My life

私の生活の一端を綴って見たいと思います。

MY HOSPITALIZATION

2014-10-07 23:25:43 | 病気

I was hospitalized for three days from September 30 for tests.

One of the tests was accompanied by excruciating pain.

The affected part of the waist was touched directly and the range of pain was determined.

As a result, I'll be operated on in January of next year.

That's it.  

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

I WILL BE HOSPITALIZED FOR A CHECK-UP.

2014-09-13 23:26:57 | 病気

On Monday of this week, I went to Kyorin University Hospital.

Dr. Hasegawa and I decided on my hospitalization for a thorough check-up from September 30 to October 2.

As a result, I might have on operation on my lower back.

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Lower back pain Ⅱ.

2014-04-26 21:03:50 | 病気

My lower waist is getting better little by little.

I think I'm getting better from the injection painkiller.

So, I still have to go to the doctor for the time being.

But, I want to be cured from my pain soon.

 

This bouquet was made by Mrs. Kawagoe.

These were gathered from her garden.

 

That's it. 

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

Lower back pain.

2014-04-19 22:41:58 | 病気

I have been suffering from severe lower back pain since the 6th of April.

I go to the doctor every day and get an injection of painkiller and have traction for my back.

And take some medicine for my back at home.

It is difficult to walk smoothly.
So, I use a stick to help a walking.

It's a shame that this happens in my favorite season.

This is the picture of the plum blossoms.

 

 

That's it. 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ご無沙汰しました!

2011-11-08 23:07:29 | 病気

ブログは約一ヶ月ぶりぐらいです。またぼちぼちと始めようと思います。

腰しと足の痛みは完全には良く成りません、だましだましやって行くしか有りません。少し調子が良いかなと思って歩くとてき面に痛くなります。 寝ているのが一番痛くないのです。

歳をとると悪い所が一気に出てくるみたいで、腰痛の次は入院して居る時に鼻血が大量に出て、病院でしたから看護師が直ぐ手当をしてくれたので良かったのですが、退院して家で寝ている時に鼻血が出てそれが止まらなくて脱脂綿を大分使いました。喉のほうに血が流れてくるし、右の鼻の出血なのですが綿を詰めると左の鼻のほうから流れて来て、ゴミ箱は血だらけ、それが退院してから5日間位の間に4回も有り、これは駄目だと思い、今度は杏林大学病院に足が痛いのですが、自分で車を運転して救急センターに行きました。

杏林の若い先生が、出血しているところを電気で焼いてくれました。本当にジュジュジュと鼻の中を焼くのです。嫌ですね! でもお陰で鼻血は止まりました。

今度は目です、2年ぐらい前に左目が眼底出血していましたが、出血の箇所が少しなので様子を見ましょうと云う事で時どき目医者に検査に行っていました、ところが最近になって視力が落ちて来て出血している箇所がふやけて来ているそうで、レーザーをかける事になり11月2日に日本赤十字病院でレーザーをかけました、これがうまく行ったかどうか11月11日にまた日赤で検査して、もう一回レーザーをかける事になるかもしれません、眼底出血は高血圧からきているのかもしれません。

今、高血圧の薬、痛風の薬、腰痛の痛みどめの薬、睡眠薬、腰痛が凄く痛い時には座薬の痛みどめ,目薬、等など飲んだり、尻に入れたりです。因みに薬の名前を列挙します、薬の名前を知っている人もいると思いますので、どの薬がなんの病気の薬か当てて下さい。

アロプリノール錠、エックスフォージ配合錠、カデメシン錠、エバミール錠、コソプト配合点眼液、トラバタンズ点眼液、ロキソニン錠、メチコバール錠、レバミピド錠、ボルタレンサポ50mg,ミルタックスパップ30mg,これを毎日飲んだり点したり張ったり入れたりしています。

この一ヶ月で行った病院、野村病院、日本赤十字病院、松崎整形外科、宮崎耳鼻咽喉科、杏林病院、池内接骨院、三鷹駅南口内科です。

救急車、タクシー、自分の車、バス、自転車等を使いました。

お金がとてつもなく掛かりました。

お酒とたばこを辞めなければとは思っています。が?

