白秋時代

日々の生活の中で、ふと思いつくことを書いてみました。

「きけわだつみのこえ」の注釈

2017-07-16 20:34:46 | 

 

・この日記は、面会の際に、弁当箱の底に油紙で包み、その上にご飯を盛ってひそかに両親に手渡されたものである。(本書387頁)

・遺本・・・本分の活字のところどころに〇印が付されており、それをたどっていくと、恋人への遺書となっている。(本書377頁)

これが、我國が70年前に行った戦争の一断面であろう。戦争を知らない世代である安倍君や菅君は、何を考えて共謀罪を強行採決したのか。

きけわだつみのこえ に対する画像結果

ジャンル:
その他
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« やっと読めた本 | トップ | 「きけわだつみのこえ」のあ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。