アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

シャープは原子力カムラには気に食わなかった

2017-06-17 08:32:50 | 天皇

♬ 素人の私の考察です。

もっと掘り下げた考察を希望します。

シャープがなぜつぶれたのか?

それは太陽光発電をしたからです。なぜこのような発電が日本国内で広まらないのか。私はずっと疑問に思っていました。クリーンなエネルギーであること、大企業ではなく、家庭に絞られていましたが、自治体の助成金もつけられた時期もありましたが、

やがて、シャープの会社経営と相まって、さらにシャープは太陽光発電に拍車をかけていました。

そして、家庭の太陽光発電の余った電力を買い取ることを、政府は禁止しました。

自治体で太陽光のパネルを使って、広まっていったところに、シャープはつぶれました。

さらに、土手に作った太陽光パネルの会社があり、土手がすこぶる薄く削られたことによって、土手が決壊して、大変な大洪水を起こしたことは、記憶に新しいと思います。

ようするに、これは土手の決壊と、太陽光パネルを増やすなという国民へのコントロールなのです。

すべては、原子カムラによって支配されている日本の経済社会が見えてくるでしょう。

東芝も実は太陽光発電をしています。東芝は原子力もやっています。

なぜだか、わかりますね?

太陽光発電をしだすと、このようにしてなぜだかわからないように煙にまいて国民の意識を太陽光から、なくして原子力へと移行させているのです。

なぜなら、この国の真の支配者は原子カムラそのものです。そして原子力カムラがなぜ必死になって

いるのかといえば、原爆の特許権の取得者だからです。特許権からお金がザクザクはいるのです。

日本の土地は狭いうえに人口も多いです。しかし外国と比べてその原発の数はとても多いのです。

政府はまた新たに、原発を作ろうとしています。

日本にあるのは、原発だけではないですよね。原子力の研究所もあり、大学でも研究されています。

これほど、原子力に力を注いでいるのは、支配者が儲けたいからです。

原子力だけではありません。

大企業の大株主です。むろん名前は表には出していません。

世界一のお金持ちだそうで、権力も世界一でしょう。

そして、そのカムラには国の法律が及ぶことはないのです。

政府もむろん支配していますよ。

あべ首相の具合が悪くなり、次の首相が麻生だという噂があります。

どうせ一族がするんです。カムラの支配が続いています。

一族でなければ、田中角栄のような具合にはめられて、落とされるのです。

国民は真の支配者が、誰であるのか、これからそこへ必然的に向かうでしょう。

ロシアのプーチンが来日時に、天皇への謁見を希望しましたが、ついぞその件について日本政府からの答えはなかったということです。

なぜ謁見しなかったのか?知る人はわかるでしょう?

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 望月衣塑子氏(東京新聞記者... | トップ | 『この地球に海は存在しなか... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL