My life

私の生活の一端を綴って見たいと思います。

蕎麦作り

2006-11-28 22:45:53 | Weblog

今日の夕食は、先日の22日に鈴木農場から買ってきた新蕎麦の粉を使って、私が蕎麦を打ちました。
女房が挽きたてのそば粉を早く使わないと、そば粉が風邪をひいたら美味しくないから、早く作れ、と言うものですから、それは大変だそば粉が風邪をひいたらうつされるのは嫌だと思い、作りました。
と言うのも、孫が風邪をひくと娘が預けて仕事に行ってしまいます。
必ずと言っていいほど、私は孫に風邪を移されます。
と言うことで、そばを作りました。
今まで、何度か作りましたが、今日の出来は最高でした。
そば屋さんのそばより問題なく私のそばの方が格段上でした。
やはり、新蕎麦の粉は下手な腕をカバーして余り有るようです。
しかも、つなぎは一切入れない十割そばです。
ア~美味しかった。



コメント (6)

花束訪問

2006-11-27 19:37:39 | Weblog

11月27日(月)
今日は医療生協の花束訪問で、組合員の中で85才以上の人達にデンファレの花束を届けて、近況をお聞きして体調等を確認して回りました。
下連雀支部では40人の人達を訪問しました。
私の担当区域は6丁目で9人の方達を訪問しました。
その中で一人だけ留守で新聞受けに花束を置いてきましたが、DMが溜まっていたので、
多分入院でもしているものと思われます。後日電話をして確認します。
後の8人の方達は元気でした。
中には85才で、現役で生け花を教えて居ますとのこと、その方は俳句もしていて入選したので、これから表彰式に出かけるのだと言ってドレスアップして三連の真珠の首飾で元気なおばーちゃんでした。
もう一人の人は、週に4回カラオケに行っている、と言うおばーちゃんも居ました。
やはり、何か趣味を持ってそれを一生懸命やっている人達は元気です。
 このデンファレの花束を贈りました。
コメント (2)

鈴木農場と一ノ瀬

2006-11-27 00:23:05 | Weblog

22日~23日は長野県八ヶ岳麓の鈴木農場に西さんと二人で、新蕎麦を仕入れに行きました。
鈴木利一さんは元三鷹市議で、三鷹山岳連合会会長でした。
今は小淵沢ICから10分位の所に広大な農地を持って、地元の人達と蕎麦造りと色々な野菜を作っています。

この場所で最初に蕎麦畑を作り、広めたのは鈴木さんでした。
今では農家の人達の畑が蕎麦畑へと拡大しています。
ここの蕎麦は品質が良いと評判になり、お蕎麦やさんが大量に買い付けに来るようになり、鈴木さん一人では対応が出来なくなり、地元の平出さんが一手に引き受けて捌いています。

私と西さんは、最初の頃から買っていたので、何時も私達の分は確保してくれています。
西さんは蕎麦のもみ一袋と、そば粉4㎏、私はそば粉4㎏を買って来ます。
西さんは毎年蕎麦の籾一袋を笠取山のおばさん(山梨の一ノ瀬高原民宿山の家)にプレゼントしています。
その蕎麦の籾をおばさんが臼で挽いて、粉にして蕎麦を作って食べさせてくれます。
蕎麦作りを三回ほどおばさんに教わり、私も作るようになりましたが、作るたび出来が違って蕎麦作りの難しさが分かって来ました。
22日三鷹12時出発昭島の西さん宅13時出発、双葉PA14時ラーメンを食べて、
14時25分出発、鈴木農場14時50分着、鈴木農場16時発、一ノ瀬山の家(笠取小屋の管理人)のおばさん宅17時50分着
そこで一泊。
23日朝おばさんの作ってくれた蕎麦を腹一杯食べて、8時45分出発。
途中の丹波川渓谷の紅葉が見頃でした。

昭島西さん宅11時着、三鷹に12時半頃帰ってきました。
コメント

花のシンフォニー ファンタジック水彩画グループ展

2006-11-21 22:52:25 | Weblog

11月21日(火)
今日から11月26日(日)まで、三鷹駅前コラル5F三鷹市美術ギャラリーにて、
私の妻が所属しています、ファンタジック水彩画グループ展(望月輝子先生主宰)が始まりましたので、早速見に行きました。

