吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

ノートルダム広島で挙式 姪っ子新たな門出に乾杯!花嫁さんキリスト教挙式の魅力教えてあげる!

2017-03-19 19:24:38 | 日記

 平成29年3月19日(日)

 朝から多少薄い雲に覆われているが寒くもなければ暑くもない。

   

    今日は、大変おめでたいことがある。

ノートルダム広島Notre Dame HIROSHIMAで

    挙式が行われる日である。

 

 招待状は、ずいぶん前に頂いていたがもう忘れかけたころ

義兄さんから当日朝、迎えに行くから一緒に行こう。

「わざわざありがとうございます」と伝える。場所は、ノートルダム広島

Notre Dame HIROSHIMAで西広島バイパス鈴峯トンネルを出て

5~600mを左方向へ沼田方面へ少し行って最初の信号を右折。

ず~と山の高台にあるノートルダム広島(★★★★★ファイブスター)

へ自宅を出て15分少々。午前10時過ぎ無事到着。

 

 ロビー入り口付近では、ノートルダム広島のスタッフが自動ドアーに

付き添って「おはようございます。いらっしゃいませ!」周りを見れば白色

の大聖堂があり、ここで2人の挙式が行われるとは想像もつかない。

本来は、キリスト教でいうイエス様の教えであり信仰信者が自由に礼拝できる

場所なのである。

 

キリスト教結婚式雑学(ご参考まで寄せ集め)

             しかし

チャペルは、学校やホテル、式場などに私的な祈りの場として作られたもの。

なのでホテルや式場のチャペルは結婚式専用の場合が多く、

勝手に入ることができません。

 チャペル:ガラス張りで青い空・青い海を目の前に臨むことが出来る。

          一方

教会(チャーチ)は信者が集まって祈りを捧げる公的な場所。

誰でも自由に入り祈ることができます。

教会:ステンドグラスが印象的な教会や、ヨーロッパテイストで重厚感のある

大聖堂まで個性的な会場が揃う。

 

 

       女性なら一度は、白いウェディングドレスに身を包み、

     今まで大切に育ててくれたご両親に見送られながら

 バージンロードを歩く姿に憧れたことがあるのではないでしょうか。

 

 キリスト教式挙式は、2つのタイプに分かれる

 実は、キリスト教式はカトリックプロテスタントの2つのタイプに

 カトリックは、由緒正しき本物の教会で挙げますが、

 プロテスタントは、ホテルや結婚式場の一角で挙げるので、

 宗派は関係ないのですね。

  基本的には、国内でキリスト教式を挙げているほとんどのカップルが、

 プロテスタントタイプです。ですから、キリスト教を信仰して

 いなくても、教会挙式は気軽に挙げることが出来るというわけです。

 

 キリスト教式挙式の魅力

 (1)長年の夢が叶う

       「白いウェディングドレスを着て、バージンロードを歩きたい」という

      長年の夢が、教会挙式をすることで全て叶います。

 

 (2)シチュエーションが素敵

    真っ直ぐに伸びたバージンロード、ステンドグラス、厳かな雰囲気、

   パイプオルガンの音、讃美歌の歌声の美しさなど、教会挙式は

      シチュエーションがとにかく素敵です。

      新郎・新婦も清らかな気持ちで永遠の愛を誓うことが出来ますし、

      出席者も荘厳な気持ちで2人の門出をお祝いすることが出来ます。

 

 (3)色々な演出が出来る

    教会挙式は、色々な演出が出来るので新郎・新婦だけではなく、

   出席者の人も楽しむことが出来ます。

      可愛らしい子供達やブライズメイドにエスコートしてもらっての入退場や、

      結婚指輪を出席者が新郎・新婦のもとに運び届ける演出、ゴスペルや

     生演奏など、色々な演出を楽しむことが出来ます。

 

 

 キリスト教式の全体の流れ

 1. 新郎・新婦の前に参列者が入場します

 2. いよいよ新郎が入場します

 3. みんながお待ちかねの新婦の入場

 4. 讃美歌の斉唱

 5. 牧師様が聖書朗読→祈祷

 6. ★結婚の制約最重要

 7. 記念すべき、指輪の交換

 8. 晴れて夫婦に!結婚の宣言

 9. 宣言の次は、結婚証書を書こう

 9. 新郎・新婦の退場

 

