戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

JIS.ISO,国内国際規格の認証に不正の疑惑

2018-07-23 19:58:41 | 政治社会
資源の少ない国日本、技術を誇っていたJIS規格、あるいは
ISO19001,ISO14001などの国際規格承認に巣性があるやに
報道された。事実なら由々しき事態である。規格品と安心し
て流通してきた。又事故が起これば工程から材料まで源材料
の追跡まで可能だったはずの規格が、認証のみ取って実際に
適用しなかった企業がのさばってよいものか。追跡可能ゆえ
万一の場合でも技術は維持できる。材料メーカが材質の異な
る遺物が混入しただけで信用は一気に吹き飛んでしまう。何
か下心が黴のように蔓延っていまいか。何処が監視監督して
いるのか、怠慢部署は迅速に排除すべきだ。儲け一点張りの
政府に要求すること自体、無理となってい  ないか。なかず、
飛ばずの温もりに隠れて酒盛りに現を抜かすと後進国以下の
日本となる。早く洗い直す勇気を持て。

追21日コメントを戴いたなすび様にはお礼申し上げます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 犠牲者をださぬ肌理の細かい... | トップ | 大平洋戦争の真の解明が残さ... »

コメントを投稿