吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

広島市立舟入高等学校 第48回定期演奏会                              

2014-04-29 14:30:52 | 吹奏楽・定期演奏会

 平成26年4月29日(火)本日のお天気は曇り後晴れで眠りを誘われる春の陽気でポカポカ気分。先日、広島市立舟入高等学校第48回定期演奏会の告知ご案内をしたご本人が重大なミス(思い違い)により観に行くことができず大泣き。本校吹奏楽部より封書で第48回定期演奏会のご案内をいただいたにも関わらず、29日と勘違いして本日行って見るが何もない。(27日に終わっていた事にようやく気づき大変残念)

   

 学校の校門付近では、「ツツジ」の色鮮やかなバリエーションで大変きれいである。佐伯区から舟入まで時間をかけ電車に乗り往復する。残るものは何もなく時間の無駄と精神的な疲れで散歩がてら行ったと諦めがつく。

   

           48

   

 もし、27日に行っていれば今ごろ、舟入高校吹奏楽部ファンにとって大変な記事になっていること間違いない。今さら、何を語っても「時はすでに遅し」である。涙!涙!最大の目的は「音」の収録する方向で計画を立ていたが、舟入高校吹奏楽部の独特な演奏が聴くことも残してあげることもできず申し訳ない気分。ごめんなさいね!当日の演奏会の様子をメンバー様でコメントしていただければ大変ありがたいです。

   

           広島市立舟入高等学校吹奏楽部

        第47回定期演奏会「舟入のそよ風」

   

   

   

   

   

   

   

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島井口高等学校吹奏楽部の顧問N先生を尋ねて                         礼儀正

2014-04-23 18:29:26 | 吹奏楽・定期演奏会

 平成26年4月23日(水)本日、管理人は会社定休日で広島井口高等学校吹奏楽部の顧問N先生を尋ねて行く。どうしてかというと、以前は広島県立五日市高等学校吹奏楽部で長年、吹奏楽部のご指導をされあれこれ6~7年お付き合いしたように思う。この間吹奏楽部メンバー(五日市中学校吹奏楽部卒業生)も沢山卒業して音楽活動している人もいる。そう言った思いを浮かべながら無事顧問N先生にご対面でき涙が流れるほど嬉しかった。

 学校に訪問すること2回目となる。1回目は、現在広島県立廿日市高等学校吹奏楽部でご指導されている顧問N先生(先月開催された定期演奏に行く)は大変美声(石川さゆりの天城超を熱唱された)の先生で評判。やはり定期演奏会の感動を超高音質AudioMasterCDとDVD-Videoをもって(五日市中学校吹奏楽部卒業生に)訪問したことがあり5年前のことである。そして本日、2回目となり広島県立五日市高等学校吹奏楽部で長年、吹奏楽部のご指導された顧問N先生に会いに行く。

 午後4時30分連絡をとって、顧問N先生のご都合を聞いてあっさりOKしてくださり胸の中ワクワク気分で訪問。広電井口電停少し手前の交差点を右折して200mばかり行くと学校に入るゲートがある。所定の駐車場に車を止め本館校舎1階で訪問と行き先の手続きをする。隣の校舎5階の一番東である。説明されてもよくわからん、すぐそばに女子生徒がいたので「吹奏楽部」に行きたいんですがと告げると笑顔の良い女子生徒が行き先案内していただいた。ありがたかったなぁ~!この女子生徒は吹奏楽のメンバーさんであった。長年、広島県立五日市高等学校吹奏楽部を応援していた者ですと告げ、今度から広島井口高等学校吹奏楽部も応援しますよ!と約束した。とはいえ全ては顧問N先生への感謝の気持ちです。

 顧問N先生にお会いしたときは何か大切なお話の最中で(メンバーに)大変ご迷惑をかけたような気持ちである。それでも、顧問N先生は笑顔で迎い入れてくださいました。「こんにちは、お元気ですか」お元気そうで、とこんな形でいつものように話がつきることはない。本当の目的は、単なる面会に行ったわけでもなく顧問N先生に広島県立五日市高等学校吹奏楽部の第36回定期演奏会の超高音質AudioMasterCD記録CDを手渡しするために訪問したのである。途中生徒さんに数十人お会いしたが全員礼儀正しく挨拶する。よく躾されて大変気落ちいい。(簡単で当たり前のことができない他校もある)

                          2014audiomastercd_2

  超高音質AudioMasterCD  について

   この超高音質AudioMasterCDは、音楽CDの頂点なのである。

   一言でいうと臨場感あってまるで空気を震わすような原音に匹敵する

   ほどの超高音質。実際の演奏者が聴くと大変驚かれるほど。

   演奏者側の「音」と客席の「音」とでは厳密にいえば少し違うんだな。

   楽器から出た「音」は空気の振動と共にホールの側面など反射して

   時間差で人の耳に入るね。そんな理屈わかっとるよ。と返答が戻りそう

   あるメーカーのフルデジタルレコーダーで収録してYAMAHAのテクノロジー

   で編集ライティング(電源、メディア個体差あり、インターフェース、

      ライティングソフト、 ライティング速度(低速1~4倍速)同一

   デジタルデータでも全く同じものは決してできないのである。

   レンタルCDなどと比較にならず。

   それが超高音質AudioMasterCDである。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第24回盛春桜花(せいしゅんおうか)さくらまつり                          