       ご招待していただきありがとうございます。

  新郎新婦のお幸せをお祈りします。乾杯! 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016.8.6 原爆被爆71年目 オバマ大統領来日後、広島市民の憤り

2016-08-06 22:42:32 | 日記

 平成28年8月6日(土)

読者の皆様、いつもありがとうございます。

本日は、広島市民にとっては特別な1日でスタート。

広島市内では平和式典が開催され、原爆投下(原子爆弾炸裂)アメリカ合衆国

によるB29爆撃機により午前8時15分現在地点相生橋付近上空で猛烈な閃光

(せんこう)により何十万人という罪のない市民が尊い命が犠牲となる。

 

 平和宣言をする広島市にとっては絶対忘れてはならない1日。

 

 振り返るとオバマ大統領(アメリカ合衆国)が来日で湧き上がった広島市。

多数の人々に歓迎されながら平和公園に向ったが謝罪の言葉は一切ない。

一般的な挨拶でありながら「平和維持」の大切さは良くわかるが

 しかし、挨拶の最初ごろ「空から突然死が舞い降りた?」と言っているが

そんなこと言わなくても広島市民はいやというほど判っているよ。

 

私個人的には、このオバマ大統領の言葉(オバマ個人ではないアメリカとしておこう)

おかしくない?お前の国が落としたんだろ!母もこの犠牲になっている!

戦争というものが罪のない一般市民がを犠牲にする。また何万人という人を無差別

に死に追いやる。いくら戦争早期終結といっても考えれば判るよね。

わが国もアメリカと同盟国を一層強化したいのなら先ずははっきりと過去の事情は

どうあれ尊い命が犠牲になっている以上謝罪は、はっきりと市民にケジメをつけて

もらわないと次のステップは何もない。

 

   2000年に広島市立五日市中学校吹奏楽部は

 「原爆の惨禍、蘇ったひろしま、世界恒久平和」をマーチングで

全世界へ平和メッセージを発進しています。(中学生ですよ)

 

 

       

 

 

第13回全日本マーチングフェスティバル中国大会(岡山市総合体育館)

演奏されているのは広島市立五日市中学校のみなさんです。

曲目は、ダンテの神曲&ジュピターです。(音声のみ)

私たち広島で生まれ、広島で育ち、「広島の原爆」について演出を考える。

ヒロシマをテーマに「蘇ったヒロシマ原爆の惨禍、平和への願い」を

演奏演技に凝縮しての「とどけ世界へ、

平和の願い」をアピールした素晴らしい演奏。

(あらすじ)2000年度作品

広島に1945年8月6日午前8時15分、原子爆弾投下される。サイレンの空襲警報が響き渡り、

やがて8時15分にイメージ画像(原子爆弾)が炸裂してバラバラになり

原子爆弾の投下により多くの犠牲者を出し、苦しみ、嘆き、彷徨い(さまよい)それから、

時間と共に復興へと移り変わる様子。(ダンテの神曲、地獄天国)

トランペットの演奏とともに場面は移り変わり、サックスの演奏とともに平和が

訪れるという内容の演奏演技。

蘇ったヒロシマ~平和への願い(ジュピター演奏)

世界へとどけ、平和への願い。

(投稿者より)
最後に、この過ちは決しって二度あってはならない。
今でも原爆の後遺症で苦しんでいらっしゃる人の為にも
人類は絶対忘れてはならない。
私も戦後生まれのため現実は判らないが両親、祖父母から色々
恐ろしいほどに聞かされた。この演奏を聴いていただいて少しでも
世界の恒久平和へとつながることが演奏者全員の願いです。
演奏者は「広島市立五日市中学校」のみなさんありがとうございます。

 

 何も形式にこだわる必要もなく公共の場で(広島市民の前)

 

原子爆弾投下により罪のない多数の市民を犠牲にして

申し訳ない。謹んで亡くなられた方のご冥福を祈ります。

 

  これでいいんだよ。後の余計な文言は必要なし。

 

 それから本題の「平和の大切さ、核兵器のない世界」 ・ ・ ・ ・

このように言っていただきかったね。

 

   アメリカ新政権になっても引き続き広島に来てはっきりと

     広島市民のまで謝罪して欲しい。(市長さん頼むよ)

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島発 終戦70年!国家の過ちで罪のない広島市民の尊い命が犠牲に 平和の祈り

2015-08-14 11:22:16 | 日記

 平成27年8月14日(金)曇り空

広島は、明日終戦70年を迎えるにあたり個人見解(戦後生まれ)であるが

思いつくまま記述してみる。

   

