雨曇子日記

ご近所散歩日記です。だけのつもりでしたが、だんだんカテゴリーが増えました。

梅雨の晴れ間

2011-06-29 22:06:56 | 手賀沼  夏

  手賀沼南岸、千葉県立公園の遊歩道は、梅雨の晴れ間で気温が上がった。岸辺には、葦が勢いよく伸びている。


       

       

       


             コブハクチョウは、お昼寝タイムか?




             人も?

       



             合歓は花盛り。

     
       


    

    


      眠気を誘いそうな合歓の花の下。

    


      一人ぼっちのネジバナだけど、刈らずに残してくれてありがとう。

    

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ヤフードームの街

2011-06-27 20:25:53 | 大歩危トラベル

 福岡空港からの地下鉄を唐人町駅で降り、川沿いの道をヤフードームへ向かう。









       着いたぞ


    

    


         隣接のヒルトンホテルにチェックイン


    

    

    

    

       
        ドームをめぐる


    

    

    

    

    

    


    日本ハム陽選手は台湾から福岡の高校に進み、日本のプロ野球選手を目指した。
    目標は、王選手だったかもしれない。


    6月24日の日本ハムソフトバンク戦では、はつらつとプレーし、チームの勝利に貢献した。

    

    


    「漢委那国王印」出土の志賀島を湾内に持ち、史跡元寇防塁線のある街は、今や立派なリゾート地。


    

    


    

    

    

    


    交流戦で驚異的な快進撃を続けたソフトバンクだったが、6月24日からの日本ハム戦に1勝2敗と苦杯をなめた。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松戸散歩

2011-06-15 22:41:47 | 関東の小都市歩き

    松戸駅東口を出て突き当たりのセブンイレブンのビルに入り、5階で外に出ると聖徳大学に出ます。


    

    

    

    大学の前の緑濃い公園の前身は、工兵学校で、歩哨の建物が残っている。

    

   
    水戸徳川藩最後の藩主徳川昭武が住んだ戸定邸(松戸市戸定が丘歴史公園)に来た。

    

    

    明治17年築のこの邸宅を参観。

    

    

          

    

    

   
    庭を眺める。

    

     

    

              


    ボランティアガイドの岩田さんから丁寧な説明を受けた。(ありがとうございました)

    邸宅を出て、夏椿とアジサイの美しい庭園を散策。

    

    

    

    松戸神社経由で、お蕎麦屋さんへ。

    

    

    

    

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

リゾートビユー ふるさと号

2011-06-14 10:42:00 | 大歩危トラベル

    JR東日本の観光列車「ふるさと号」は、篠ノ井線、大糸線の長野駅ー南小谷間を一日1往復する。

    
         
      

      

      


       最初の停車駅は「姨捨駅」日本三大車窓風景の一つだそうだ。

      

      


       大糸線穂高駅では、30分近く停車。希望者は巫女さんが、穂高神社に案内する。

      

      

      

      

       仁科三湖と呼ばれる、木崎湖、中網湖、青木湖畔、ここでは速度を落として走ってくれる。

      

      

      

              私は白馬駅で下車。

      

   

      

      

      


      
            

       日本の「ふるさと」を見直した、のどかな列車の旅だった。      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

本土寺から新松戸

2011-06-10 10:12:56 | 関東の小都市歩き

 千葉県松戸市平賀63にある日蓮宗の寺、本土寺ができたのは、延慶二年(1309)頃という。松戸市、柏市などの歴史を語るには「本土寺過去帳」が欠かせない。

 6月 9日 常磐線「北小金」駅北口に出る。一本道が参道に続く。

     
      

      

      


      あじさいは、まだ。今は「菖蒲寺」だ。

     


      

      

      

      


     


      新松戸に移動する。


    

    


    


  


  「新松戸郷土資料館」を見学し、副都心新松戸は、50年前は一大水田地帯だったことが実感できた。
  (昭和45年、区画整理始まる)。
  
  
    散策の終点は、けやき通りをまっすぐ進み、坂川を超えて左折のお蕎麦屋さん。

   

   

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラ・ビュット・ボワゼ

2011-06-02 22:07:35 | 

      フランス料理店へ行きたいなと思っていたところ、友達が、有名な賞を受け、
      お祝いの口実ができたので、8人で食事をすることにした。

      場所は、自由が丘。

      

      

      


      自由が丘駅は、急行も止まり駅前は賑わっています。

      目指すレストランは、東急大井町線の踏切を渡って、八幡小信号を右に曲がり、坂道を上った右側。
      外見は、民家と変わらない。


      

      

      


      2階の一室に案内され、楽しくランチのひとときが、過ごせました。

      

      

      

      

      

      

      料理について、私は、感嘆するばかりです。なにを食べたか聞かれても答えられません。
      美しく、おいしく、残さず頂きましたよ。

      

      玄関に立って見送って下さったオーナーシェフの森重正浩さんの隣は、
      我らが高校時代のマドンナにして今日の主賓。      

      

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加