戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

アメリカの苦悩

2016-04-26 14:56:53 | 日記
世界の警察官を維持するには、余りにも金がかかりすぎる。金だけではない。戦闘で人の命が奪われる。それなりの成果が見られない。将来を見渡すと中国とは友好でありたい。太平洋戦争で戦勝国となり、従順な日本国民の伝統を破壊し、再起できないまで傷みつけた。その間朝鮮の南北戦争に中国軍に朝鮮軍は戦線の張るか後方まで駆逐され、完全装備の武器は奪われ、遂に国連軍は停戦協定を結び、一人アメリカが韓国を指導してきたが、戦意の低下と、自国を自力で護る意欲のない韓国を護る必要なしとまで負担の重圧を感じ出した。将来を見据え、中国と緊密な連携を考慮する事態となった。日本も自国は自国で護る前にアメリカに戦闘を任せ、自国は後方支援しか出来ぬ国なら、徹底的に金蔓として金銭負担を要求する様相が見え隠れする。トランプ氏の熱狂的支持層が生まれてきている、今の日本は国のための死を恐れている。太平洋戦争は、後半制空権を失い、補給路を遮断され、病魔に侵されてもなお敢然と戦ったとはいえ、戦意を失った戦線も少なくない。勇敢にたたかった人は、無言で倒れ誰からも感謝されず、徒に靖国神社で再会を約しても遺骨一つ持ち帰れぬ悲惨さは今日もまざまざと責め続けていることを本当に理解されているのか、負け戦故、遺体を収容できなかったことを思えば、戦勝国の収容の鮮やかさが目に浮かぶ。整然とした墓地の維持を見ると、今後もし戦争が起きたら、負傷兵の収容等命がけで戦闘の一部として実施すべきだ。
コメント

未知の断層の活躍

2016-04-24 12:02:52 | 日記
熊本地震の16日に起きた本震の震源となった「布田川断層帯」の南側出未知の断層が活躍したとみられる痕跡が京都大の林愛明教授らのグループが確認した。これまで確認されなかった断層が動いたことで被害が拡大された。まだまだ断層の存在や地震予知の未知の存在が現実の問題となってきて、一番気になる原発の安全性が問われなければならない。小泉元首相は今なお原発の早急な停止を叫ばれている。憶測や風評か知らぬが、アメリカの原発の原料提供の任を背負わせられているゆえに止められないとまで流れている。急襲災害の規模と言い、災害対策の鈍さと言い言い逃れできないほどの対策であり、能力のようにも思える。自然災害でなく人間の能力の及ばぬ人災ともいえる。義援金だの募金だのと言う前に、国は思い切ったことをしなければ救済は遅れるばかりである。連続非難の疲労は増すばかり、警備を強化して、退避させる配慮が絶対に必要だ。運動不足の最たる自家用車内の生活は一刻を争う対策が必要だ。能力のない議員や役人は不要、自腹で場合によっては一食二食抜いてでもはい回る気概がない人は、来た貰っては害あって益なしだ。
コメント

選挙公約も決められなく公募したらと宣う政党は必要か

2016-04-22 09:01:08 | 日記
党名も公募して決めた。しからば参議院戦況の公約もこぼしたらと言う。誰が言う。代議士不要論だ。歳費等返上して公募政党にしたらよい。五箇条の御誓文に曰く。広く会議を起こし万機公論に決すべし。あるいは旧来の陋習を払い、天地の公道に基づくべしと言う。政党の信念無く徒に禄を食むの愚は反省すべきだ。

暴言は人格の欠如だ。差別語を連発して杳として恥じない議員は即刻辞任すべきだ。口先だけ取り消して何が出来る。有権者はよく記憶にとどめるべきだ。政党を批判するなら議論すべきで、見るも聞くも恥ずかしい醜態は国の恥だ。

1人募金活動一見美談に見える。確かに本人は美談とか、売名ではないと思う。ただ災害等の募金は、一人で出来るとなると、詐欺師の跋扈を招く。そこまで考慮して、募金活動するなり、報道する前に、ほかに方法がないか、一人でなく団体で正確な募金活動の透明性が必要と思う。

以上一日にしてこんな有り様、党首か幹事長か知らないが、質の落ちたこと甚だしい。
コメント

競争社会の功罪

2016-04-21 09:23:41 | 日記
自由主義の許当然競争社会となる。しかしその中には、当然秩序ある行為が求められる。
     不正データお横行  競争に勝たんがためにデータを誤魔化す例は少なからずある。一流企業においても自動車メーカー、薬品メーカー、建築
     業者に於いて極最近でも見受けられる。

     技術の差より価格競争となる。相手がつぶれるまで競争する。

     無節操で、徳育の欠如、教育のゆがみによる人格の欠如、経営者が自社の現状を把握できていない悲しいありさま、あたかも自分も被害者だと
     思っている風情。社内の風通しを良くし従業員を宝として扱え。将棋の駒ではない。生存をかけた人生を忘れない事。

中小企業の持つ特殊技術、大企業は一応自社での可能性を検討する。ノウハウ等にぶつかればとまるが、将来を見越して競争の対象とする。勿論特許も存在する故特許料を支払い、独占を考える。資本の力比べの様相ともなる。競争の罪の面である。

実現しない遅い技術。 自動車のアクセルとブレイキの踏み間違いの殺傷事件、いまだに国が積極的に動いたように思えぬ。成長産業ばかりに目を奪われず、短期間で解決できないほど難しいのか。なぜ競争しないのか。また問題として大きく取り扱えないのか。

人間は機械でない。千差万別の要素を持っている。競争に適しない人間も存在する。これらをいかに有効に活用するかが為政者の務め、人間を育てないと無節操な金銭主義とならない為の政を切望する。
コメント

産業競争力会議に対する私見

2016-04-20 14:16:44 | 日記
産業競争力会議なるもの、これ悉く競争である。競争だけが日本の進むみちなのか。
 伝統技術は後継者をなくし次第に失われてゆく。宮大工,製紙技術。彫刻、彫金、陶芸漆工芸、これらをいかに守るか。競争だけでは廃れてゆく。これ 等は日本文化である。

 子育て 人間形成の一番大切な三歳児までできれば親が育てるのが望ましい。経済力がやむなく親は働き子供は他人に依頼しその差額で生活を助ける現 状は改善すべきである。また育児を預ける設備の不足は、本来は都市の中心に金融機関が並ばず、一歩下がった位置に移り駅前などに保育所等設けるの も一案ではないか。

 IT関連でプログラミングを小中学生から必修とするとはいかがなものか。一般常識もなく、プログラムを学べば、ゲーム化するだけでは、何も必須する 価値があるのか。数学を学んだ方がはるかに知性が生まれる。

 観光立国 基本は銃社会でない安全と、融和のとれた国民性にある。すべて競争で観光事業を起こせば、ろくなことは起きない。すべてが金である。

 健康立国 自分自身振り返り見て、サラリーマン時代は多少体調が不調でも、休みが取辛く病院へ行けば最小半日は休まなければならず、ついつい我  慢し特に歯治療など始末の悪いもの、早めに治療できればよいに決まってる。夜間診療の普及も患者の立場からは言いたいことの一つである。70歳
 まで現役で過ごすことができれば、労働力は飛躍的に増加する。

 一度地震等に見舞われると、原始に戻り、かつては石井式沪水器なるものがあった。川の水を飲料する最小限の安全対策であった。いまは無い。電気釜
 の普及で炊き出し釜お大き目のが無い・文明にも不自由な時もある。人の不幸な時不埒な行動をする人間もいる。競争に敗れたのか、教育が廃れたのか
 悲しい限りである。
コメント