生徒さんの力作で花と色彩の奇麗さもさることながら、望月先生のなんとも見事な絵は是非皆さんに見て貰いたいと思います。

写真では本当の色が全然出ませんので、会場にて本物をご覧下さい。
望月輝子先生の作品です
入場無料で、10:30AM~7:00PMまで(最終日の26日は5:00PMまで)
コメント (2)

今熊山本番

2006-11-19 23:59:07 | Weblog
のち
今日は今熊山へハイキングに行きました。
天気予報では曇りのち雨で、皆さん心配をしていましたが、私の予想では12時過ぎに雨になると思ったので、決行する事にしました。
私の予想通り12時過ぎに小雨が降ってきましたが、無事楽しく歩いてきました。
総勢13名もの人に参加していただき良い山行でした。
三鷹駅7:36発⇒八王子駅8:07着、五日市行きのバス8:23発⇒今熊山登山口9:03着ここから歩きで5分程歩いたところで、準備体操をして、金剛の滝へ向かいました。

金剛の滝9:55着、雌滝が有りこれは小さな滝でしたがその上に雄滝が有りそこへ行くのに岩をくり貫いた上りの狭いトンネルがあり、面白い所です。

そこを抜けると雄滝が有り、水量は少ないが高さが結構あり滝らしい風情を醸し出していました。

そこで20分程休憩をして、10:15出発。
一寸きつい傾斜をいい汗をかきながら登る。
途中の景色がとても良かった。
黄色く黄葉(紅い葉は余り無かった)した木が沢山有り山肌を明るくしていました。
一回休憩を取り、今熊山山頂11:05に到着。
途中パラパラ来た雨も止んで、昼食はワイン、ラム酒、冷酒、燗酒等を頂き、心地よくなり、12:50出発

その頃から雨が降ってきて、皆カッパ傘等雨支度をして下山。
麓の今熊神社13:30着、そこに屋根がある大きな休憩所があり、30分休憩。
朝来た今熊山登山口14:20着、八王子行きバス14:43発に乗り家に16:30に着きました。
三鷹から自転車で帰ってきました。カッパは脱いでいたが、着るのが面倒なので傘もささずに強い雨の中濡れて帰ってきました。
風呂に入り、冷たいビールを飲んで、ほっとリラックス。
コメント

三浦雄一郎講演会

2006-11-16 23:57:46 | Weblog

11月16日
今日は三鷹の産業プラザで、三浦雄一郎さんの講演会がありました。
最初に、3年前に70歳で登ったエベレストの映画を10分位やって、話しに入りました。
19:00~20:30迄でした。
要旨は、【人間、年をとっても良いことがあるものだ。夢は諦めなければいつか必ずかなう。必要なのは一歩ずつ歩いていくこと。目標を持ってそれに近ずく努力をしていると、いつの間にか元気に年をとっている。】
2年後の75歳でまたエベレストに登るそうです。
頑張って下さい。


コメント

ベネズエラ音楽

2006-11-16 17:16:45 | Weblog

11月14日
今日は15時から16時迄毎週1回のウェイトトレーニングで、池内道場に行き。
18:30~20:30迄は、武蔵野公会堂に南米ベネズエラ音楽を聞きに行きました。
観客は、満員でしたがnekko3さんがまん中の良い席を私達のために取っておいて呉れたので、良く見えました。

南米音楽と言うと、フォルクローレを直ぐ思い浮かべますが、今日のエル・クアルテト(楽団名)は兄弟二組で四人の楽団です。

デルガード兄弟とナランホ兄弟が、フルート、ギター、クアトロ、ベース編成で演奏します。したがってフォルクローレのケーナ【カーニャ(葦の一種)に穴をあけただけの簡単な笛】やサンポーニャ【カーニャの筒を長さ順に並べたものを吹く】の哀愁をおびた音色とは少し違いました。
彼等はヨーロッパ民衆音楽とアフリカ伝来のリズム感、そして先住民の叙情性を織り交ぜた音楽です。
でもやはりどこか南米の香りのする音楽でした。
ボーカルは、ウグェト・コントラマエストレと言う女性で声に張りがあって良かったです。
帰りは、いつもの様に吉祥寺ビアホールに寄って歩いて帰ってきました。
コメント

