戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

生死の境目は情報操作に因り決定付けれる

2018-08-15 19:28:50 | 政治社会
終戦記念日にあたり未確定情報を恰も真の情報である
が如く作戦を練り、武器弾薬や食料の補給は占領した
もので賄う極めて杜撰な計画に基づくもの少なからず
或る。 天下分け目は「ガダルカナル島の決戦にある。
昭和17年8月7日米軍にツラギ島、ガ島に上陸され
(一個師団の米軍)急遽グアムに軍旗をもつ一木支
隊を投入してしまうと、「ノモンハン事件」の二の舞
を怖れたが半年二わたる死闘の結果ガダルカナルを放
棄数万の人命、多数の艦艇、飛行機、船舶を失い作戦
は終わった。軍旗の重要な使命が退引ならぬ結果を招
く。苦戦した部隊は内地には返さず他の島に回し情報
の漏洩防止を企てる。一度のみならず何度も死線に追
い込み玉砕を強いられた。正確な情報を秘匿する政治
が未だ罷り通ることを怖れる。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 運動競技で優秀校となれば学... | トップ |   

コメントを投稿