吹奏楽の魅力

吹奏楽大好き!「AudioVideoMaster」 趣味のビデオと記録。

シニアウインドアンサンブルという吹奏楽団からコンサートご案内届く!あぁ~久しぶりだ!!

2017-11-09 20:19:30 | 吹奏楽全般

  平成29年11月9日(木)

 勤務先から戻るとポストに半分でた状態で1通の封書が「取ってくれよ!」と

言わんばかりに除いている。差出人は、「シニアウインドアンサンブル」という

吹奏楽団体何回か廿日市文化ホール「さくらぴあ」には、足を運んでいる。

今回行けば、裕に3~4年越しになると思うのである。前回行った時には

「追悼コンサート」で偲んだ記憶があります。「シニアウインドアンサンブル」という

印象は、年齢層の幅広い団体であるようであるが、かなりの年配方もおられ

その道の達人が多いと記憶している。

 

         

 

 

         コンサート2017開催ご案内の中には、 

     演奏曲目としてA.リード「バッサカリア」や

     一足はやい「クリスマスソングメドレー」他

   ご用意してたくさんの方々を待っておられます。

 

 

  日  時 2017年12月10日(日)

     時 間 開場 13:00  開演 13:30分

  場  所 廿日市文化ホール「さくらぴあ」大ホール

  入場料 無料

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島修道大学吹奏楽団 第33回定期演奏会開催ご案内 先日、招待状くるが都合がどうしてもつかずごめんね!

2017-11-08 19:56:29 | 吹奏楽全般

  平成29年11月8日(水)

 朝晩、非常に寒くなり、インフルエンザの流行の兆しを見せはじめ職場では

対策用に「うがい励行」、「手洗い消毒」食品を取り扱う当社は早めの配慮を

準備し全社員が実施する。

 

 ところで、4~5日前になるが帰宅してポストには、1年ぶりの演奏会ご案内の

封書が1通きている。よく差出人を見れば、「広島修道大学吹奏楽団」からで

毎年、安佐南区民文化センター大ホールで行われる。

 

        

 

 回数を数えるともう33回目の演奏会になるんだね。私も年齢を自覚する?

ここも実に10回以上は足を運んでいる。、「広島修道大学吹奏楽団」を創部

された卒業生のO様(吹奏楽団OB会長)とも長いお付き合い。

特別にご配慮してくださるこのOB会長様にはいつも感謝は絶えない。

 2017年11月26日(日)第33回定期演奏会の日であるが折角楽しみにして

いる演奏会ご招待されたにも関わらず都合がつかず行くことができない!

 

         行くことができず悔しい!

   思いが吹き出る!残念無念!

     

     昨年の「ロミオ」と「ジュリエット」組曲

       

 

       

 同じ日に何とアートフェスタ佐伯区2017が11月3日にオープンして丸1か月間

「街が芸術色に染まる」として区内全域公民館や集会所展示、演奏会、歌謡など

大掛かりな行事が行なわれ、その中で最も人気のある佐伯区神楽連合会主催の

 

    第26回神楽祭が午前9時30分から演目終了まで

    恐らく午後7時まで大ホールでは「舞い」は続く

  

   このとてつも長い第26回神楽祭の収録をすることが任され厳しい

  時間の戦いが虐げられ逃げることはできない。そりゃ吹奏楽を聴きながらうっとり

 としながら好きな話でもすれば元気はでるが、過去に好きで3~4回収録している。

 生まれ故郷の神楽団も出場し、特別出演の「大塚神楽団」をゲストに迎える。

 

              行くことができず悔しい!

    思いが吹き出る!残念無念!

  マスターレコーディングだけでもして

 素晴しい演奏を残せてあげたいが(号泣) 

   SNSで集客のお手伝いと宣伝しか

    できないが1人でも多くの方に

 広島修道大学吹奏楽団の素晴しい演奏を

 当日このホール(安佐南区民センター)で

    行ないますので聴いてください。

 

  招待状で内緒ですが第2部は面白いタイトルがあり

   「修大ホテル」と掲げられ面白そう!内緒よ!

