吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

第38回 さえき・吹奏楽フェスティバル                       素晴らしい演奏する

2015-01-25 21:32:23 | 吹奏楽・定期演奏会

 平成27年1月25日広島市佐伯区民文化センターで第38回さえき・吹奏楽

フェスティバルが開催される。本日の天候は曇り模様であるが雨が降らない分

ましのようである。

12時30分より開場となっているがいつものように2時間前ぐらいには到着する

一般人の人影もなく一人でひたすら時間の経つのを待ち続ける。

広島市立美鈴が丘高等学校や広島県立五日市高等学校の顧問にご挨拶する。

しばらくすると、中学生や高校生のメンバーがリハーサルを終えて楽器を持ち

控え室の走る姿をよく見かける。

 特に、五日市中学校吹奏楽部のメンバーは、私の存在を知っているようで

笑顔で挨拶してくれる。「応援しとるけぇ~がんばらにゃいけんよ」と景気づけて

あげる。そんな五日市中学校吹奏楽部のメンバーが大好きなのである。

 

 佐伯区内の中学校や高等学校が日ごろの練習成果を披露してくれるメンバー

に感謝しながら本日この「さえき・吹奏楽フェスティバル」を聴きながら

最高の音源を収録する。もちろん、ネットなどで良く耳にする「ハイレゾ」である。

臨場感、奥行き感など贅沢なほどの「音質」で再現される。

この超高音質音源は、後に編集を得てYamahaのAudioMasterのテクノロジーを

得てハイレゾリューションダウンコンバートCDになるのである。

ここでは詳細は、割愛していただこう。 

 

 話題を戻して出演団体を紹介、出演順に。

    (1) 五月が丘中学校吹奏楽部

    (2) 城山中学校吹奏楽部

    (3) 美鈴が丘中学校吹奏楽部

    (4) 五日市南中学校吹奏楽部

    (5) 五日市観音中学校吹奏楽部(インフルエンザの為欠場)

    (6) 五日市高等学校吹奏楽部

    (7) 三和中学校吹奏楽部

    (8) 五日市中学校吹奏楽部

    (9) 美鈴が丘高等学校吹奏楽部

    (10)   五日市吹奏楽団

           中高生による選抜合同バンド(この日限りの大変貴重な演奏)

 

 

作成中

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

中西裕子・晴音のクリスマスおしゃべりコンサート              ショパンピアノ名曲集他超高音質CD化完成!

2015-01-18 18:20:38 | 吹奏楽全般

 平成26年12月21日(日)、平成26年も終わろうとしている時佐伯区民文化

センター大ホールでは、一足早い「クリスマスコンサート」が行われた。

それは、「中西裕子・晴音のクリスマスおしゃべりコンサート」が行われた。

おやべりといっても楽曲の解説や説明であり、フレデリック・フランソワ・ショパン

の名曲を親子でコラボレーションされる大変心の奥深くのこる演奏!

   

    

 

フレデリック・フランソワ・ショパンの生涯

フレデリック・フランソワ・ショパン(Frederic Francois Chopin)

ポーランドのワルシャワ近郊のジェラゾヴァ・ヴォラでフランス人の

父ニコラスとポーランド貴族の母ユスティナの間に生まれた

フレデリック・フランソワ・ショパン。

(1810年3月1日(2月22日、1809年3月1日説あり) - 1849年10月17日)は

前期ロマン派音楽を代表する作曲家であり、ピアノの詩人と呼ばれる

ほど繊細な調べを奏でる類まれなピアニスト。(著作物引用)

生涯のうち数々の名曲や難易度の高い楽曲も多く残している。

 

 限られたホール演奏時間内に演奏されるショパンの名曲や、

中西晴音さんが作曲された「黒天鵞絨の夜半」、「待ち合わせ」、

「水上のワルツ」は、ショパンもびっくりするほど印象的である。

最後のエンディングテーマは、「クリスマス特集」である

「サンタが街にやってくる」、「愛を奏でて」、「クルミ割り人形」より

おやべりを交えながら序曲~花のワルツまで演奏。

最終を飾る楽曲としてバッハ作曲「目覚めよと呼ぶ声が聞こえ、

主よ、人の望みの喜びよ」の演奏で終わる。

 

 収録に当たっては事前に演奏者様から「許諾」をいただいております。 

良い演奏や心に残る演奏は「ハイレゾリューション」で残したいですね!

