中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

東京に行っていました

2017-06-26 23:54:23 | 活動
昨日の世界連邦加古川支部の総会のあと、午後一番で新幹線に乗って東京へ。
政務活動ではないですけど。

いろいろと動き回りましたが、なんとまあ、海外からの観光客の多いこと!

今日は浅草にも行ったのですが、雷門(正式名は風雷神門)前も観光客ばかり。
英語、中国語、何語かわからないものまで、多言語が飛び交っています。
ただ、タクシーの運転手さんが言うには「今日は月曜日だから少ないね」とのこと。

普段を知らない私からすると、十分多かったですけど。。

私が東京にいた時(約10年前)は、ここまで外国人観光客はいなかったと思います。
政策の他、円安の影響もあるのでしょうね。

年二回は学生と東京には行っていますが、国会など官庁街が多いのもあり、また私だけ日帰りしたりで
最近は観光地に行っていませんでした。
浅草などはサラリーマン時代の営業でも行ったりしていたので、避けていた面もありますしね。

加古川では感じにくい「インバウンド」をあらためて肌で感じることができました。

あえて昔行ったところに行き、違いを感じるのも良いですね。
その意味で、観光地を見るのも必要ですね。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

世界連邦加古川支部総会

2017-06-25 23:46:25 | 活動
初当選の後から、ずっとお邪魔している世界連邦加古川支部。
その総会です。



世界連邦運動は、戦後に起こったもので、最終的には単一世界国家(ワン・ワールド)を建設することによって
世界平和を成し遂げようとするものです。
当時の賛同者として、湯川博士やアインシュタイン、政治家ではチャーチルなどが挙げられます。

国会にも議連がありますね。

世界平和は政治の最終目標だと思っていますが、草の根活動あってこそ。
保護主義的な流れが見える中では、特に大切なことだと思います。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

6月議会終了です。

2017-06-23 21:43:33 | 活動
今日で6月議会も終了です。
今回の議会も、一般質問も含めて反省はいろいろですが。

なお、3月の議会から継続となっていた重度重複障がい児の対応についての請願について、
取り下げの申し入れがありました。

ですが、何もやらないということではなく、今後対話を重ねながら、より良い方向性を
ともに考えていくことになっています。

請願では西市民病院跡地の事業者をピンポイントで書かれていましたが、この問題は
加古川市だけでは難しい部分もあり、近隣市や、そもそも県の問題もあるため、各所と
いろいろな形で連携をしないといけません。

また、議案では見守りカメラの具体的な契約も出てきました。

機器の契約であり、ルールについては今後さらに詰めていかねばなりませんが、犯罪の抑止と
そこから生まれる安全なまちづくりに期待をしたいですね。

期間としては3月より短い6月議会ですが、濃いものでした。

これから9月議会までは、研究に費やしたいと思います。
報告書もまた作りますので、よろしくお願いします!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

28連勝ブームに乗って

2017-06-21 23:08:24 | 活動
藤井聡太四段が28連勝を達成されました。
すごいニュースになっていますね。

30年ぶりの快挙になりますが、次は記録更新がかかるということで、まだお祭り騒ぎは続きそうです。

そういえば先日も、将棋ブームということで「棋士のまち」を掲げる加古川に取材があり、テレビで放送
されていました。
岡田市長も登場していましたね。

棋士の方もおっしゃっていましたが、「昼ご飯まで注目される棋士は初めて(笑)」という藤井四段。

竜王戦も決勝トーナメントに残っていますが、勝ち残ると加古川青流戦と日程が重なるようで。。
何とか調整して欲しいですが、そんなの出来るものでしょうか。。

何せ、これからも注目度はあがっていきそうですね。


しかし、竜王戦の決勝トーナメント11人のうち、2人(久保九段・稲葉八段)が加古川の棋士
というのも凄いことです。

こうしたブームに乗って、まちに将棋が浸透して欲しいものです。
ちなみに、将棋が子どもに与える効果も研究が進められるようです。
お子さんと将棋を指されてみては如何ですか?
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日は建設経済

2017-06-19 22:20:03 | 活動
週末は知事選とかやっているうちに過ぎてしまいました。。

そんな週明けは建設経済常任委員会。
ふるさと納税の報告がされました。

寄付額としては昨年の5500万円から9000万円を超えるようになってます。
しかし、ふるさと納税は加古川市に住む方が他市に寄付された場合、税が控除される側面もあります。
その控除額は1億8000万円。
交付税措置される部分もあるのですが、それでも赤字になるくらいのようですね。

まあでも、寄付がなければ出ていくばかりですし。。

返礼品は牛肉が多いようですが、加古川牛・志方牛をはじめとした加古川の特産品のPRも踏まえれば
コストとしては許容できるものかと思います。


そんなふるさと納税ですが、返礼品が過熱している面もあって、総務省から要請が出ています。

①高額な返礼は避け、寄付額の3割程度に抑えること
②金券や家電など換金可能なものは避けること

横浜市などはかなり赤字のようですね。

確かに、すこし本来のものと外れてきた感もあります。

加古川も、この要請に基づいた返礼の形にするとのことでした。


全国的にも、少し形が変わってくるかもしれませんね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加