人生の裏側

人生は思われた通りでは無い。
人生の裏側の扉が開かれた時、貴方の知らない自分、世界が見えてくる・・・

神と共なる覚醒

2016-10-01 00:01:41 | 覚醒
私は超アナログ人間でしたので、ネットと関わるようになったのは、つい3年ほど前という次第なのでした。
ですからスピ界の動向というのも、それ以前のことはよく知らなかったのです。
最近一昔前のネットを探っていたら、覚醒体験に関する記事で溢れかえっていますねえ…
で、読むだけで偏頭痛みたいなのが起こるってえのは、一体どういうものなのでしょうか?
今の私はああいう渦の中には正直居たくないですね~。
もう、”エゴというものは…真我というものは…本当の悟り、今だしの一瞥…こうこうなんです!”…って、もう、分かりましたよ!、皆覚者さんですよ!…私は?…”居ません!”と、言いたいです…。
覚醒体験ばかりが独り歩きしている、という事は、ブログを書き始めていた時から感じていたことですが、ぶっ飛び体験そのものを求めるんでしたら、合法ドラッグでもやればいいんじゃないですか?…脳内物質増強剤なんてものが有れば…
漏れ聞いている話では、覚醒体験者の中には、鬱病や意識障害になってしまう、という事態も起きているようです。
自己がいきなりワンネス…こりゃあ、何もかもぶっ飛んでいる…何かとても重要なものも飛んでいるゾ…
私は何度も、そういう事は神的なもの(守護の神霊、ハイヤーセルフ、真我、キリスト意識…名称は何であ)の導き、その臨在の中で起こる、神と共にあることの内に有るもの、ということを強調してきました。
過去のことを回想風に書いているのも、神的なものへの探究心から自然に芽生えた、あの気付き、あの精神の高揚…それは今、現在のそれ、神と共にあることとつながっており、覚醒という事態もその事と離れてはいない、という事…いや我々が気づいていようと、いまいと全人生というものが、その基盤有ってのもの…という事を模索してのものなのです。
とはいえ、やはりその体験はあまりにも鮮烈でしたので、私も実は体験そのものに捉われてしまったのでした。
それが数日後、元の木阿弥になり、日常意識に戻った時、”あの体験は高熱に浮かされた幻覚かも知れない…”という疑念がもたげてきたのです。
これにはいくつかの思いが交錯していたのですが…
ただ、どうしても私には、よしんばその体験が幻覚だったとしても、どうしても、どうしても…疑いきれない、拭い去れないものが残ったのです…。
”それは何が、あの眩い目覚めをもたらしたのか…”という事だったのです。
何よりも、”私はここに居る…忘れないでほしい…”と魂に直に訴えかけるような現臨の声なきメッセージ…
そして私は意識的に封印することにしました。その主な動機は、私のすぐノボセたがる自意識に押しつぶされそうになったからだと思います。
といっても、どうしても完全にはフタ締めなど出来ません。上記の理由で…
上記の思いは私の意識の奥でずっと生き続けていました。そしていつかあの事を外に向けて表し、伝えたい、という気持ちも強く持ち続けていました。というより、それは内なる促しのようなものでした。
ただ、私のすぐテング性に転じてしまう自意識と、それを抑えようとしている自意識との葛藤があって、中々手が付かなかったのです。
しか―し…今やもう吹っ切れました。テングでも鬼でもござれ…
私は体験してどうなった、こうなった、という事を伝えたいんじゃない、神的なものは生きて、ハタラいている…このものと共にあることによって魂の平安も目覚めも世界平和もある、という事を伝えざるを得ないのです。
覚醒体験に憧れを持つ気持ちも分かるのですが、私はずっと書いているように、幾多の先人たちとの機縁を通して、神的なものと親しむことで喜びを感じ出したのですが、この事と切り離されてはいないのです。
神への祈りは、著しい体験に付き物の心身に及ぶ危険に対する最大の防御にもなるし、その愛の導きに育まれることで、然るべき契機に魂の目覚めも訪れるでしょう…。








ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 壁の向こう側 | トップ | フォロー・ミー »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Ladyk)
2016-10-01 10:51:32
神はいない、私達は元々恨みと心配から作られたという(少しニュアンスが違うかもですが)、天才少女の記事を読みました。
私達は神の分け御魂であり、光であり愛であるという事を信じて来て、しかしどうしてもそうなれない自分にとって、なぜかホッとしました。
自分は、程度の差こそあれ、大概の人を憎んでると気づき驚きました。だけど、神がいないとなると、虚無は深くなるばかり。すみません、個人的な事を。

なるばかりです。
Unknown (シタテルヒコ)
2016-10-01 21:58:10
LadyKさん、いつも啓発的なコメント有難うございます。
神の存在について、無理に信じる必要は無いと思います。
信じる事と不信は相対的なものですからね。
でも、心地よいとか幸福でいられるのは、そう感じちゃうのだから信じる必要が無いです。
少しでもそんな時空が感じられるといいですね…

コメントを投稿

覚醒」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。