吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

★☆★土砂災害の広島から発進 熊本地震災害支援 宇土市のみなさん聴いてください。

2016-04-30 22:05:24 | 吉田仁美先生のパイプオルガン

平成28年4月30日 (土)

 

~~~ 土砂災害の広島から発進 ~~~

 

熊本地震災害支援 宇土市のみなさんへ

パイプオルガン奏者の吉田仁美様は震災の3日前まで

熊本に滞在され宇土教会や大江教会でも演奏された

パイプオルガン指導者です。

 

下記のご覧の記録映像は広島サンプラザグランドロビーで

4月29日演奏をされたものです。

           (広島サンプラザ支配人様会場手配ありがとうございます)

 

    

    演奏は、パイプオルガン奏者 吉田仁美様  演奏曲 「主よ人の望みの喜びよ」

 

 
    

                         震災復興ソング 「花は咲く」

 

 

        ♪熊本地震災害支援♪

           パイプオルガン: 吉田仁美 & 

    フルート奏者:大部 美和子が奏でる

      この素晴しい透き通る音色と

   パイプオルガンの華麗な響の共演を!   

                      (フルート奏者:大部 美和子様より許諾いただいております)

 

    

     僕のミュージック・ホール フルート奏者:大部 美和子  パイプオルガン: 吉田仁美 

 

      

       浜千鳥 (はまちどり) フルート奏者:大部 美和子 パイプオルガン: 吉田仁美

 

    

          月の砂漠 フルート奏者:大部 美和子 パイプオルガン: 吉田仁美

 

    

          カヴァティーナ フルート奏者:大部 美和子 パイプオルガン: 吉田仁美   

 

    

          口笛吹きと犬 フルート奏者:大部 美和子 パイプオルガン: 吉田仁美 

 

 4人の演奏家(音楽家)は熊本宇土市の皆様へコンサートを

通じて心強いメッセージを発進されました。

 

そして、一日も早い復興と皆様のご健勝をお祈りいたします。

                                   (管理人:AudioVideoMaster)

 

 

         

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島サンプラザから熊本宇土市へ発進!アーティスト集結チャリティーコンサート

2016-04-29 17:23:39 | 吉田仁美先生のパイプオルガン

 平成28年4月29日(昭和の日)

本日は、朝から天候に恵まれ雲ひとつない汗がにじむような日。

お昼前には、すっかり気温も上昇して20度は超えていると体感する。

 

 本日、こうしてご縁があるのも、4月25日1通の葉書が家に来たことからはじまり、

差出人は、広島市西区にある「広島サンプラザ」様である。内容は、先日熊本で

大地震がありました宇土市周辺や阿蘇地域などに向けた「熊本地震災害支援」と題する

チャリティーコンサートである。

阪神大震災をも超えるといわれるこの熊本大地震は、東北大震災の次に大きい

規模だそうです。

 

    熊本地方宇土市の皆さんへ明るい未来と希望を

 コンサートの記事に入る前に先日16日未明に突然襲った熊本地方の大地震で

家屋の倒壊で亡くなられた方へ「心より謹んでお悔やみ申し上げます」とともに

被災されました方々へ「心より謹んでお見舞い申し上げます」

そして、一日も早い復興と平常な生活ができることを望みます。

                         管理人  吹奏楽の魅力AudioVideomaster

 

視聴者の皆様、熊本地方に体をむけ全員30秒黙祷!

 

      ありがとうございます。

 

 今月4月16日未明午前1時25分ごろ九州熊本地方を全域に襲った大地震。

就寝して間もない時、突然携帯がいつもと違う警報キューキューと鳴り響く。

「地震発生、地震発生非難してください」とその10~15秒後段々と強くなり家族に

避難命令を出す。照明器具の紐(ひも)がいつまでも揺れ動く。

しばらくして2回目の地震が来るが警報は鳴らず。

娘は、韓国に出張中で、当地では揺れはなかったようで、

しかし、携帯(日本人向け)にメッセジ受信。「熊本地方地震発生!緊急事態!・ ・ ・?」

というようなメッセージらしい。

直ぐ娘は、自宅に緊急連絡してきて家族の安否を気遣い「家族には異常はない」と

告げると安堵の様子。

 そのころ、広島市佐伯区内では一斉にサイレンが鳴り響き「こちらは防災センター」です。

身の安全を確保し安全な場所に避難してください。外に出るとマンションご近所の方が

ソヤソヤしながら見守っている。(今だからこんなに冷静に記載できる)

午前1時35分ごろ異例な官房長官による緊急報道があり朝までテレビで状況を気にかける。

 

