岸本晃の住民ディレクターNEWS

地域活性化を実践するAction Media です。

「知山知水」番組、澁谷村長と本音トーク!!

2018年01月14日 | 知山知水
 「知山知水」番組企画に澁谷村長が登場します。 修験道の山の知恵を復興に!!にという企画は一般的にはわかりにくいかもしれないということもあり、チラシと主旨が要とずいぶん時間をかけてスタッフと詰めていました。そんな中、完成間近に澁谷村長にご相談する機会がありました。チラシと我々の企画主旨をじっくり聴いてくださったあと「これこそわたしがやりたいと考えていたことです」と即答いただきました。 澁谷村長の話 . . . 本文を読む
コメント

山と向き合う「知山知水」東峰テレビ番組。

2018年01月12日 | 知山知水
 「知山知水」〜 修験者の山の知恵を復興に!!〜、という企画が生まれた背景をお伝えします。 材木や住宅資材を扱っておられる筑前町の(株)アサモクの青年社長多田さんがある時に「5年前と同じようなことがまた東峰村、朝倉市で起きかねないので、東峰村で何かできないでしょうか」と相談がありました。「5年前の豪雨水害の時、筑前町の山持ちの方々が水害で崩れた山を手放した結果、益々木々の手入れがされない山が増えて . . . 本文を読む
コメント

長〜い本日の予告編

2016年08月20日 | 八百万人
 前回盆休みをいただいてふらっと☆Nipponを「八百万女」のみなさんにお任せしました。(本当は「八百万人」と書きます:「やおよろずびと」と読みますが通称「はっぴゃくまんにん」) 前回のNHK大河ドラマ追走番組は30回目。秀吉が死んで真田昌幸(草刈正雄)と出浦昌相(寺島進)がいよいよ真田の領地を奪還すべく勝負に出ます。「出番」が来ました。特に寺島進演じる出浦昌相はもともと忍者で国衆だったのですが草 . . . 本文を読む
コメント

“心に響く”9つの東峰村物語

2016年07月07日 | 東峰村物語
 東峰村の観光を魅力的に発信するにあたって東峰テレビスタイルをコンセプトにしました。東峰テレビは地元に生まれ育った村民のみなさんと村外からやってきて住み着いた人、村外に出て故郷を懐かしむ人、村外から村を応援してくれる全国の応援者、東峰村ファンの人などが顔を合わせ、またはネット上でのやり取りを含めて交流しながら東峰村を活性化させようとする皆さんの気持ちが交わる場の一つです。  その多くの人でつくる . . . 本文を読む
コメント

勘違いで実現!?ライブハウスの村祭り

2016年07月03日 | 東峰村物語
 ライブハウスで村祭りが実現したのはちょっとした勘違いからでした!!昨年から村の観光プロモーションビデオ制作に入ってましたがやっと完成し、当初から考えていた福岡市内での試写会の検討に入りました。できたら試写会だけでなくちょっといっぱいやりながら福岡市内のみなさんとの大交流会を目論んでいました。 会場を探していたところ、中洲のど真ん中のゲイツビルにうってつけの店があると聞きました。そのうちの一人で今 . . . 本文を読む
コメント

三谷幸喜さんの恋心を読む!! NHK大河ドラマ追走の愉しみ。

2016年05月22日 | 真田丸追走番組
 NHK大河ドラマ「真田丸」第19回を見て大胆な「岸本仮説」を披露致します。信繁が「真田丸」という出城(砦)を築いて大阪の陣で戦った理由は、生涯密かに愛し続けた茶々(淀君)を守ろうとしたからではないか?と。最終回にてこの仮説の成り行きは如何に!!  「恋路」のタイトルで放送された第19回の真田丸。とても興味深い日でした。信長の妹「お市の方」の娘で秀吉(小日向文世)とは因縁が深すぎるほどの存在で、 . . . 本文を読む
コメント

アサモクTVは地方消滅NOの発信です。

2016年04月09日 | とうほうTV
 地場の工務店だからこそできる本当の地域住民密着の仕事の仕方があります。祖父の代から、またはもっと前から地元で大工さんをしていた地場の工務店は今、祖父の時代に建てた家の改築、または建て替えになるところが多いようです。建て替えはわかりやすいですが、改築ではなかなかきちんとした費用を取らずに慈善活動をされてるような工務店さんが多いです。  やはり地域でずっと長いお付き合いをしてきたからでしょう。そし . . . 本文を読む
コメント

八百万人もゼロスタート

2016年03月25日 | 八百万人
 「ITで開拓!人、大地。」を理念に全国の住民ディレクターをネットワークしてきた一般社団法人 八百万人(やおよろずびと:通称はっぴゃくまんにん)はすっかり変わってしまった新しい時代にマッチした実践者の集まりとして生まれ変わるために今年度でこれまでの会員制を廃止します。  日本最長寿の住民制作番組「使えるTV」のケーブルテレビ放送の終了に続いて人のネットワークも新たに紡ぎ直しです。ITはすでにIC . . . 本文を読む
コメント

「使えるTV」20年。番組は終わり、社会事業へ

2016年03月22日 | 地方創生
 平成8年の4月に全国に先駆けて熊本のケーブルテレビではじめた住民制作番組「使えるTV」をこの3/31で一度休止することにしました。住民が企画し制作する住民番組としては20年間続けた全国最長寿番組でしたがこの間にケーブルテレビはKCNくまもとからJCNくまもと、J:comくまもとと変わりました。  そして「使えるTV」の制作主体は任意団体「まち創り応援団ぷりずむ」から有限会社プリズム、そして株式 . . . 本文を読む
コメント

地域集落の「破壊者テレビ」から「創造テレビ」へ

2016年02月04日 | 地方創生
 住民ディレクターの発想とこの手法でやろうとしていることが今回の第45回スタッフ会議でかなりはっきりとしてきました。わたしが住民ディレクターNewsの第1回で民俗学者 宮本常一と日本テレビの生みの親、正力松太郎のお二人を合わせ持った手法が住民ディレクターであることを書きましたが、今まさにこのことが「見える化」してきました。  集落、村落共同体を壊していったのは他ならぬ昭和20年代後半に誕生したテ . . . 本文を読む
コメント