私は、もう数年前から「ハイレゾリューション」で行っています。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

さえきサロンコンサート フルートとピアノのあったか仲良しコンサート

2015-01-12 23:42:28 | 吹奏楽全般

     

 平成27年1月12日(月)広島市佐伯区民文化センタースタジオでさえきサロン

コンサート「フルートとピアノのあったか仲良しコンサート」というタイトルの長い

コンサートが行われる。

 新春も明けて本日は、あちらこちらで「成人式」が行われ晴れ着姿の女性、

報道では将来の夢などを語る男性もいたようだ。これからは、新たな社会人となり

責任と自覚をもって行動をしていただきたい。成人式おめでとうございます。

 

 さて、タイトルからも判るようにフルートとピアニストのコラボレーションである。

フルートとピアノはよく「音」のマッチングが聴いて柔らかく違和感なしで聴くこと

ができる。このお二人の演奏者は、エリザベト音楽大学卒業後新人演奏会など

に出演される立派な成績を残しておられる。(プログラムプロフィールより)

 

休憩を挟んで2部構成となっているが前半は、聴いて「音色」の美しいことは理解できるが

内容はさっぱりわからない。学校の吹奏楽や楽団の演奏と違いピアニストにはピアニスト

の奏でられる楽曲があるようである。非常にゆったりとしたイメージで「脳」には良いようだ。

スタジオ内でもつい眠気が誘われ数人「おねんね」されている。

それはそれでいいことである。

 オープニングはエルガー作曲、愛の挨拶ではじまりこの楽曲は何度かバイオリンで聴いた

ことのある演奏。プログラムは次のとおり。

 

   (1) 愛の挨拶 作品12

   (2) ソナタ「ウンディーヌ」 作品167より 1,3,4楽章

   (3) 間奏曲 作品118-2

   (4) ソナタより 1,4楽章

         休憩15分

   (5) タンゴの歴史より 1楽章

   (6) 匠(たくみ)

   (7) 川の流れのように

   (8) 「アラジン」より ホールニューワールド

   (9) 日本の四季メドレー

  (10)  情熱大陸 

  (11) 春よ、来い

  (12) EARTH

 

  許諾をいただいて演奏の録画を行ったが最終的には、演奏者の都合により

アップロードの返事「許諾」はもらうことができない。(実演家の権利なので仕方ない)

        

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

佐伯区 第24回神楽祭  待望のBlu-ray FULL HD で完成!

2015-01-05 23:07:23 | 神楽

 平成26年11月30日、佐伯区民文化センター大ホールで行われた第24回神楽祭。

日本の伝統芸能である「神楽」バラエティーや芝居などと異なり神に奉仕、感謝の

精神で観ていただくためにフルハイビジョンHDでBlu-ray Discに収納してついに

完成となる。7時間30分は何をするにもHDDの容量や時間が半端ではない。

 昨日、全ての神楽団の記録映像としてYotubeへアップロードしてあり、

どの記録映像も撮影許可から、アップロードまでの「許諾」を個別にいただいての

苦労作品となっている。神楽ファンにとっては是非観ていただきたい記録映像!

Blu-ray Disc 50GBの2枚組み総容量85GBはあるようである。

 

        

 

 第24回神楽祭の全ての編集とBlu-rayDiscの記録映像として完成する

ことができた。

しかし、2枚のDisc合計が約85GBもありフルハイビジョンHDとはいえ

容量が半端ではない。専用Blu-rayジャケットも完成し、上記の画像から

こんな神楽団様が出演されたと思っていただければありがたい。

 中川戸神楽団様は、当日特別出演となっておりましたので2台カメラの

マルチ編集となってとても感動的です。「滝夜叉姫」の舞いを披露いただき

ありがとうございます。

 来年も時間が許せば是非観に行きたいと思っております。

また、第24回神楽祭に出演されました全ての神楽団様、佐伯神楽連合会様、

場所を提供していただきました広島市文化財団様ありがとうございます。

特に今回は、著作権について神経を使い、音楽自体はいいのですが、

演じておられる神楽団様の権利(実演家の権利、自動公衆送信権については、

全て個別に連絡を取り「許諾」していただき、録音、録画については、主催者

である佐伯神楽連合会様の「許諾」をいただいて撮影しています。

 

