吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

広島県立五日市高等学校吹奏楽部「第37回 五高定演」                    作曲家の田坂直樹さん母校で指揮

2015-03-29 20:05:51 | 広島県立五日市高等学校

 

 

 平成27年3月29日(日)、3月最後の日曜日朝から澄み切った小春日よりの中、広島市

佐伯区民文化センター大ホールでは、広島県立五日市高等学校吹奏楽部「第37回 五高定演」

が行われている。昨年までお世話になった顧問は、広島井口高等学校へ行かれ本年度からは、

新顧問のご指導による初定演となる。この顧問は、以前10年前かな、廿日市高等学校吹奏楽部

でご指導されていたような記憶があるが当然面識はない。

 

 演奏会のリハーサル前に「五高」を応援しています。と挨拶しに行く。

顧問に撮影許可をいただいてホール中央に機材をセッティングして本番に万全を備える。

リハーサルを見せていただき、順次進行して行く。いただいたプログラムに目を向けると

演奏曲の数が以前より少ない。新顧問になって、何が変わったかというと構成3部が2部に変わり

今回は演奏曲の数が少なくしてある。恐らく偉大なゲストが来られることによる構成変更だろう。

聴く側は、2部構成であろうと、3部構成であろうと一切そんなの関係ない。

要は、メンバーより素敵な感動する演奏を聴いて元気をもらって帰るだけ。と一口では簡単で

あるが、なかなか「感動」する演奏は、滅多に出会うことは難しい。

なぜなら、聴き手側の個性が100人いれば100通りあり人それぞれ千差万別である。

作曲家の音楽のイメージをどうやって楽器の演奏で伝えるか(表現力)。

また、演奏の「音」は一音一音の感動する音の集合体でなければ聴衆は喜んで感動しない

と個人的に勝手に思う。

 そういう気持ちの中で第1部の最後を飾る全日本吹奏楽コンクール2015年課題曲Ⅳ

マーチ「プロヴァンスの風」田坂直樹作曲を聴くことにする。

よくプログラムを見ると「田坂直樹」作曲が表紙に記載されていることに驚く。

いつものようにゲスト出演で楽器でも演奏される方と思っていたが詳細プロフィールを見て

この演奏会に偉大な作曲家が、しかも本校卒業生で当時トランペット担当と記述されている。

 

 全日本吹奏楽コンクール課題曲の作曲家「田坂直樹」様が「五高定演」に来られた

ということに二度驚く。

 

  定刻の14:00第1部の幕開けにふさわしい「鷲が舞うところ」でスタートする。

 「鷲の舞うところ」は、メーン州(アメリカ)の雄大さ、自由、そして美しさを描写したコンサート序曲です。

また、自分たちの満ちあふれた潜在能力に気付いた時の気持ちを表現しているという意味も

含まれています。 Yhaoo知恵袋より著作引用

 

 

プログラム紹介

第1部

(1) 鷲が舞うところ        スティーヴン・ライニキー作曲

(2) ガルーダの翼                   広瀬勇人 作曲

(3) 小組曲               アルフレッド・リード 作曲

(4) 全日本吹奏楽コンクール2015年課題曲Ⅳ

    マーチ「プロヴァンスの風」   田坂直樹作曲(五日市高等学校卒業生)

    ゲスト出演指揮指導

 

 

 

 

 

 

第2部

(1) オーメンズ・オブ・ラブ 和泉宏隆作曲/真島俊夫編曲

(2) 「千と千尋の神隠し」Highlights 久石譲 木村弓作曲/鈴木英史編曲

(3) 恋のカーニバル モラエス・モレイラ アルセウ・ヴァレンサ作曲/岩井直溥編曲

(4) 五高メドレー

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

★★★広島市立美鈴が丘高等学校吹奏楽部 第26回定期演奏会開幕

2015-03-29 00:10:47 | 広島市立美鈴が丘高等学校

 平成27年3月28日(土)といえば、第26回定期演奏会が開催される日である。

しかし、運悪く廿日市高等学校吹奏楽部に続き観に行くことつらできない。

悔しくて悔しくて腹腸(はらわた)が煮えくり返りほど、なぜか日取りが悪い。

 