   

   

   

本日、8月15日広島市は終戦70年目を迎える。
西暦2000年目の節目岡山市総合体育館で行われた
全日本マーチングフェスティバル中国大会に出場した
広島市立五日市中学校吹奏楽部。
マーチング指導は、本校の中村貴泰先生。

テーマは、原爆の惨禍ひろしま 平和への願い。
総勢100名を超える大編成で演技披露したメンバーに感謝。

マーチング表現内容あらすじは(メンバーでコンテを考える)
広島市ならではの貴重な表現内容となっている。

昭和20年(1945年)8月6日午前8時15分広島市上空に
アメリカ軍の攻撃爆撃機「B29」が現れ相生橋付近に原子爆弾投下。
会場内では空襲警報のサイレンが鳴り響き原子爆弾炸裂と同時に
罪のない広島市民が尊い命と犠牲になり嘆き苦しみ彷徨い歩き
やがて「死」が訪れ、トランペットの演奏とともに場面転換。

サックスの演奏「ジュピター」とともに「平和」が訪れ最大のクライマックス
である横一列に並んだ編隊は「平和の願い」を大衆にアピールしながら
正面に向う。

「8月6日」、「爆弾の形」、「Peace」の幾何学模様が出てくるので
ご覧ください。  (2000年度の保護者解説)

現在は、マーチングフェスティバルの部はコンテストの対象から
除外されパレード部門だけになり出場校も激減模様。
過去には、こんなに素晴しいフェスティバルが全国の拠点沢山
競い合い楽しみを与えてくれ保護者一同頑張った。
広島市立五日市中学校のみなさんありがとう。
この思いを全世界に広島から発進します。
ニ度と過ちのない「平和」が続きますよう希望します。
YouTube チャンネル登録とコメントお願いします。
この大切な過去の過ちを一人でも多く判って受け継いでほしい。
記録映像は、疑似HD化しています。

終戦70年の節目に向け広島市は一層、世界中に「平和の祈り」を発進している。

 

 

  (1) 1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分広島市上空このときの天候

    快晴でB29攻撃爆撃機(エノラゲイ)が広島産業奨励館(現原爆ドーム)

    相生橋付近に世界ではじめて爆弾投下する。

    広島市が最初から決まっていたわけでもなく数箇所候補に挙げられていた

    攻撃目標の都市の一つといわれている。軍事施設や都市が大きいから?

    爆弾投下したのはアメリカ合衆国(米国)である。

    広島市以外の都市で投下が行われたとしても罪のない尊い命のが多数犠牲に

    なることは避けられず日本国民にとっても悲惨な出来事は頭から離れること

    は決っしてありえない。

 

 (2) 8月15日、毎年お盆を迎える。家族で故郷へお墓参りしてご先祖様に手を合わせる

    習慣は、特に広島市では盛んでありその裏にはこういった戦争の罪のない家族が

    犠牲となっての供養となっている。(戦争が終結した日なのである)

    例えご先祖様が犠牲になっていなくてもそういう気持ちで合掌してほしい気持ち。

 

 (3) 原爆投下に至るまでにいろいろなことがある。 

     アメリカ合衆国ハワイ真珠湾奇襲攻撃した日本。

     沖縄県の南部では、米国に制圧された北部の市民は南へ移動し罪のない

     市民が沖縄戦(悲惨な激戦)に巻き込まれ 、徹底抗戦を余儀なくされた 

     沖縄市民 (ひめゆり部隊など)多くの犠牲者がでる。14~15万人とも

     いわれ最悪の結末となる(昭和20年6月ごろ)

     空中からは機銃砲撃、海からは砲弾で逃げ場を失って自殺、自決(死を決める)といった

     言葉では言い表せないほど悲痛である。

     私は、沖縄の悲惨な激戦地をツアーや社内旅行で2回訪れ足を運ぶ。

     もし、沖縄にツアーでいかれましたら「ひめゆりの塔」「摩文仁の 丘~広島県」

     参りくださいませ。

 

 (4) まだ色々と過去には中国への侵略(残留孤児の原因)など詳細は記述しないが

     日本国家が過ちで起因によるものあると思うがここではあえて政治的関与があるかも

     しれないので記述しない。

 

            若者よ!