皆さん健康が一番です、普段から健康に気を付けて下さい。 健康が一番、命より大事にして下さい。

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛その2

2011-10-19 16:15:19 | 病気

10月9日10日と連休で医者が休みの為、腰痛を我慢していたら、11日の朝、腰から右の足全体が強烈な痛みでベッドから降りる事が出来なくなりました。

階段を下りて医者に行かなければなりません、とてもじゃないが無理。 そこで救急車で病院に行く事にしました。 若い救急隊員3人にストレッチャーの上のシートでベッドから救急車まで運ばれました。

救急隊員が私を受け入れてくれる病院を捜して呉れました。 運良く私の家の近くの救急病院が受け入れてくれました。 サイレンを鳴らして救急車が走りだしました。 生まれて初めて救急車に乗りました。

病院に着いて直ぐ、MRIを撮りましたが、膝の裏に三角形の台を当てて30分動かずに撮影です。 足を真っすぐにして撮るのなら何とか我慢できるのですが、台の上で膝を曲げたままです。痛いのなんのってもうこれは拷問です。なんとか我慢して終わった時はホッとするより痛みで脂汗が出ていました。 もう車いすで病室に行く事が出来ず、看護師にストレッチャーで運んでくれるよう頼みました。

病室のベッドで横になったまま何もできません。 一番困るのがトイレです。 小のほうは尿瓶で大のほうはナースコールで車いすでトイレに行きます。 どちらも足が痛くて終わってベッドに転げこむようにして横たわってハアハアハア、しばし茫然としていました。

MRIの結果は椎間板ヘルニアとの事でした。

治療は痛め止めの座薬と錠剤で安静にしているだけです。 こんなことで痛みが治まるのかと毎日苦しい日々でした。 ところが17日頃から少し痛みが治まって来たのです。 これは座薬の痛め止が効いてきたのでしょう。 でもこれって麻酔で痛みを和らげているだけでヘルニアの背骨が突出したのが治ったわけではないのではと思いましたが、あの痛さが和らいだだけで、もう病院から出たいと思い、先生に退院したいと言ったら。 OKが出て19日に退院しました。 

これからはあの綺麗な看護師さんが座薬を入れてくれていたのを、自分でやらなければなりません。

今は治まっている痛みもこれから何時また出るのか戦戦恐恐の思いでいます。

あまり同じ姿勢で椅子に座ってPCをしているのも悪いので、これからは、ブログも更新はたまにです。

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

腰痛

2011-10-07 10:30:25 | 病気

二十代の頃良く山歩きしていました。 その時に重い荷物を背負ってがむしゃらに登った時足腰を傷めて、それから時どき腰痛にあいましたが直ぐ治っては何年かしてまたぶり返す事を繰り返していました。

今年の6月に台湾に行った時、腰痛が始まりましたがまた直ぐ治ると思って接骨院に通っていますがだんだん痛くなり今では杖を突いて歩いています。

同じ姿勢を長く続ける様なPCとか、お酒類は駄目と接骨院の先生に言われ、お酒は9月末から今日まで2回しか飲んでいません、毎日欠かさず飲んでいた私がです。腰の痛みを察してもらえると思います。 ブログもこれから続けられるかわかりません、時どきの更新になると思います。

ところで、昨日小沢被告があんなに元気だったのに、いきなり腰痛で救急車で入院したそうです。 政治家や財界人が被告になると良くやるあの常套手段ですね。

最近も東電の社長が記者会見にも出ないで入院したり、古くはロッキード事件関係の児玉誉士夫が入院して雲隠れすると云う事が有りました。 多くは病院の一等室でホテルの様な設備の所でのうのうと過ごしていると聴いた事が有ります。 私みたいに腰の痛みと戦っている者としては、腰痛を偽装入院の為の言い訳に使って貰いたくないですね。

小沢一郎被告は私からすると有罪の判決を言い渡します。

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加