 

  

 

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

広島大学マンドリンクラブ創部55周年記念演奏会 広島市東区民文化センター

2017-08-18 22:04:18 | 吹奏楽全般

 平成29年8月18日(金)

 音楽で広島大学といえば、「中・高等学校管弦楽班」というのがあり

昨年国際会議場フェニックスホールに出向く。山陽女学園中等部・

高等部管弦楽部はよく知っている。両者との広島県を代表するほどに

演奏レベルは非常に高い。

 そして、今回もう一つ大変気になる「マンドリン」という弦楽器。

弦楽器でもヴァイオリン、チェロ、ビオラ、二胡、ギターは聴いたことは

あるが「マンドリン」は実際の音色を聴いたことが一度もない。

テレビではあるが、生演奏とはほど遠い。

 

 マンドリンは、イチジクを半分に切ったような形の小振りな胴体で音の

高低により低いものほど大きくなり用途によっては種類も多い。

 

開催日 2017年8月27日(日)

場   所 東区民文化センター 大ホール

時   間 開場13:30 開演14:00

 

 

 入場料無料 全席自由席
 
 内容《演奏予定曲》
   マンドリンの群れ、帰郷、夜曲、波、古戦場の秋
   星に願いを、サウンドオブミュージックメドレー、他

 

 

 

 

  演奏をしてくださるのは「広島大学マンドリンクラブ」の皆様。

一度も聴いたことのないマンドリン演奏。胸がドキドキさせられ興奮する。

 

 8月27日は、「広島大学マンドリンクラブ」演奏会

          広島市東区民文化センターで行われる。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第58回広島県吹奏楽コンクール全日程終了!一夜明けて夏の熱きバトルがついに幕を閉じる。

2017-08-14 20:42:46 | 吹奏楽全般

  平成29年8月14日(月)

 本年度(平成29年度)

第58回広島県吹奏楽コンクールの全日程終了!

   夏の熱きバトルがついに幕を閉じる。

 

 8月2日(水)から13日(日)まで9日間各部門で激闘が行われ

部門ごとに厳正な審査の元?成績発表があり結果はどうあれ

平成29年度58回広島県吹奏楽コンクールが無事終了!

 

  応援している学校の成績は次の通りである。(吹奏楽連盟発表)

      金賞受賞の団体様

     おめでとうございます。

広島県立五日市高等学校(高校小編成部門)      金賞

 

広島県立廿日市高等学校(高校A部門)          金賞 

広島市立舟入高等学校(高校A部門)             銀賞

広島市立美鈴が丘高等学校(高校A部門)        銀賞

広島市立安佐北中学校・高等学校(高校A部門)    銀賞

 

広島市立五日市中学校(中学校A部門)          金賞

広島市立古田中学校(中学校A部門)            銀賞

 

参考まで

広島県立安古市高等学校(高校A部門)         金賞

広島県広島井口高等学校(高校A部門)         銀賞

広島県立国泰寺高等学校(高校A部門)         銀賞

広島市立基町高等学校(高校A部門)           金賞

広島市立沼田高等学校(高校A部門)           銀

職場一般は、銀、銅が目立つ。(どうでもよいけれど)

大学部門は、2校の出場で2校とも金賞で代表に選ばれている。

 

どの出場団体も、全力で頑張った結果なんであろう?

顧問の先生の定年退職や新任、転任がある学校の指導力が

影響しているとも受け取れる。(学校によっては)

 

                入力ミスがあれば(ないと思うけれど)

 

 

 

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第58回広島県吹奏楽コンクール 高等学校のA部門が終わるがやはり?疑問

2017-08-10 19:30:19 | 吹奏楽全般

平成29年8月10日(木)

 本年度(平成29年度)の第58回広島県吹奏楽コンクールの

高等学校のA部門が終わる。

台風5号の影響もなく無事コンクールが終了して良かった。

夏休みも返上してのこのコンクールだけのために猛練習して

こられたみなさんご苦労様です。

悔いのない演奏はできたのでしょうか?

審査評価以上に充実していたなら、できることは全部出し切った

ということがあれば悔いは残らない。一生懸命演奏したが悔いが

残るようであれば日頃の練習方法を見直しした方が懸命!

 

              しかし、

 

 個人的に思えば毎年のこと、中国大会への選出される学校は

何故か決まっているように思えて仕方ない。3年連続出場している

学校は、成績に関係なく1回ぐらい休んでもらいたいね。

いくら頑張っても頑張りようがないようでは励みも希望もない。

他の金賞団体に「チャンス」をあげたいですね。

 

 コンクールは「そんなに甘くはないよ」と言って

     しまえば何もいえないが

 実力がないと評価されても割り切れないことも

       度々感じることもある。

 

 実際、審査運用面の規定はわかりませんが何年も前からそのように

感じている。特に中学校や高等学校A部門の出場校は多く恐らく

希望を持ってコンクールの演奏に望んでいると思う。

 

悔いが残らず充実した演奏ができて満足

   できることの方が本当は大切!

なかなか点数に置き換えられないところも

あるようでならない。

 

   来年に向けて再チャレンジだ!!

  もう日頃のバトルははじまっている。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加