 そんな中、私は広島市中央卸売市場の「市場まつり」で仕事中なのであるが午後1時30分

近くになると気になる。間もなく演奏会前の諸注意のアナウンスが流れ、開演前のブザーが

鳴りはじめると推測する。しかし、どんなに思っても行くことはできない。行事のイベントの最中。

でも、気はあせっているが心配していない。私の愛妻が代わりに美鈴が丘高等学校吹奏楽部の

ために、機材を持って超高音質の収録するためとハイビジョンカメラ1台を持って行ってくれる。

滅多に頭を下げることのない(嫁に)私は、「ありがとう」感謝の気持ちを言葉で伝える。

昨日より、収録方法の実演、データ確認やハイビジョンカメラのコントロール、三脚のリモート

コントロールと注文は多い。同じやるからには失敗は許されない厳しい支持が家内で飛び交う。

デジカメをバッグに入れていたが操作ぐらいできると思っていたら案の定1枚も撮影していない。

おかしいよな。電源入れて焦点合致でシャッター「カッチ」だよね。

音のレコーディングとビデオ収録でパニックになっていたのだろう。昨夜教えたばかりなので~~

とにかく状況が把握できないときにはビデオ撮影を放棄して「音」だけ専念して持って帰ってねと

優しい言葉で最後のお願いを託す。勿論「音」はハイレゾリユーションの超高音質。

「音」関しては、100点中95点で申し分なし。(ありがとうございます)ビデオは未チェックであるが

3本収録してあったようである。これからの作品作りが非常に楽しみである。

 

 夕方、6時15分ごろ佐伯区民文化センターに立ち寄る。

明日は、五日市高等学校吹奏楽部の「第37回 五高定演」なのである。

部長が五日市中学校吹奏楽部の卒業生であり、「今年もお願いします」と2月中旬にメールが来る。

顧問が昨年代わられたので辞退を考慮していたが深いつながりがあるので断ることもできず収録

を快く受領する。明日の準備されていると思い帰りに立ちよることとなる。

 

 ホールでは、美鈴が丘高校吹奏楽部一部のメンバー(恐らく今春卒業生かな?)と顧問が集会

されていたようである。時を見計らって「顧問XXXX先生」今日は、本当のところ演奏会に来たかった

が諸事情でくることができず、「ごめんなさいね」と日頃のご指導されることへの感謝を伝える。

大変笑顔で話すこと10分少々。プログラム2セットいただいて帰る。

 ステージマーチングでは、マーチングリーダーが「五日市中学校吹奏楽部卒業生」と聞いて大変

うれしく思い、活躍していると思うと私も身体に意気込みが違うね。

演奏の良し悪しは関係なく前向きに取り組む姿勢が大切でその気持ちが判ったときには何か

演奏の記録を形に残してあげたい気持ちが強くなりますね。

 

      広島市立美鈴が丘高等学校吹奏楽部

  広島市立五日市中学校吹奏楽部OB・OG

     応援しております。頑張ってね!!

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島市立古田中学校吹奏楽部 第8回春季演奏会 「さくら・桜・SAKURA」に感動する!

2015-03-27 23:13:36 | 広島市立古田中学校

 平成27年3月27日(金)広島市西区民文化センター大ホールで沢山の関係者やOB・OGの参加で

演奏会はスタートする。構成は、第1部 「コンクールステージ」、第2部 「さくら・桜・SAKURA」

第3部 「OB・OGステージ」、第4部 「ステージマーチング」で行われる。

 今回で第8回を迎えられ、回数を重ねられるたびにメンバーも多くなり、ステージマーチングの

大編成は迫力感あって大変感動する。

 

 昨年度、面識のあった保護者様にお会いすることができた。

私は、不特定多数の方とお会いするのでよく覚えていなくても相手方より、

「いつもありがとうございます」といわれ感謝しております。

しかし、この吹奏楽部の関係者は私のことあまり知っていないようである。それもそうだね!

3年経てば保護者様とは、お会いすることはないだろう。

でも、私は第1回の春季演奏会から、古田中学校吹奏楽部を手にとるように見ています。

一度でも途絶えたことはありません。卒業されたメンバーの保護者様とは別の高等学校吹奏楽部

でお会いすることもあるでしょうね。 「こんにちは」とお声をかけられることもあります。

私と何らか面識もたれ方には「超高音質AudioMasterCD」を可能な限り手渡ししております。

第8回までに5~6人はおられると思います。その方は本当の意味でラッキーだと思います。

この記事を読んで関心のある方は管理人にコンタクトとってみることですね。

 

 

 プログラムの紹介

 

  第1部 「コンクールステージ 」

 (1) 「ゴヴィントン広場」  2012年度全日本吹奏楽コンクールB部門自由曲

 (2) マーチ「春の道を歩こう」 2015年度全日本吹奏楽コンクールA部門課題曲

 (3) 「大いなる約束の 大地~チンギス・ハーン」 

                      2015年度全日本吹奏楽コンクールA部門自由曲

 

        ~~~~~~ パート紹介 「ボレロっ?!」 ~~~~~~

 

  第2部 「さくら・桜・SAKURA」

 (4) 「さくらのうた」

 (5) 「千本桜」

 (6) 「花」

 (7) 「さくらさくら Brass Rock」

 

  第3部 「OB・OGステージ」

 (8) 「とびら開けて」

 (9) 「レット・イット・ゴー ~ありのままで~」 

(10) 「ディスコキッド」

 

  第4部 「ステージマーチング」

(11) 「ジュビランス」

(12) 「宝 島」

 

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

広島県立廿日市高等学校 第49回定期演奏会終わって             顧問を尋ね雑談!