2014-04-20 18:07:34 | さくらパレード・まつり

20143  

 平成26年4月20日(日)広島市佐伯区で恒例の「さえき桜まつり」が盛大に行われている。今年で数えること第24回となる。朝から非常に天候がはっきりせせず、午前7時開催をつげる煙火が響きわたる。この合図はさくらパレードの開催の合図であったが小雨(ポツポツ)降ったりやんだりとはっきりとしない。出発の準備で五日市中央小学校の校庭では沢山の参加団体がいる。関係者や役員の紹介の後、五日市中学校吹奏楽部による華麗なオープニングセレモニーのファンファーレと共に幕開け宣言!しかし、天候がはっきりしないため楽器が雨にさらされては一大事だ。これで五日市中学校吹奏楽部の任務はすべて完了!大変寂しかったよ。

   

   

2014_2

   

   20144 本日、天候が良ければコースとして「五日市中央小学校」→ 「コイン通り」→「佐伯区民文化センター」まで沢山の声援と励まし、感謝の気持ち、応援を伝えるため沿道では人の身動きが取れないほど人沢山だったはずが「音」響きもなく単なる秋祭りみたいに練り歩く。五日市中学校吹奏楽部オープニングセレモニーのファンファーレのハイビジョン映像と少しばかりのデジカメ写真を撮って足早に帰宅。

   

   

   

   

  2014

     広島市消防局音楽隊、広島県警察音楽隊の演奏が区民文化センター大ホールで行うようでまた、再出発となり、本日の目的はさくらパレードではなくホール演奏を収録するために午前11過ぎホール到着。自転車で傘や三脚を持ってのドライブは大変きついがそれでも演奏は特別な思いと根性で絶対収録して帰ると決めた。

2014_2

   

   

2014_3    

   

   

2014

   

   

   

   

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

やすにし吹奏楽団 第2回 定期演奏会                           指揮者、メ

2014-04-19 22:35:05 | 吹奏楽・定期演奏会

 平成26年4月19日(土)広島市西区民文化センターホールで定刻の午後6時30分スタートとなる。しかし、本日の天候もはっきりしないようなどんよりした曇り空。出足は非常に穏やかな気配。(お客さんが少ないという意味)そんなことは、どうでもよいが、やすにし吹奏楽団や広島ブラスシンフォニーを何回か見て来て何となく他の楽団とは一風様変わりしたような認識をもって見ていた。過去においてはタイムオーバーだったり、(バンドフェスティバル)まぁ~退屈するといった感じは一切ない。本当に面白楽団の集団である。

           01

 しかし、第1回目の定期演奏会は時間の都合がつかずやむ得ず行くことができなかった。一旦楽器を手にするとその実力ぶりは他の楽団も追従できないぐらいのレベルはある。ひとり一人の個性が強く「音」にも表現にもよく出ていたように思う。今回大変驚いたことに常任指揮者の名前紹介があった。その方は以前大変お世話になった応援している広島市立五日市中学校吹奏楽部方の顧問である。8年間お世話になったその間全日本マーチングコンテスト全国大会3年連続出場を導かれた立派な指導者。改めまして「その節は誠にありがとうございます」感謝しております。現在は広島市立矢野中学校吹奏楽部のご指導されていらっしゃいますX X 譲先生。この方がやすにし吹奏楽団の常任指揮者を務められていることを本日知ることができた。司会者様が日頃の練習時間が少ないといっておられたが時間を多く費やしてもダラダラしたのではそれこそ時間の無駄である。練習時間は少なくてもやり方次第では上手になる。お手本となるCDを何回か聴いてそのイメージを覚えるのではなく保存に近い感じで聴いたままを素直に頭に入れることが非常に大切である。

 本日は、このような経緯でやすにし吹奏楽団の常任指揮者様にお会いできて大変うれしく思います。お客様に熱意をもって演奏される姿が素直に観る側に伝わり大変良い「音」を奏でていると認識する。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第48回定期演奏会 広島市立舟入高等学校吹奏楽部

2014-04-13 16:22:28 | インポート

読者の皆様いつもご訪問ありがとうございます。

待ちに待った

舟入高等学校吹奏楽部

第48回定期演奏会いよいよカウントダウン

昨年のテーマは「出会い」だった。

広島市立舟入高等学校吹奏楽部第48回定期演奏会は開催される予定です。

4月10日付けの舟入高等学校吹奏楽部OBの掲示板にご案内がありました。

       第48回舟入高校吹奏楽部定期演奏会

      平成26年4月27日(日)
      開場  13時
      開演  13時30分
      舟入高校 アカシアホール

   となっております。

                   舟入高校吹奏楽部OB掲示板より著作引用

 4月19日(土)自宅に戻ると広島市立舟入高等学校吹奏楽部より第48回定期演奏会開催のご案内が封書で送付されている。何と本年度のタイトルテーマは「歩」意味はさっぱりわかりませんが吹奏楽部の歩んでこられた歴史的な展開でもあるのでしょうか。すべては、当日ホールに行けば全容はわかるであろう。非常に楽しみだ!。

        48

   

   

              舟入のそよ風 

   

   

   

   

               交響詩「ローマの松」より 

           第4楽章「アッピア街道の松」

   

   

  長年にわたって舟入高校OB・OG吹奏楽団の指揮者を

    務められたOB井尻さんの追悼演奏。

  舞台いっぱいに並んでの現役メンバー、OB,OGが一挙に 素晴らしい

  感動的な演奏します。 感動のあまり涙が流れそう。

  ホール2階両側から全体に響きわたるトランペットの 音色に思わず

  大興奮し胸がドキドキします。 いつもありがとうございます。

   

   

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加