~~~~~自分なりに緊急避難マニュアル~~~~~

 家族の生命を守るためには携帯で「キューゥキューゥ」と警報音を受信したら

メッセージを見ずに直ぐ初期行動をとることが生死を分ける。

警報が鳴るということは震源がすぐ近いことを示していることを忘れてはいけない!

震度(震源の規模)にもよるがその間10~15秒しかない。あなたならどうする?

初期行動をしないと死んでしまうかもリスクはすでに50%は超えている。

先ずは、「身の安全を確保して」次に「安全な場所に非難する」これが鉄則だ!!!

欲は、投げ捨てて身の安全を確保しつつ非難することが最も大切。

倒壊で亡くなられた方が多いのも事実ですね。

 

        

 

 それでは、本日広島市西区にある広島サンプラザグランドロビーで多数の方々が

見守る中「熊本地震震災支援チャリティーコンサート」が昼下がり午後 1時30分定刻

4人のアーティストを迎えて司会進行役のパイプオルガン奏者の「吉田仁美」様が

演奏に先だって熊本宇土市被災地に向けてメッセージを発信される。

 

 吉田仁美様によれば熊本地震の3日前まで熊本に滞在し、コンサートを行って

おりました。全壊した宇土市役所の近くの宇土教会でも演奏させていただきました。

熊本大江教会には、昨年パイプオルガンが入り、お披露目コンサートやレッスンも

始め何度も熊本へ行く機会も増えたところでした。

そのような思い出本日の「熊本地震災害支援チャリティーコンサート」で応援させて

頂きたいと思います。(本人のコンサートご案内メッセージより引用)  

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第26回 市民バンドフェスティバル 念願のハイレゾマスターオディオからCD制作、想像絶する世界へ

2016-04-26 22:13:59 | 吹奏楽全般

 平成28年4月26日(火)

昨年、10月18日広島文化学園HBGホールで開催された広島県一般吹奏楽連盟主催の

第26回市民バンドフェスティバルがたくさんの出場者や観客を集め盛大に行われた。

半年も経てば演奏曲どころか「何に」と聞く方もおられるでしょう。 

いくら素晴しい演奏をしていただいても喜びと感動は、忘れることはないでしょう。

しかし、奏でられた「音」は記録がなければ二度と聴く機会もなく思い出となってしまう。

なぜ、こんなに「音」にこだわるかというとホール演奏も素晴しいのですがハイレゾリューションの

マスターオーディオの世界は聴いている音とは別の世界。

人の耳でホールでは聴こえにくい「音」の情報がレコーディングを行うことにより蘇るのです。

表現は難しいのですが事実です。そのレコーディングの「音源」をいかに超高音質にするかは

YAMAHAのテクノロジーと融合して想像を絶する「音」が広がり聴いて大変驚くことでしょう。

業者様がCDを制作される過程とは全く別でありライティングや機器、電源、CDメディア、記録色素

全てに妥協しない正にCDの頂点ともいえる「究極なCD」の1枚です。

 

 今回の記事のきっかけは、当会場で最後に尋ねてこられた出演者団体メンバーの一人が

本日で●●●●楽団が最後演奏で違う楽団に移動するんですといわれ「思い出の記録」を

いただけますか?音源のCDは超高音質使用で送付したがDVDの記録映像が時間がなくて

編集制作できなかったがゴールデンウィーク前に送付したいと思い大至急2日間でその出場団体

と合同演奏の2本立て限定で制作した。 

同じ出場団体の「N-グランカッサ吹奏楽団」の代表様にも送付しました。

大変喜ばれましたね。(もう過去のことですが)

 

関連記事「N-グランカッサ吹奏楽団」

        http://blog.goo.ne.jp/windmusic921/m/201510

 