2015-03-25 23:15:43 | 広島県立廿日市高等学校

 平成27年3月25日(水)本日は、勤務先定休日。

昨日、会社の全社員による経営方針発表会があって、どうしても行きたかった

広島県立廿日市高等学校吹奏楽部「第49回定期演奏会」が廿日市市にある

はつかいち文化ホール「さくらぴあ」大ホールで夕方、18時30分よりいつもの

ように勤務先からホールへ足を運ぶ大勢の姿が目に浮かぶようだ。

行くことができず非常に残念で心が痛み自分自身を攻める。

 

   

 

   

   

   

   

   

   

 しかし、演奏会の音源を決っして諦めているわけがない。

2年前から面識のあった今回演奏されるメンバー2年生の保護者様に念願の

希望を託した。22日演奏会2日前であるにも関わらずハイビジョンカメラ、

フルデジタルハイレゾリューションレコーダをすぐ収録できるように設定して

打ち合わせする。心よく引き受けていただいた。ありがとうございます。

心から感謝しています。

 私の機材に気を取られることなく我が子(息子)の晴れ姿を精一杯撮影して

あげてくださいと言葉を託す。

フルデジタルハイレゾリューションレコーダの音源は、第3部の収録のみだったが

大変うれしかった。

今回は、創部50周年記念の前の演奏で非常に気がかりで演奏イメージを頭に

入れて置きたい気持ち。ハイビジョンカメラの映像は何とか利用できるようであり

この音源を利用する。しかし、ハイレゾリュージョンと比較するとその差は歴然。

 

 

        

 

 

         廿日市高等学校吹奏楽部を応援します。

     第50回定期演奏会を皆さんで成功させよう!

 

 

 私の近所に住んでいるサキソフォーンのメンバーの1人(T君)が以前、N顧問に

お願いしていた当日演奏会のプログラムを23日に自宅まで届けてくれる。

ありがとうございます。

そして、本日25日演奏会終了して1日が開ける。会場に行くことができなかったぶん

内容が非常に気になる。N顧問にプログラムのお礼と日頃のご指導の感謝を伝えに

吹奏楽部へ夕方5時前であったが足を運ぶ。

2015年度全日本吹奏楽コンクール課題曲など演奏された感想など雑談すること25分

色々と話を聴くと今回の演奏会の全体像が大体見えてくる。

吹奏楽コンクールはもとより、50周年の定期演奏会に向けてのスタートは

もうはじまっているようだ。50周年の定期演奏会が今から非常に楽しみだ。

 

 

           

 

 

本日は、ありがとうございましたと告げ、前年の演奏会第48回の超高音質CD

CDの頂点でもあるYamahaのAudiodeMaster仕様(一度聴いたら他のCDは聴けない

ほど臨場感があり魅了される)を通常のCDとセットでオリジナルケース収納で

手渡しして帰路に着く。大変喜ばれているようだ!

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島市佐伯区 「さくらんぼのおうち」 開設5周年記念祭

2015-03-22 18:07:40 | 日記、記事

    

 

 

 平成27年3月22日連休の最終日。朝から天候に恵まれ、地域のイベント会場では

沢山の人々でごった返す。

佐伯区民文化センターでは、大ホールの「広島井口高等学校吹奏楽部

第37回定期演奏会が開催され、スタジオホールでは、 「さくらんぼのおうち」

 開設5周年記念祭が行われている。

  「さくらんぼのおうち」 というのは、高齢者様にデーサービスや、介護サービス

など行っておられる施設。五日市中央2丁目に 「さくらんぼのおうち」 がある。

立派な施設である。

 

                

 

 何気なしにスタジオホールの中を伺ってみた。どこか幼いころの

面影ある方に出会う。一つ先輩のお姉さん。XXXXさんですね!

「元気しとる?」と声をかけると双方戸惑う模様。それもそうね!

48年ぶりかな?まぁ~よく見ればお母さんそっくりの美人。

目がパッチリした昔の面影が蘇る。大変懐かしくも、嬉しかった。

お互い年を感じるようになったね。

 

  

 

 プログラムをいただいて、進行具合を見れば2/3は済んでいる。

「幸せなら手をたたこう」を熱唱される団代様は、以前(昨年11月の文化の日)

お会いした皆賀公民館で練習されている「コーラスSing」の皆さんではないか?

昨年の11月「佐伯区音楽のつどい」で沢山の合唱団体による熱唱振りを

ハイビジョンで撮影を行い、素晴らしい「声」をハイレゾリューションで記録

した事でよく存じています。

 

 昔の名曲は、聴くだけであのころの良き昭和時代へタイムスリップして色々と思い

出させてくれる。「コーラスSing」の皆さんありがとうございます。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加