戦争の責任は政治にある

90歳を過ぎての挑戦、、、ここにきて戦争を知らぬ政治家が幅を利かせ、憲法に取り組むべきを、避けて通る姿は残念に思う。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

時代が変わったことの認識の甘い政治

2018-06-27 10:04:53 | 政治社会
政治家が最も力を入れるのは名誉でも報酬でも
ない国民の信頼と安寧、後世に真価が評価され
る活躍である。時代を洞察する力のある政治で
或る。
 出生率の低下、子供を生まないほうが幸福で
あると思わせた世辞の貧困、これを国民に押し
付けける。   
 国民より一歩前を見通す布石の政策立案能力

 金がなければ政治が出来ない政界の欺瞞横行
の弊害の排除

明治、大正、昭和と平成の大きな違いは良き伝
統を失った事である。先祖伝来の伝統を尊ぶ思
想が希薄となったことである。鶴瓶の家族に乾
杯を見ていると地方都市の部落ぐるみの生活が
生き生きとしている。後継者では悩んでおられ
るが堂々たる家屋に、先祖を待つる漲ってって
いる姿を見るたびにの日本の未来が或るようだ。

新しい政治家が出てもパッとしないのは、井戸
塀根性がなさすぎる。取り返しのつかぬ恥があ
る。急場の用立ての予備軍資金、処理を間違え
れば信頼、期待は一挙に崩れる。
政治はもっと真剣であれ。平成の滞在は安倍氏
が責任を負うべきだ。拉致問題解決には安倍氏
ではたっせうい出来ぬ。
コメント