花の栽培手帳

長年植物との出会いの中で得た栽培のポイントや、話題を書いています。

~クチナシの話題 2~

2017-06-16 08:14:10 | Weblog
~クチナシの話題 2~


我が家の裏庭に大輪のクチナシが生えていました。
この種類は咲き始めが遅く、葉も一回り大きく直径12cmの真っ白な大輪の花が開きます。
花の数は少ないですが、アサガオのように巻き上がった大きな蕾が開くと「ポン」と音がするように感じました。
大型種のクチナシは葉や花びらがとても大きく、一重咲きの真っ白な花から甘い香りが匂ってきます。

一重咲きクチナシの系統は花が咲き終わると小さな実がなってきます。
秋になると実は赤味を帯びてきますが、必ず実がつくとは限りません。

実を観賞するために、種苗会社から一重咲きの小型種を10株購入しました。
6月になると真っ白な花を沢山咲かせますが、30年経ってもまだ一粒も実が成ったことはありません。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ~クチナシの話題 1~ | トップ | ~クチナシの話題 3~ »
最近の画像もっと見る

あわせて読む