戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

都庁には本当に責任者不在の体質なのか

2016-09-30 09:42:53 | 日記
土木でも建築でも、設計仕様書がありり、設計計算書があり、設計図が出来上がる。変更があれば変更箇所、日時を記録するものと思っていた。特に現場に対しては、即変更を指示しないと、工程が乱れる。しかるに誰が何時、どこを変更おを行ったか責任者がいないとは何事か。組織上の責任者は明確の筈、責任が取れないなら、辞めざるを得ぬ。人命に関わる問題を含む場合は特に厳しい筈、今豊洲市場の問題は、移転を検討する当初からの問題である。いま尚地下水の汚染を聞くと根の深さを感じる。権力で押し通せる問題でない。オリンピックと切り離して、筑地、豊洲問題を検討し、魚市場を観覧コースから除外して解決を図るべきだ。私が5/13のブログで指摘した通り総予算も確実に実行する部署も明確でないよう見受けられる様が今回白日の下にさらされる。国民を信じ、国の関与を最小限に抑える度量がなければ、成功しない。都庁の肥大化も管理体制なく、一部の勢力争い即利権構造を徹底的に改めるべきだ。、
コメント

今治市の超滑り台の危険性

2016-09-29 09:33:55 | 日記
市長や市の職員が直接色々な条件で滑ったことがあるのか。管理責任者の怠慢はないのか。解決策として注意看板を増やし掲示してある事項を真もませればとのこと。街には交通安全の標識、看板があるが、これで安全が護られているのか。文字標識に従順なほど甘くない。冒険に挑戦する大人も子供もいる。危険防止策は、設置者の義務である。危険勾配、危険カーブ位置の防護、最終地点の防護等是非検討して、安全が確認してから使用許可を出すべきだ。子供は危険を経験して身を処する術を学ぶという。身を処す術とは、受身の習得であり、危険を経験して、万一不自由な身体となってから、反省しても遅い。柔道の受身がとっさの時身をこなせる様他の方法でも習得すべきだ。
コメント

小池知事の所信表明真に鮮やか、期待が膨らむ

2016-09-28 14:24:22 | 日記
今まで色々な所信表明を聴いてきたが、聞いて居る人に納得出来るものが少なかった。具体的に、基本精神に則り情報の公開、共有し、旧来の陋習の根回しを廃止し議会で論争し結論を出し責任を明確にし実行に移すことに舵を切る重要性を述べられた。豊洲市場の統制無き無責任体制を現実に見せつけられた都民としては、この際切り替えが都議会側に徹底できれば、都知事の第一歩は踏み出せると信ずる。難題山積の金銭からみのオリンピック施設、運営、交通手段、をはじめ、参加選手の待遇、応援の人々のもてなし等総力で手分けして当たる必要がある。これまた無責任体制で、群雄割拠して誰が指揮官かあやふやにならぬ様長老は自粛して、若者に力一杯ハード、ソフト面で日本人の若者の真価を発揮できる態勢を確立願いたい。、

コメント

未来への投資とは何か

2016-09-27 19:58:16 | 日記
投資とはいずれも未来に向かってのもの、過去の向かって投資?過去の資産に投資し、観光客が増えればこれはやはり未来へ向かっての投資となる。現在に投資とは、なんの計画もなくやれば、無計画の誹りは免れず、やがて消費し消滅するものである。故に未来に向かっての投資と叫ぶ程の実感は生まれないと思う。普通に考えて、先が読めないのが、株式投資の様なものである。長い目で見ろと言う。その先に何があると確証できない投資は、はたして未来への投資と言い切れるのか。やはり投資とは、予測されるもの、素早く対応ができるものに可能性を見つける。年金資金で過去の大きな失敗を演じた経験はどう生かされるのか。保養設備など見る影もない惨状を見てきている。弁済できるなら結構だが、責任を取れない投資は、慎重であるべきだ。未来があたかも明るいと保証できるのか。これからが苦難の世界となる。先ず世界を見よ。日米関係を見よ。中国、北朝鮮、韓国を見よ。慎重に対応できる政治で我々国民の格差なき国作りをと叫びたい。
コメント

アパートのオーナーは償却資産の申告が必要なもの

2016-09-27 10:24:30 | 日記
家屋と償却資産の区分で、現状とかけ離れているとおももの。
   ルームエアコン(壁掛け型)とある。東京で考えても、30度を超える日は少なからず、熱射病予、   病には今や必需品ではないか。家屋に含めるべきではないか。
  
   屋上利用の太陽光発電装置 これはれは国の発電能力を少しでも増やそうと、補助金までだした設備
   これは当然圧縮記帳(購入金額から補助金額を差し引いた金額)できると思うが、地方税では認めら   れない
   。以上2点将来の検討事項として提起したい。
コメント