今熊山下見

2006-11-15 18:45:50 | Weblog

11月13日(月)
今日は今熊山の下見に行きました。
自宅を6:45に出発
三鷹駅7:02発⇒八王子7:28着
八王子(バス)7:57発⇒今熊8:45着
今熊バス停(歩き)8:50発→暫く歩くと畑に白く霜が降りて居たので写真を撮ろうとして、鉄線の間に手を入れてシャッターを押そをとしたら、ピリピリと電気が走ったのでビックリ、良く見たら鉄線に【電気放柵きけん】の板が付いていた。

→今熊神社9:15着トイレ休憩をして、

今熊神社9:30発→直ぐに階段のきつい登りを5分ほど登ると杉並木の砂利道で、途中木の根っこが出ている道等があり、幾度か折れ曲がりながら登り続けると、第1見晴らしに出る。

9:50着 ここで一休み、今日は雲一つ無い絶快晴で風もなく最高のハイキング日和です。目の下には五日市の町が見え、左手には御嶽山、正面の遙か彼方には微かに白くなった筑波山の山々、右手彼方には新宿方面のビル群が霞んで見えます。
第1見晴らし10:00発→トイレの有る第2見晴らし10:10着ここは通過→今熊山山頂(505m)10:18着山頂には立派な神社がある。

早く着きすぎて、昼飯には早いしこのまま金剛の滝の方に下ったら(今日の下見の目的はこの下りなのですが)昼過ぎには家に着いちゃうので、歩き足りないし天気も良いしこのまま帰る気になれず、急遽刈寄山迄行くことにしました。
今熊山から刈寄山まで2.9Km。
今熊山10:35発→歩き始めて間もなく尾根の左手に採石場が現れ、大きな空間が有り山が一山か二山もっとかも知れません削り取られて無くなっているのです、今現在も山を削ってダンプが行き交っています。
こんな人目に触れないところで、自然破壊が行われています。酷いものです。憤りを感じながらそこを通過して、アップダウンを繰り返し、刈寄山(687m)11:55着ここ迄の山道で草花や紅葉は全然有りませんでした。刈寄山頂に桜の木が有りそれが色の悪い紅葉をしていました。

山頂直下に東屋があり、そこから白い富士山が見えました。先日我が家の屋上から見た富士山は黒かったが、11日に降った雪で真っ白になっていました。

そこで昼食を摂り、刈寄山13:10発→沢渡橋の方に下る、最初は急斜面を下り広い場所に出ました。広い尾根を下ったらその道は間違いで、途中で道が無くなりました。
下に刈寄沢が見えたので、強引に沢に下りたら、沢の向こう側に山道があり、そこに出て5分位歩いたら舗装された沢渡林道に出ました。沢渡林道14:10着→
今まで花を1つも見なかったが、林道脇に幾つか花を見ることが出来ました。


沢渡橋バス停14:53着
沢渡橋(バス)15:04発⇒五日市駅15:12着
五日市駅15:28発⇒三鷹駅16:19着
久し振りの山歩きで満足して帰ってきました。
コメント

三鷹三中同窓会(本番)

2006-11-14 13:15:26 | Weblog

11月12日(日)木枯らし一番が吹く中で、同窓会が行われました。
今年は今迄で一番出席数が少なく、22名でした。

でも昔懐かしい大石先生が出席されて、先生と50年前の話しを川口会長(1期)、山さん(三期)、私(三期)と話しが弾み良い時間が持てました。

三中のブラスバンドも去年出来たてではありますが、30数名のメンバーが居て一生懸命演奏をしてくれました。
来年は広報活動を大きくして、参加者を集めたいと思います。

同窓会終了後、我々の三中時代の浅羽先生が、三鷹駅前の飛高堂と言うところで、写真の個展を開いているとの事で、私と川口会長二人で行きました。
ここでも昔の話しをして懐かしい思い出の時を過ごしました。

コメント

富士山

2006-11-08 23:13:35 | Weblog


昨日は天気が良く、我が家の屋上から富士山が見えました。
丁度その方向には高い建物が無く、遠くに富士山が見えます。
最近三鷹は高いマンションがどんどん建っていて、我が家から富士山が見えなくなるのも時間の問題かな、と思い写真を撮りました。
でも、カメラが安物でズームも効かずボケていますが。
今撮っておかないと、昔はここは富士見ヶ屋上と言って冬の晴れた朝などは、真っ白な富士山が良く見えたものだったんだよ。 なんて、昔話になるので、もう少し良いカメラでも買ってピントの良い写真が撮れたら、又発表します。
それにしても、こんなにマンション建てて入る人が居るのかね
コメント (2)