  本当に、神楽関係者様ありがとうございます。そして感謝しております。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第24回神楽祭(Youtubeにアップロード一般公開ご案内)必見その4

2015-01-03 11:24:14 | 神楽

 

     平成27年元旦  明けましておめでとうございます。

         神楽ファンにとっては是非観ていただきたい

      広島佐伯区、佐伯神楽連合会主催「第24回神楽祭」

        Youtubeに、許諾いただいてのアップロード。

             いよいよ最終の神楽団です

観音神社神楽保存会、五日市芸能保存会、石内神楽団

 

 視聴者の皆様へ

第24回神楽祭の映像については、事前に佐伯区神楽連合会の

主催者様より「許諾(了承)」をいただいて撮影しており

また、Youtubeにアップロードの際は、各神楽団(代表)様に

それぞれ「許諾」してにただいてのアップロードです。

各地方で伝承されている日本伝統芸能「神楽=舞」の

大切な記録映像です。視聴はご自由ですがダウンロードは、

別の著作権(現行法)が発生します。PC内に「保存」される場合は、

必ずそれぞれの神楽団様の「許諾」を頂いて行ってください。

 

 

 平成26年11月30日(日)広島市佐伯区民文化センターで行われた

第24回神楽祭の「舞」を(Youtubeに許諾いただいての)アップロード

一般公開しております。とても素晴らしい神楽団ばかりです。

それぞれの演目タイトルの違いはあるもののその地方に古代から伝承

されている「神楽」に魅了されるばかり。

 

   

   

   

観音神社神楽保存会 「幡舞」

   

   

   

観音神社神楽保存会 「弓舞」

   

   

   

五日市芸能保存会 関「荒平」」
広島市無形文化財

   

   

五日市芸能保存会 「四天」
広島市無形文化財

   

   

石内神楽団 「煤掃」

   

   

   

石内神楽団 「へんばい」」

 

 

 

 

 

 

 

Youtubeへのアップロード全て完了いたしました。

 

第24回佐伯区神楽連合会の主催の「神楽祭」の撮影については

事前に事務局様に「許諾」を得て撮影しております。

また、それぞれの神楽団様の演じている方(実演家という)の代表様

に「許諾」いただいてYoutubeへのアップロードとなっています。

昨今、著作権法や著作隣接権(演じているもの権利=実演家)、

自動公衆送信可能権(ネット上で見れる状態にする)は、大変厳しい

状況で権利処理が処理できないとアップロードができない状況です。

Youtubeで一般公開しております。ご視聴については

全く問題はありませんが、ダウンロードについては別の著作権が

発生いたしますのでご注意ください。

各神楽団様の「許諾」を得て行ってください。

 

著作権あれこれ

撮影するにあたり「録画、録音禁止」は言うまでもできない。

制限されているのでどうしても撮影したければ撮影目的を告げ

主催者様から「許諾」をとることから、口頭でOK。

一般に主催者は、ホールや場所の提供が多くそれぞれの出演団体

に許諾を頂いて撮影するか、学校などの定期演奏会は制限されて

いなくても撮影は可能であるがアップロードは先ずできないんだな。

特に、学校など撮影方法にもよるがアップロードすることで不特定

多数の方に「本人が特定」できるような映像は基本的にアウト。

いくら「許諾」を頂いても常識的にアップロードすることにより子供を

犯罪に巻き込むようなことがあってはならない。

広島市立の中・高等学校など注意が必要。私立は、その活動宣伝も

含めて「許諾」してくれるところもある。

 

撮影したものをアップロードしたければ演目終了後に「許諾」を頂いて

帰るようにすれば良い。しかし、演奏会は音楽が付きものでJASRAC

(日本音楽著作権協会)の厳しい監視があることを忘れてはいけない。

Youtubeアップロードする場合JASRACの管理楽曲であれば著作権の

処理はなくても合法でアップロードできる。

YoutubeとJASRACは楽曲について包括的契約している。

外国の楽曲やディズニー、JASRACの管理楽曲のないものはアウトで

著作権侵害で告訴されることがあるかも。

JASRACは国の文化庁直下の音楽に関する著作権管理団体である。

少しでも役立ててほしい。

 

 JASRACの管理楽曲でアップロードできる共有サイト(JASRAC公表による)

    http://www.musicman-net.com/business/34432.html

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加