アイリス あいりす 

社会問題 日々雑感 家庭料理 健康管理

凄い発明 量子電池。<NO.95>  2014.1.30

2014-01-30 12:29:11 | 日記
日本の技術は素晴らしいですね

これで、一気に電気の心配がなくなります。
しかも、今年中に試作品が出来るというのです。

車も、一気に電気自動車へと、しかも充電は今の時間とは
比べ物にならないそうです。
我が家のガソリン車は燃費がいいですが

買い替える時が、あと3年ぐらいでくるかも。
できれば、車体はそのままで、構造を変えることが
できれば、うれしいですが。

化学物質ではないので、安全だということ。
光から、充電も可能で、
10万回の充電にも使うことが出来るといいます。
屋外でも使えるといいますから。
太陽電池としても、使えるかも知れないし、
軽いので、壁に取り付けも可能に
なるのではないでしょうか。


アルミのシ―トのようなものでした。
検索してみてください。

残るは値段ですね。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アメリカが、プルトニウムの返還を突き付けた。<NO.94>

2014-01-27 21:35:48 | 日記
来ましたね。
これは、大きな波です。
アメリカから、日本に貸していたプル二ウム300キロの
返還要求があったと。

これは一体なんのためのプルトニウムだったのか。
果たして、それは、どこに今あるのか。

福島の地下だという話が浮上している。
可笑しな政府の動きかたに、
世界は疑っていた。

そして、とうとうそのことがこれから
明らかになるかもしれない。
どう、決着をつけるのか。
どう、ごまかすのか、私たちも見なければ
なりません。

だから、原発を世界に売りにいき、
核の廃棄物処理まで、請け負う約束で
セールスに飛び回っているのでしょうか?

国民は承知していません。
政治家は、法を犯していませんか?

核兵器を作っていたなんて、有りですか?

これで、コイズミシの原発反対の動きの
真意がわかりました。

そして、いよいよ、本丸の
あのJAL123便へと、
つながっていくことも、あるかもしれない。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もうひとつの、ソチオリンピックになるか? <NO.93> 2014.1.23

2014-01-23 14:23:24 | 日記
ソチオリンピックの開会式には、
我が国から、首相が出席するそうです。

今日は中国の習近平氏も出席すると、
天木直人氏のブログでわかりました。

もしかして、もしかしてと
おばはんの推理ですが、
ロシアのプーチンと、三人で話しあうことに
なるかもしれないって、ひとりで
喜んでいます。

安倍首相の招きで、プーチンが来日を
考えているのですから。

政治家がオリンピックにきて、そのまま
帰るってことは、絶対にないと思います。

チャンスはだれでも、生かそうとするでしょ?
プーチンならいい話し合いに持って行って
くれることを、ぜひぜひ、頼みたいのです。

その他の大きな国は、みーんな欠席なのです。


このことは、誰も書いていないし、
私の妄想ともいえる感ですが。



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

沖縄名護市 現職市長当選おめでとう<NO.92> 2014.1.21

2014-01-21 04:26:10 | 日記
沖縄のアメリカ軍の移設問題は、今世界中の有識者も反対
に立ちあがってくれています。

今までになく、世界中から注目されることになるでしょう

オキナワの名は、世界のアメリカ軍の基地問題を考えさせ
ることになると思います。

世界中にどのくらい、アメリカ軍の基地があるのでしょう
か?
調べたところ、ものすごい数なんですね。

ですから、オキナワ問題は、フクシマと同じように、
よその国の出来ごとで、終わらないと思います。

どの国にも、オキナワは存在することになるのです。

今回の投票率の低さは、知事の自民党に屈する態度に
呆れた人も多く、心が疲れてしまった結果だと
私は思っています。

どうか元気を出してください。
沖縄の人達の味方は、世界中に広がっていますから。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

道の予見者 youtubeより   2014.1.16 <NO91>

2014-01-16 08:43:58 | 日記
dandominaからの、動画「道の予見者」をみてください.
5日前に出たばかりです。

とても素晴らしいコメントも読んで見てください。
勇気をもらいました。

沈み込んでいた私ですが、
見るだけでも、そうだそうだ、そのとおりだ
となぜだか、涙もでてきました。

抑圧を感じていたからですね。
わかっているのに、どうにもできないでいる
指をくわえているのも、もういい、
これ以上待てないと、心の中で叫んでいるのが、
この動画をみて
解ってくれている人達がいたと、心強く
おもったのです。

沢山の言葉より、
まず、ご覧ください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加