中村亮太の活動日記

加古川市のために走り回る中村亮太のブログです

レガッタ(二日目)

2016-07-31 23:46:44 | 活動
市民レガッタ二日目。
今日も快晴、レガッタ日和でしたね。

今日は議会チームが出艇しました。

エンジョイ上級の部門(昨日はエンジョイ初級)でしたが、予選敗退。。
まあ、練習不足でしたし仕方ないですね。

私も腰を痛めつつですが、何とか漕ぎ切りました。

しばらくは安静にしないと。。


東京も小池さんに決まりましたね。
もう八月になります。
新たに頑張らねば!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

レガッタ!(一日目)

2016-07-30 21:05:20 | 活動
この土日は市民レガッタ。
天候にも恵まれ?(暑すぎ)、良い環境の中でとりおこなわれています。
日焼けはヒドイですけどね。。

一日目の今日は、所属する加古川JCチームで参加!
もともと、レガッタや漕艇センターは加古川JCの先輩方が創ってきた事業でもあります。



さて、練習はあまり出来ていませんが、出艇。
ちなみに一番右(レガッタで言う1番)が私です。

デッドヒートをしつつ、そのレースで一位に!
表彰状と景品もいただきました。

そして、同時に腰に軽い故障も頂きました。。
レース前から、ピリっときて怪しい感じがあったんですよね。

とはいえ、明日は議会チームで出艇予定。

盛り上げるためにも、今日は腰をしっかり冷やして回復させたいと思います。

ダメだったらスイマセン。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

一億総老後崩壊

2016-07-29 21:33:54 | 活動
今日は福祉会館へ。
「下流老人」の著者である、NPO法人ほっとプラス代表理事の藤田孝典氏の講演を聞いてきました。

貧困状態は誰もがなり得るものであり、憲法に謳われる生存権を脅かすもの。
日本においては、国民の貧困率が16.1%、高齢者では22.0%にのぼります。

参議院選挙前、低所得の高齢者に3万円が配られましたが、その対象者は1130万人。
それは高齢者の1/3にあたることから、相当の数の下流老人がいると推測されます。

下流老人の特徴として、①収入が少ない ②十分な貯蓄が無い ③頼れる人がいない
以上の点が挙げられます。

①②だけではいわゆる貧乏であり、それはこれまで周りが助けることで済んできたのですが、現在は
社会的孤立のなか、助けを求めることが出来ずに貧困になるとのことです。

世界的にも充実した社会保障制度がある日本ですが、そこに至らない高齢者が多いというわけですね。
そのためにも、金銭的な準備はもとより、地域社会へ積極的に参加することが大切です。

そこまでお金がなくても、福祉制度を上手く使いながら、人間関係が豊かで生活を楽しむことが、幸せな下流老人の
過ごし方だそうです。

その意味では、ボランティアポイント制度も含めて、行政としての仕組み作りは必要です。

とはいえ、今の高齢者は何とかなっても、次の世代、若者の老後はもっと危ない。
非正規が増え貯蓄できない、未婚率も急激に上がっており、社会保障は今の水準を保てる保証がありません。

下流老人は社会が生むものであり、今後貧しくなる日本を見据え、社会システムの転換が必要だとのことでした。


生活保護を含めた社会保障制度は、生存権を守る上でも必要なことではあるのですが、現実として一般会計の4割が民生費に
かかっていることがあります。

その昔、「健康で文化的な最低限度の生活」を絶対的数値として規定し、それ以下であれば扶助の対象とする方向性もあったのですが、
当時の大蔵省から財政的に難しいとされ、相対的なものとなった経緯もあります。

結局のところ、入りを増やすか、どこかを削るか。

最終的に、高負担高福祉社会を目指すのか、それともベーシックインカムなどで他は自助努力に任せる社会にするのか。

予測される社会に対してどう立ち向かうかということに尽きるのだと思います。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

議会運営委員長になりました。

2016-07-28 21:08:21 | 活動
臨時議会が終了。
正副議長及び、常任委員会の所属と正副委員長が決定しました。

私は議会運営委員長に就任することになりました。
かなりの大役ですが、議会改革もやっていかねばなりませんし、頑張っていきたいと思います。
このような役をさせてもらえることに感謝ですね。

なお、常任委員会は福祉環境常任委員会です。
こちらは、1期目の最初に所属して以来ですね。

今期も折り返し地点を過ぎました。
半期の反省をしつつ、残りの任期を全うすべく邁進します!

さて、報告書を作らねば。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

今日から臨時議会です

2016-07-27 22:02:44 | 活動
今日から臨時会でした。
加古川市議会は改選期が7月ということで、臨時議会もこの時期です。

契約案件が1件上程されました。
総合福祉会館の大規模改修に関する請負工事契約でした。

それからは議会内での打ち合わせに移行。
役の決定は明日以降になります。

夕方に議会が終わった後は、地元の人権学習会。

毎年この時期に、計3回行われます。
今年の1回目ですね。

講師は加古川東高校の先生で、テーマも高校生の人権教育の現場について。



思えば、小学校や中学校の先生は来られているし、高齢者のテーマもありましたが、意外に高校生は無かった
ところでした。

とはいえ、小⇒中⇒高と徐々にレベルアップしているところが感じられました。

そのお話の中で、江戸時代ではいわゆる警察のようなことは被差別の方々がする仕事となっていたそうです。
しかし、明治維新になり、士族の仕事も無いことから政府が警察を斡旋したこともあり、警察のイメージが変わってきました。
今では、子どもたちのなりたい職業に入りますよね。

そういった形で、粘り強くやっていけば変わっていく、差別は無くなっていくとの話が印象に残りました。

明治維新あたりは好きで調べたりもするんですが、知らなかったですね~。


さて、明日も議会。頑張ります!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加