吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

山陽女学園中等部・高等部 管弦楽部                         「全国高校選抜オ

2013-12-22 22:31:11 | 吹奏楽・定期演奏会
<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://counter1.fc2.com/counter.php?id=7090941"></script><noscript>
アクセスカウンター</noscript> 現在の閲覧者数:<script language="JavaScript" type="text/javascript" src="http://counter1.fc2.com/views.php?id=7090941"></script><noscript>
アクセスカウンター</noscript>

   

 平成25年12月22日(日)今年最後の連休、明日は、平成の天皇陛下様のご誕生日である。カレンダーを見れば当然祭日である。天皇、皇后両陛下もお元気な様子で日本国民にとってもありがたいことである。例年になく寒さが厳しい折、ご身体には十分お気をつけていただきたい。

   

   

 さて、この度管理人が応援している地元の女学園が「全国高校選抜オーケストラフェスタ」に出場決定!5回連続5回目と大変明るいお知らせがある。その学校は

   

   

     山陽女学園中等部・高等部 管弦楽部 

   

   

それは、大変素晴らしい演奏を繰り広げる「管弦楽部」である。今年で創部10周年という節目にあたり第3回定期演奏会では交響曲第5番ホ短調作品64といってとても長い演奏。第1~4楽章全てに挑戦という意気込みは想像絶する。毎回、新しい演奏曲に挑戦するこの管弦楽部に管理人はエールをいつも送る。

Photo

   

   

 上記タイトルに「5回連続5回目」と表記しているが良くみると定期演奏会が3回目であり定期演奏会を立ち上げる前から全国高校選抜オーケストラフェスタに連続出場しているということがわかる。実力はいうまでもなく半端じゃない。この管弦楽部の実力をつい昨日、広島市西区にあるアルパーク東棟にある通称「時計ひろば」で見ることができた。全国高校選抜オーケストラフェスタ」には12月26~28日に出場されるようである。

   

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山陽女学園管弦楽部「アルパークみんなの広場」へ!                         全

2013-12-21 23:51:28 | インポート

05

 平成25年12月21日(土)本日のこの演奏を見るために昨年からどれだけ待っていたことか?今回で5回目を数える応援となる。滅多に会社を休むこともない私は、半日の休日をいただいて非常に楽しみにしている山陽女学園中等部・高等部管弦楽部の演奏を聴く。昼からも非常に寒く、冬型の気圧配置で各地で雪を降らすようなこの天気の最中、我が子の演奏晴れ舞台をたくさんの関係者を集めて披露してくれるのは「山陽女学園中等部・高等部管弦楽部」のみなさんです。

   

   

 今月、1日にも広島市中区にある広島グリーンアリーナ(県立体育館にある武道場)で演奏会が行われた。もちろん素晴らしい演奏を聴きに行った。この時は、関係者(保護者)が事前の許可制で撮影されていたが私は、一切撮影することはできず(事前に許可とれない関係者でないから)フル装備の機材を持って3時間ぐらい前に到着していた。撮影できない分だけ「目」と「耳」で収集した情報を頭にイメージとして焼き付けて帰るが「記事」まで書く気になれない。この時は、ほとんど一般人はいなくて少数の関係者だけが集まっている状況。前回は、西区の広島サンプラザで大変大勢の方々が感心と魅力を求めて集まっていたが私は、一切観ることも聴くこともなしにそのまま約1時間待った挙句自宅に帰った。何と時間の無駄だった。学校が大々的に「クリスマスコンサート」と宣伝している割に場所の知名度が変わると人は来ないようである。未だに学校の目的と意図は判らない。この時は、管弦楽部演奏、マーチング、バトントワリングと見せてくれる。

   

   

   

   

 しかし、今回は、「管弦楽部」の演奏が西区にあるアルパーク東棟ひろば「時計ひろば」で夕方17時30分定刻どおり開催される。管弦楽部といえば「山陽女学園」に相応しい力強い演奏を聴くことができる。顧問の迫力ある指揮法も大変魅力的。初めて、出会うことができたのもこの特設会場。思い出せば「父の日」発表会だった。

   

Photo   

   

 吹奏楽を定期演奏会、コンサートなどタイトルこそ違うがどれも素晴らしい演奏をすることに変わりない。何百回といろいろな中学校。高等学校、大学の吹奏楽団、市民バンドと観て来て幅は広い。管弦楽部は吹奏楽とは違う「味」が魅力的。「弦」から弾きだされる素晴らしい音色は人の心を強く引付ける魔力がある。

   

   

          

   

   

   

  山陽女学園中等部・高等部管弦楽部の活動は幅広く本年度創部10周年を迎えての第3回定期演奏会は廿日市市にある廿日市文化ホール「さくらぴあ」大ホールで行われたこともつい先日のように思い出す。 

   

   

 この第3回定期演奏会は、特別な思いがあった。というのも創部10周年であり、いつも素敵な演奏に加え、礼儀正しいメンバー、顧問の熱心なご指導なくして毎回素敵な演奏は聴けないのである。節目の創部10周年に当たり日頃の全てに感謝を捧げての応援。(五日市中学校吹奏楽部卒業生いたかな?)ハイビジョン撮影3台、デジカメ2台を一人で酷使しての撮影記録。(人には負けない自身はいつもある)特に「音」については異常なまでもこだわる。演奏は「音」が全て。一音一音を非常に大切に演奏されている様子は撮影最中でも耳に伝わってくる。

   

4人のメンバーさん撮影協力ありがとうね!

