戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

大平洋戦争の真の解明が残された話題が提供

2018-07-28 12:10:15 | 政治社会
「沖縄スパイ戦史」が28日映画となり発表、
直接的本土防衛の初戦であり終戦となった沖
縄の軍が民間人を使い、諜報の中野学校より
の教官指導で陣地潜入し爆破や白兵戦を戦わ
せた。幼い学徒(15~17才)にである。また
スパイ容疑者を「国士隊」と称する裏の村の
有力者に作らせ虐殺させたと言う。
 思えば私が東部ニュ^ギニヤ戦線で経験し
たのは師団の各部隊から切り込み隊を編成し
飛行場爆破の目的で中野学校教官が指導した
経験があるが、初回の切り込み隊で失敗し取
止めとなったが、マラリア、栄養失調の身体
では成功の見込みは全くなかった。よしんば
成功した時はその敵の反撃は半端じゃない。
面子だけの行動では戦争にもにならない。
映画で凄惨な場面を見てもどこが間違ってい
たか解明すべき事項検証しなければ何時かは
再び同じことが起こる。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« JIS.ISO,国内国際規格の認証... | トップ | 罪を憎んで人を憎まずの難しさ »

コメントを投稿