お盆はご先祖様へ(犠牲になられた方へのご冥福)

合掌と同時に今、平和であるということは過去に

沢山の罪のない市民が犠牲になっていることを

忘れてはいけない。

広島市民をはじめ、長崎市民、沖縄県南部での

悲惨な激戦で亡くなられた方のご冥福を

お祈りいたします。 

 

                     合掌

 

 広島駅南口地下広場エールエール 2015.7.19

          マリンバによる平和の祈り

          ~74人の仲間とともに~

   

   

   

   

   

   

   

 

 これからもまた二度と国家が過ちを起こさないためにも日本国民一人ひとり

国家の監視をしなければならない。(実際は投票された政治家に委ねる)

国会で可決する法律は国のためでもなく、全ては日本国民宛に作られるもので

よく考えなければならないのは悪までも少数の政治家が言った意見を取り入れる

のではなく主権在民で重要決議は大多数の国民が納得できるようなことでなければ

絶対に許すわけにはいかない。

原発再稼動や海外での自衛権行使の問題(第三国に行く行為は過ちのはじめと

なりかねない)自国をどう安全に国民にリスクを与えず防衛するかが先だよ。

政治的に金銭(国民の税金)で解決できればそれに越したことはない。

 

政府は、二度と過ちのない行動をとることが国民の最大の願い

あり平和の願いでもある。

 

 

   

   

   

   

   

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

吹奏楽の魅力 2015年 明けましておめでとうございます。

2015-01-01 00:00:00 | 日記

 

 

 平成27年1月1日、元旦の朝を迎える。

改めてブログ読者の皆様「明けましておめでとうございます。」

ブログ読者様におかれましては2015年(平成27年)の元旦を迎えられている

ことでしょう。

上のタイトル画像のように「輝かしい飛躍した」年で過ごしたいものです。

昨年は、多数の皆様にアクセスいていただき誠にありがとうございます。

本年も、昨年同様よろしくお願いいたします。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島佐伯区 中西裕子・晴音のクリスマスおしゃべりコンサート         (ショパン名曲集)

2014-12-21 19:45:45 | 日記

平成26年12月21日(日)広島市佐伯区民文化センター大ホールで

中西裕子・晴音のクリスマスおしゃべりコンサートが開催される。

           

 

 1ヶ月前佐伯区の神楽祭を観に行ったときに目についたこのパンフレット

これが本日、演奏の運びとなって観に行くことが決まる。

正直言ってピアノの収録は苦手なのである。

理由は、いくらクラシックの素晴らしい演奏をされても吹奏楽と違い

楽器の「音」の変化が少ないからビデオ収録には難しい。

気持ちよくなって「脳」の意識が遠のき体ポカポカ状態で聴けば聴くほど

深い眠りに入る。ピアノの「音」は人の耳に入ると快く感じて気持ちいい。

ホールではたくさんの人が聴いているのか寝ているのか判らないが人

それぞれ感性が違い様々。

初めて耳にする曲ばかりであるが大変素晴らしい名曲ばかり、しかも

クリスマス前に無料で聴くことができるとは非常にありがたい。

 

 午後2時30分スタートした中西裕子・晴音のクリスマスおしゃべりコンサート

は、オープニングにエルガー作曲「愛の挨拶」大変素晴らしい演奏です。

 

 

バイオリンではよく聴くことがあるが一度二度聴いたことがあると思います。

タイトルの通り「中西裕子」さんは、お母さんママですよ。そして「晴音」さんは

娘さんです。まぁ~そんなことはどうでも良いのです。

プログラムの解説の中で鶏のマーク=母、雛(ひよこ)=娘 の表示です。

さすがピアニスト一家であるだけに連携は上手い。

雛が6回演奏、鶏が3回演奏、雛+鶏が3回の12回演奏される。

 

  

 

   

 

 プログラムの内容概略

(1) オープニング   愛の挨拶

(2) ピアノの技巧   エチュード作品25-1他

(3) くらべっこ     子犬と親犬のワルツ 正は、子犬のワルツです。

    (タイトルが一部変えてあります。ショパンさんごめんなさい)

(4) ピアノ名曲集   アンダンテスピアナートと華麗なる大ポロネーズ他

(5) 自作曲 中西晴音作曲(難しいタイトルでよく判りません)

(6) ピアノ名曲集   ピアノソナタ第3番より終楽章、幻想即興曲他

(7) クリスマス特集  サンタが街にやってくる、クルミ割り人形より他

 

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加