福地脩悦・全国・人の旅 社長日誌

家づくりと言う事業を通じ、多くの人々の人間模様を綴ります。

衆議院解散で総選挙に…北斗市

2017-10-01 16:34:41 | Weblog

衆議院が解散していよいよ総選挙が始まります。
選挙となれば相手の弱みを突くことが定番になります。
毎度の事ながら与野党の罵り合いに明け暮れることは、大人の行動とは云い難いと思われてなりません。
今回の選挙からは、18歳の高校生も投票する事になりますがしっかりと政策論争をすべきなのです。

それでも国会議員の先生は、「選挙に負ければただの人」になります。
死に物狂いで勝ちに行くものこれまた成り行きなのでしょう。
政権選択選挙と云いながら、野党共闘の在り方で混乱が続いています。
18歳になって初めて選挙で投票に行く若人には、とても分かり難い選挙となりそうです。

衆議院選挙は冠婚葬祭選挙と揶揄する人もおります。
冠婚葬祭で義理を果たさなければ、薄情でダメな議員と云いだす有権者も実際に存在します。
地域や国のための行動を、正しく知らせる方法を政策的に行う工夫が必要だと思われます。
私達有権者は、候補者が冠婚葬祭やイベントに顔出した数ではなく、政策持論を問ってゆくべきです。

一極集中での地域創生、子育て問題、高齢化社会、北朝鮮などからの国家安全保障、教育問題などは、まさに政治的に最も大きな課題となっています。
このような政策を実践する際には、憲法問題もまた課題になります。
私達有権者は、議席を得てからやり抜く政策を見抜く、賢い選択を求められています。

ライバルの批判より実践行動を!!
これは私達家づくりを生業にするモノにも通じます。

blogram投票ボタン

毎日必ず更新・社長携帯の一言ブログ

ファース本部オフシャルサイト毎日更新

健康住宅ファースの家-注文住宅情報サイト



コメント
この記事をはてなブックマークに追加