましい。東北地震其の他での
ブロック塀倒壊はまだ風化する問題でない筈、
これからプールが始まるが、排水溝の網の問題
飛び込む場所の推進の問題、監視員の不備が懸
念される。ここでもまた事故が発生したら誰の
責任か。以前は屋上の明かり取り窓からの落下
等が指摘される。
 ブロック塀の工事業者の素人かと思わせる鉄
金の必要性の認識、これを指摘されて点検した
教育委員の認識不足、また学童の高音の騒音防
止に安易に高さを要求した事が事故を大きくし
た事は否めない。
 通学の交通安全、求められて久しいがが依然
後を絶たない。これが日本の政治と言えるのか。
拉致も重大な問題だが、国内政治で解決すべき
学童保護は、経済状況より優先すべき問題だ。、
コメント