お問い合わせ大歓迎です。

 

 

 

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

必見!佐伯区第26回 Youube 盛春桜花さくらまつり みんなのビデオ広場

2016-04-20 20:10:52 | さくらパレード・まつり

平成28年4月20日(水)

  コイン通りさくらパレードを観て、楽しませてくれた数々の出場者様ありがとうございます。

元気な子供ダンス、バトンを中心に記録したビデオ映像を順次アップロード予定。

皆様でもう一度、第26回 Youube 盛春桜花さくらまつりの模様を思い出として

覧になっていただければありがたい。            (不都合がありましたらコメントください)

 

元気な子供ダンスキッズパレード、広島市消防音楽隊パレード、広島修道大学附属鈴峯中・高

の華麗なバトン、五月が丘少年消防クラブチアーガール、チェリーズ、レインボーキッズ

E  Body Labo Angelなど出場。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★★★佐伯区 第26回 盛春桜花さくらまつり 開会式、パレード各出場者

2016-04-17 23:35:38 | さくらパレード・まつり

平成28年4月17日(日)

 昨夜の大雨もうそのように天候に恵まれ午前8時「さくらパレード」の幕開けを告げる煙火が

二度上がり待っていた「さくらパレード」が開催される。

昨年は、小雨で開会式は体育館で行われたがパレードはなく寂しいコイン通りである。

本年度の開会式は、校庭のグランドも昨夜の大雨で少し水気も多く主催者の配慮で体育館で

開会式を行うようである。

 定刻の午前9時45分アナウンスとともに開会宣言される。各方面の来賓の方々や地域の役員

など順次連呼しての挨拶に代えられる。時間の都合で、佐伯区長と佐伯警察署長の挨拶で

終了となり、体育館にはたくさんの出場者がプラカードごとに並んで待機している。

関係者が地域の「宣言」をされその後、広島市立五日市中学校吹奏楽部の顧問とメンバーに

より開会を告げる演奏があった。とても素晴しい演奏である。

主催者が一団体ずつ呼び上げて順次外へ出向きパレードの準備は進む。

 

 コイン通りの手前に待機している五日市中学校吹奏楽部、たくさんの保護者に見守れながら

パレード開始の合図を待っている。しばらくしてドラムメジャーの指揮でいよいよパレード開始。

 

ご視聴様へお願い

この記録映像は、2016さくらパレードです。

 

 個人を特定的に撮影したものではなく全く意図はございません。 ご了承をお願いします。

昨日の大雨も上がりスカッとした好天候に恵まれ2年ぶりのさくらパレード。

五日市中央小学校でオープニングセレモニーを終えてメインストリート 「五日市コイン通り」を

元気よく先頭をパレードする広島市立五日市中学校吹奏楽部。

やはり音は臨場感あって最高ですね! 沿道には、たくさんの見物人や保護者、

地域の皆様のご声援を受けて パレードする五日市中学校吹奏楽部。

がんばりんさいよ~♪

 

進行方向に向う歩道では、歩けないほどの声援を送る地域の方々、商店街の方々、

そして、歩道では保護者による撮影組が我が子の演奏を撮ろうと急ぎ足で追っかけ撮影。

私も、過去には娘がサキソフォーンを演奏していたので同様に追っかけ撮影していた。

疲れもしらず、今ではそんなことはできない。先に行って良いポジチョンから保護者様の撮影

とは一味違うアングルで撮影する。(勿論、後から観るためである)

 

 パレード中何度か赤信号で停止するメンバー。その時は反対方向に行き三脚を最大に伸ばし

高いアングル(2.5m)で撮影する。全体を撮影するのも感動的であり演奏音も良く聴こえる。

造幣局の正面までは何度かドラムメジャー先頭から最後列まで撮影するがその後は、その他の

出場者を一通り撮影して終了となる。

一番最後から2番目の「五日市けんか神輿」による豪快で迫力ある演出は最高である。

神輿を修復しての出場であったとか。(撮影映像で後日記事記載予定)

 

 

                  youtubeにアップロードしています。

 

 

 

 

 

 

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加