遅れたサンタクロースが きっと素敵なプレゼントを担いで持っていくかも?

 

下のURLをクリックしてね!

第3回定期演奏会記録映像完成についての記事

   http://blog.goo.ne.jp/windmusic921/d/20131103

   

 音楽CDの制作についても音源の扱いに気を配り市販のCDとは比較にならないぐらいの臨場感あるテクノロジーYamahaのAudioMaster仕様を制作した。再現がとても素晴らしく「原音」に匹敵するぐらいの価値あるCDで聴いた方だけが体感できる。「弦」から奏でられる音源は正にい次元的。書き込みメディアによっては「音」は、AudioMaster仕様であっても真の音質は追求できない。

   

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島市草津港発                        お魚を上手に美味しく食べる&さばき方 

2013-12-18 23:35:27 | 日記、記事

平成25年12月18日(水)今年も残すところ泣いても笑っても10日余り。広島市内も昼から寒さが一段と厳しくなる。草津港1丁目にある職場で窓越しに覗く冬景色は気温も一段と下がった昼下がり海上では冷たい風に小雨混じりの天気。かすか遠くに浮かんだように見える世界文化遺産「日本三景」でもある厳島。夕方より山頂付近が綿帽子を被ったようみ見える雲。相当山頂では冷え込んでいるのであろう。廿日市や大竹方面の西に沈みかけて行く「黄金の夕陽」不景気を吹っ飛ばしてくれるような素晴らしい真っ赤な夕陽が時折、厳島の弥山に雲の隙間から乱射される。この光景は、見たこともないような輝き。冬の冷たい空気、小雨、夕陽、雲の自然な姿と全てが調和された正に「草津港から見る真っ赤な黄金の夕陽」は壮絶!!約30~40分ぐらい繰り広げられまるで異次元的。1億ドルの夕陽。左端は草津港の牡蠣業者、右端は民間の冷蔵倉庫棟そのほぼ中央に防潮堤と小さなシグナルの灯台。草津港の浮き桟橋の照明用の柱の天辺に1羽のカモメが寒そうに羽を動かしている。そしてその後サギやってくる。実に一望できるパロナマ。職場のお姉さんは大変喜んでいるようだ。

   

   

お魚情報

 広島市民のご家庭を食卓を預かっている「中央卸売市場」。年末に向けて仲卸や買参人で大変ごった返す中央卸売市場。秋から冬にかけ「お魚」が大変美味くなる時期、広島といえばやはり牡蠣?(個人的に宮島の牡蠣が大好き)特に冬は「魚」が美味い!今年の夏は猛暑で食欲がなっかたがここに来ていろいろな「魚」が食べたくなった。鍋物、刺身、焼き物、天ぷらと調理色々。どんな「魚」で食べる?

 牡蠣、マグロ、ブリ、ハマチ、カンパチ、タイ、フグ、タラ、タラバ、ズワイガニ、車エビ、ホタテ、サケ、数の子、イクラ、冷凍エビ、甘エビなど数え切れない。おはぎや肉まんも美味いね。(大~好き)生の魚(生鮮水産品)調理加工した魚(加工水産品)この中には冷凍品や塩蔵品もある。

 近年の養殖魚も品質管理の向上で鮮度を落とすことなくご家庭の食卓で食べることができ特に「青魚」は成長期の子どもからお年よりまで食べられる年齢層は広い。お魚にはご存知のように生活習慣病の予防になる栄養素はたくさん含まれており勧んで食したい。健康でいるためには血管をいつまでも弾力ある若い血管を保つことであり、バランス取れた食事は非常に大切である。食事の偏りが将来「病」となってツケが廻ってくるかもしれない。肉も良質な蛋白源で必要であるが、殆どの食用肉は人の手で生産されており、お魚は海原を自由に泳ぎまわっていつ天然魚。養殖魚も近年天然魚に近い生産もあるようで、お魚には1年間を通じて「旬」がありそれぞれ季節の「旬」にあったものを食べれば1年中美味しいものが食べられる楽しみがあり、そして健康でいられるかも。牡蠣はミネラル要素が豊富で特に生きていくための「亜鉛」はダントツといわれている。(米にもある)子孫繁栄のためにも是非、牡蠣を食べたいですね。

   

    ㈱ヤマスイさんご指導です!(年末はこれを見て調理を)

 お魚の食べる楽しさ100倍だ! 

  

   

   

   

   

   

   

  お近くのヤマスイさんでお魚を買って是非「お魚」を裁いて食べてね!!

   市場関係者による情報提供

   

   

   

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加